勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

気絶してる一人と悪の3人

 金目の物を目当てにタミングを見計らって人狼の住処を襲撃した謎の3人組は
 ゴウルを殺しソラを気絶させ家の中を散々荒らしたが金目の物が出て来なく、
 諦めて自分達のアジトに戻っていた。

「あんまり金目の物無かったですねぇ」

「私も人狼って言うから期待してたんだけどなぁ」

「まぁ、そう言うな。
 今回は子供が手に入っただけで十分だ。」

 3人組はボロボロな小屋の中にある今にも崩れそうな椅子に腰を掛け、
 会話をしていた。

「でも、この子供見た所只の人間ですよねぇ
 人間の子供なんて売れるんすかねぇ……
 そこの所どうなんすか、フェイ?」

 フードを被った一人が気絶しているソラの顔を見て
 肩をすくめながら二人に問いかける。

「え、デン知らないの?
 人狼の子供より人間の子供の方が高く売れるんだよぉ?
 詳しい事はバインが説明してくれるよ。ねっ!バイン。」

 フェイと呼ばれた女は呆れた様な口調でそう言い、
 もう一人のフードを被った男、
 バインに説明を求めた。

「……仕方ないな」

 バインと呼ばれる男は少しの間沈黙し、
 肩をすくめ短いため息をつき説明を始めた。

「人狼はな子供の時から既に身体能力が馬鹿みたいに高い。
 それに比べて人間の子供は無力だ。
 だから――」

「あー!なるほど、
 人間の子供は扱い易いって事っすね!」

 バインの説明を遮りデンと呼ばれる男が
 腰を掛けていた椅子から跳ねる様に飛び上がり、
 目の前にあるテーブルの上に着地し、
 自信満々にそう言い放った。

「まぁ、間違ってはいないな。
 人狼は躾けるのが色々と面倒だが、
 人間は無力故に躾け易いんだ。」

「ほへー、手間と金がかかる人狼より人間の方が楽だから
 高く売れるっと事っすか。」

「ああ。でもな、高く売れると言っても大して差は無いがな。」

「ほへー」

「説明は済んだ様だし、その子が起きる前にさっさと売りに行っちゃおう。
 起きると色々と面倒臭いし。」

「そうだな。デン、何時までもふざけた所に乗ってないで準備しろ。」

「へーいって、今更だけど、
 何で人狼の住処に人間の子供なんかいたんすかね。」

「知らん。早く準備しろ。」

「へーい。」

 デンはテーブルの上から飛び降り、気絶したソラに近付き
 近くに置いてある鼠色の袋の中にソラの事を詰め込んだ。
 そして、その袋を「よいしょっ!」と持ち上げた。

「準備できたっすよ~」

「それじゃあ行くか。
 奴隷市場に――」

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く