勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

ヘリムとソラ

 ソラの視界が完全に暗転し、
 先程までソラがヘリムと話をしていた空間が消え、
 その場には真っ暗な空間が広がっていた。

 何もかもが消え真っ暗になった空間だが、
 その空間に体の大きさに見合わない大きさの鎌をもった
 一人の少女がぽつりと立っていた。

「悲しいなー、一応同じ空間にいるけど僕の姿が認識されないって
 ……まぁ、住む世界が違うから仕方ない事なんだけどね。」

 少女はそう呟き、悲しそうにニコリと笑った。

「でも、もう少し、もう少しだけ我慢すれば――楽しみだな。
 じゃあ、そろそろ僕も準備をしようか。」

 少女はそう言って大きな鎌を大きく振ると、
 少女の頭上に沢山の記号が書いたりしてある魔法陣が現れた。
 そして、少女が口元を緩めニヤリと笑うと魔法陣から眩い光が放たれ、
 少女の事を包み込み一瞬で跡形もなくその場から消えた。

 光に包まれたと思えば、その光は一瞬で消え少女の目の前には、
 訳のわからない刻印が刻まれている大きな扉があり、
 その前に豪華な椅子が幾つか置いて在りその椅子には
 赤いフード付きローブで顔を隠している複数の人物が座っていた。

「やっほー死神共。」

 死神、生命の死を司る神様。

 死神は突然現れた少女に驚き、
 皆横を向き何やらボソボソと話し合っていた。
 そして、真ん中の椅子に座っていた死神が目の前にいる
 少女の事を真っすぐに見つめた。

「問、汝、何者」

 機械音の様な声でそう言った。
 それを聞いた少女はニコニコとしながら
 『ん~僕は別の世界の神だよ。』と答えた。

 死神達は再び話し合いを始めだした――が、それを見ていた
 少女が痺れを切らして死神達の会話を無理やり中断させた。

「あーもう、さっきからコソコソウザいよ。
 面倒くさいからさっさと僕の要件を言うね――これから此処に来る
 一つの魂を僕にくれないかな?」

「「「「拒否」」」」

 今度は死神達は相談する事無く、一斉に声を揃えてそう言った。
 だが、少女は一切怯むこと無く、
 まるで断られる事が分かっていたかの様に

「そっか。じゃあ、仕方ないね――」

 少女はそう呟き無邪気な笑みを浮かべて、
 大きな鎌を構え、死神達の方へ目にも留まらぬ速さで突っ込み、
 真ん中の椅子に座っていた死神の頭を椅子ごと切り裂いた。

「!?」

 突然の出来事に他の死神達は驚き、
 硬直していたが直ぐに状況を理解し行動に移そうとした
 ――しかし、死神達よりも早く少女の大きな鎌が迫ってき、
 椅子ごと切り裂かれた。

 一人、また一人と……決して死神達が弱いと言う訳ではない。
 単に少女が強すぎるのだ。
 死神の脳が体に命令を送る時間があれば少女はその間に
 数人の死神を倒す事が出来る。

「な、汝、一体……っ?」

 最後の死神の首が飛ぶはずだった。
 しかし、少女は最後の死神に鎌を振りかかったものの、
 あと数ミリの所で寸止めした。

「おっと、危ない危ない。
 全員殺したら大変なことになっちゃうね。」

 死神が全員いなくなると、魂の行き場がなくなってしまう。
 故に少女は死神を殺さなかった。

「君は数日気絶しててもらうね。」

 フード越しに死神の頭に指を当てると、
 死神は全身から力が抜け、その場に倒れこんだ。

「さて――」

 少女は鎌についた血を薙ぎ払うと、
 血の池とかしている地面を楽しそうにスキップをしながら進み、
 真ん中の椅子の前で立ち止まり、
 頭が無い死神の死体をまるでゴミを捨てるかのように軽くポイッと投げた。

 そして、少女は空いた椅子に腰を掛け――

「僕の準備は終わったよ。
 後は君がプロローグを終了させれば――楽しみだなぁ。」

・・・・

「……くそ、あの野郎覚えとけよ。」

 目を覚ました俺はそんな愚痴を小声で言いながら周りを見渡した。

 夜か。

 部屋の中はまだ薄暗く、
 窓から差し込む光が無ければ真っ暗で何も見えなかっただろう。
 ベッドの上には結達、皆が気持ち良さそうに寝ている。

 あんな時間に寝たら流石に変な時間に目が覚めてしまうよな
 ……暇だ。
 寝ようにもすっかり眠気がさめているし……

 そんな事を思いつつ俺は何と無く、
 皆を起こさないようにこっそりとベッドから出た。
 別にやりたい事があるとかでは無い
 何の目的も無い、本当に何と無くだ。

 特にやる事も無いし少し気分転換に外に出てみるか。

 そう決めた俺は早速軽く身支度を済ませて、
 外に出る準備をした。

 よし、行くか。

 部屋の扉をこっそりと開け部屋から出て、
 真夜中にも関わらず全ての灯りが付き物凄く明るい
 通路を外を目指して歩いた。

 時間的に当たり前の事だが魔王やエリルスに出会す事は無く、
 スムーズに魔王城の外に出る事が出来た。

 涼しくも暑くも無くて丁度いい気温だな。
 毎日がこんな感じの気温だったら良いのにな、
 この気温の中だと物凄く寝やすそう……それにしても――

 俺は空を見上げた。

 綺麗だな……

 ここら辺には魔王城以外何も建っていない為、
 無駄な明かりが無く空からの自然な光がハッキリと地上を照らしている。

 そんな綺麗な空をぼんやりと眺めながら魔王城の周辺を散歩していると、
 何処からかブゥン、ヒュン――と風を切る音が聞こえてきた。
 別に興味があった訳ではないが、
 大してやる事も無かった為暇つぶしがてらに
 風切り音が聞こえてくる方に行ってみることにした。

――ブゥンッ

 おっ、こっちで合ってるようだな。

 風切り音はどうやら魔王城の裏側から聞こえてくる事が分かり、
 俺は出来るだけ気付かれない様にこっそりと近付いた。

 普段は少し暗い赤色の髪だが、
 今は空からの光で何時もより少し明るいような
 赤色の髪で片目を隠していて、真っ黒な角と翼を生やした少女
 ――アイが長剣を持って一生懸命に素振りをしていた。

 熱心だな……って、あれっ?!

「アイ!?」

 俺が驚いて思わず声を上げると、
 アイは此方に気が付いて素振りを中断させ

「おお、ソラか。どうした、そんな化け物を見たかの様な顔をして
 ……少し傷つくぞ?」

「何で……悪魔の全部隊は――」

 俺は途中まで言いかけて、
 ふと、ある事を思い出して言葉を飲み込んだ。

 あー、そうだった……アイはヴェラに呼ばれて魔王城にいたんだったな
 ……良かった。

「いや、何でもない。忘れてくれ。
 それにしても随分と熱心に素振りをしてたな。それは――」

 俺はアイに近付きながらそう言って、
 素振りを中断させて時に地面に突き刺した剣に視線をやった。

「ヴェラの部屋に在った剣と同じ様な気がするけど、貰ったの?」

 地面に突き刺さっている剣は、
 俺がこの前ヴェラの部屋に行ったときに見せてくれた
 沢山の剣の中で一番、派手な模様が入った長剣と同じような感じがする。

「良く気付いたな!この剣はヴェラさんが俺に慰めとしてくれたんだ。」

「慰め?」

「ああ、何やら俺と同じ種族の皆が全滅したそうでな、
 それでヴェラさんが『お前は生き残れよ。』って言ってくれたんだ!
 本当にヴェラさんはカッコいい。」

 俺は一瞬聞かない方が良かったなと思ったが、
 アイは仲間が全滅したのにも関わらず、平然と寧ろ、
 どこか楽し気な感じでそう話してきた。

 あれ?アイは余り気にしていないのか?

「……その、随分と楽しそうに話しているが気にしてないのか?」

「ん?全滅した事?だって、幾ら同じ種族と言っても
 俺と仲が良い奴なんて誰も居なかったし
 ……俺は学園通ってて皆から変な目に見られてたし……」

 あっ、しまった。こっちの方が聞いたらまずかったやつだ。
 聞きたくも無いアイの悲しい事情が……このままだとまずい
 ……何か別の話題にしなくては――っ!!

「なぁ!そう言えばあいつ等どうしてるか知ってるか?」

 苦し紛れに出てきたのは学園で同じクラスメイトだったシルロ達の事だった。
 どうしてあいつ等の事を言ったのか自分でも分からない。

 アイがシルロ達の事を知らなかったらこの話題すぐ終わりじゃん
 ……完全に間違ったな。

「あいつ等?」

「あー、知らないかもしれないが、
 俺が学園に居た時同じクラスメイトだった奴等の事。」

「ああ、知ってるぞ。
 ソラが居なくなってからあいつ等は学園の人気者になったぞ。
 いい意味でな。」

「は?」

 人気者だと?しかも良い意味で?
 どういう事だ。一体何があったんだ……

「俺は詳しい事は知らないが、
 ソラと同じルームメイトのジンだっけ?
 あいつが何やら上手い事やったらしいぞ。
 まずはソラの事を滅茶苦茶悪く言って、
 シルロ達だっけ?あいつ等はソラに騙されてたって言う設定を作り出して、
 後は理事長と協力してシルロ達の実力を皆に知らしめて、
 落ちこぼれでは無いという事を伝え、
 理事長の力でクラス替えもして、
 シルロ達は他のクラスに入り、
 色々な事があり今では人気者に
 ……あれだ、シルロ達は見た目とか結構良くて、
 今まで落ちこぼれとか言われてて関わったらダメな雰囲気があっただろ?
 まぁ、その雰囲気が無くなり、
 皆手のひらを返したかのように話しかけ
 直ぐに人気者になったらしい。」

 ふむ、良く分からん。
 だが、ジンが色々と頑張ってくれたらしいな。
 確かに頼むとは言ったけどそこまでやってくれるとはな、流石だ。

 それにしても、シルロ達の実力を知らしめる何て事良くやろうと思ったな……
 確かにあいつ等は強いけど、
 そんな力知らしめたら次は嫉妬とかされて
 面倒くさい事になりそうだけどな……まぁ、そこら辺は理事長

 ……名前何だっけ……まぁ、良いや、
 で、その理事長が色々とやってくれたのかな?
 何はともあれ良かった。

「そうだったのか、ありがとな。」

「ああ。所で――暇だよな?」

 うわぁ、何か獲物を見つけたかのような眼で見て来てるな
 ……嫌な予感がする。

「遊ぼうか!俺鬼な、ほら!逃げないと死んじゃうかもよ!!」

「ふざけんなああああ!」

 俺は再び悪魔の様な鬼ごっごを強制的にさせられた――

・・

「あ――っ!!疲れたっ!」

 あれから数時間位経っただろうか、
 何せ必死で逃げて居たもので時間の感覚が無くなっていた。
 スキルを使わないで、主に魔王城を中心にグルグルと回っていただけだが、
 アイが翼を使って空を飛び先回りしてきたり、
 知らぬ間に地面に穴を掘って罠を其処等じゅうに仕掛けたり
 ……滅茶苦茶な鬼ごっこだった。

「あー、楽しかったな!!」

 アイは地面に大の字で仰向けの状態で寝転がり楽しそうにそう言ってきた。

「俺は恐怖でしかなかったけどな。」

 楽しそうに少年を追いかける少女、
 こう言えば聞こえは良いかもしれない、
 だが、実際は、楽しそうに少年の事を凶器を振り回して追いかける少女。

 俺からしてみれば恐怖でしかない。
 しかも、剣先を此方に向けて空から物凄い勢いで突っ込んでくるんだぜ?

「もう二度とやりたくないぞ。」

「えー、また遊ぼうよ。
 ソラと遊ぶ時は遠慮しなくて良いから本当に楽しんだよ。」

「いや、遠慮してくれよ。本当に死んじゃうから。」

「じゃあ、今度はスキル使っていいから、遊ぼうよ。」

 確かにスキルを使ったら間違っても死ぬ事は無いだろうけど
 ……スキルを使ったらそれはそれで、
 色々と問題が起こりそうだ。例えば――

「俺がスキルを使ったらきっと見失うぞ?」

「全く、俺を甘く見てると死ぬぞ?」

「うわぁ、怖い怖い。」

「おい、信じてないだろ?」

「そんな事無い。」

「絶対信じてないな。よし、今からスキルを使って遊ぶぞ。」

 おいおい、嘘だろ?少しからかっただけなのに
 ……一体その体の何処からそんな元気が出てきているのやら……

「また今度な。今日はもう疲れた。それに――」

 俺は空に視線をやった。

「もう夜が明けてきた。
 俺はそろそろ部屋に戻る。」

「もうそんな時間か。
 楽しい時間と言う物はあっという間に過ぎていくな。」

 わかる。アイの言っている事は良く分かる。
 だけど、今回、俺は何にも楽しくなかったぞ。
 恐怖でしかなかったんだよ。

「本当は散歩に来ただけのハズだったんだが物凄く疲れた
 ……部屋に戻ったらもう一回寝るか――と言う訳でじゃ――」

 俺はじゃあな。と言おうとしたが、
 とある事を思い出し、途中で言葉を飲み込みこんだ。

 別にあの野郎ヘリムの言葉を信じた訳ではないが、
 万が一、万が一あの言葉が本当だった時の保険としてだ。

 俺はそう自分に言い聞かせ、
 未だに地面に寝転んでいるアイの方を向いて口を開いた。

「信じようが信じなかろうが何方でも良いが、一応聞いてくれ。」

「何だ?」

「――明日神共が攻めて来るかも知れない。」

 俺の言葉を聞いたアイは顔色一つ変えずに無言で立ち上がり、
 徐に背伸びをしながら

「そうか、ならヴェラさん達にも伝えておかないとな。」

 と何の疑いもせずにそう言った。

「え?信じるのか?」

「信じようが信じなかろうが、
 万が一に備えるのは別に悪い事じゃないだろ?」

「ん……まぁ、そうか。」

「ああ、じゃあ、俺はヴェラさん達に伝えて来る。じゃ、またな。」

 アイはそう言って長剣を持って魔王城の中に入っていった。
 俺はそんな後ろ姿をぼんやりの眺めながら、
 あ、そうだ、ライラにスキルを伝承しとかないとな。
 と心の中で呟いてアイの後を追うように魔王城の中に入った。

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く