勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

エピローグ

「お疲れさま。」

 一瞬そんな声が何処からか聞こえた気がした。
 本当に誰かがそう言ったのかもしれない。
 はたまた、幻聴だったのかもしれない。
 俺には分からない。

 今、自分自身がどうなっているかすら分からない。

――死んだ。

 俺は死んだ。
 これだけは分かる。

 じゃあ、死んだのに何故俺は存在している?
 分からない。

 体が妙に軽い。
 まるで、体から俺と言う魂だけが抜けて空中で
 ゆらゆらと浮いているかのような感じだ。
 だが、確認しようにも目の前が真っ暗だから確認の仕様が無い。

 分からない。
 分からない事だらけだ。

「はぁ」

 一体どうなっているんだ。
 さっきまでの痛みは全くと言っていいほど感じないし、
 それどころか寧ろ元気だ。

 声も出す事だ出来るし
 ……だが、体を動かすことは出来ない、
 周りの状況を確認することも出来ない
 ……ここはアレか?死後の世界ってやつか?

 まぁ、そんな事はどうでもいいか。
 どうせ俺は死んだんだからな。

「高理ソラ改め、ソラ=バーゼルド15歳――」

 いや、16歳か?
 この異世界に来てから余り気にしていなかったから良く分からんな。

「恐らく、15歳、童貞……」

 俺は童貞のまま死ぬのか……
 せめて、卒業くらいはしたかったな。
 いや、卒業する機会は幾らでもあったか。
 単に俺の勇気が足りないだけだった……だけだよな。

「はぁ、どうせ死ぬんだったら童貞くらい卒業したかったな。」

 少しくらいわがままを言わせてくれよ。
 口に出してもどうせ、聞いてないんだ。

 だが、そんな事は無かった。

「――じゃあ、僕が貰おう。ソラ君の童貞も魂も。」

「え?――」

 何処か聞き覚えがある声が聞こえてきた。
 俺がその言葉の意味を理解する前に目の前が真っ白になり――

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く