勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

警告とソラ

 ノイと別れてから、特に誰とも会わないまま
 無駄に豪華な部屋まで辿り着いた。

 心の中でやっとゆっくり出来ると喜びながら俺は扉を開けた。

「おっ……おお?」

 俺は部屋の中に誰も居ない自由だ!!と一瞬思い、
 思わず声を出してしまったが、
 よーくベッドの上を見ると、
 何やら布団の中で何者かがモゾモゾと動いていた。

 うわっ、何んかいるよ……どーせ、この時間にベッドにいる奴って
 アイツしか居ないだろうけど……
 と言うよりアイツは布団の中で何をしているんだ?
 寝てるって訳では無さそうだよな、
 あんなにモゾモゾしてるって事は……

 つまり、アレか。
 まぁ、アイツがナニをしていようとどうでもいい事だが。

 疲れたな、少し寝ようか。

 俺はそう思い、出来るだけ邪魔をしないように静かに歩き、
 こっそりと大きなベッドの中に潜り込んだ。

 少し、モゾモゾが伝わって来て落ち着けないな……

 俺が心の中でそんな事を思っていると
 突然モゾモゾがピタリと止まった。

 お?止まったな。
 これで落ち着いて寝れるな。

「し、主人よ…主人よぉ!!
 何時からそこに居た!?」

 眠りにつこうと思い再び目を瞑ったが、
 慌てた様子のライラによって阻止された。

「うるさいな……お前が天国に行く少し前位からだ。」

「な……見ていたのか?」

「見てねえよ、これでも俺はプライベートを覗いたりする趣味はないぞ。」

「そうか……誰にも言うなよ?」

「ああ。用はそれだけか?
 俺は眠いんだ……おやすみ」

「ああ、おやすみ……。」

「……」

 アレをしていたライラの横で眠りについたはずだったが、
 俺はまた、いや何度目かは知らないが、また真っ白な空間に居た。
 俺はエリルスなのか?と言おうとしたが、
 何処にもエリルスの姿が見当たらなかったので言葉を飲み込んだ。

「へ、ヘリウムだっけ?何の用だ」

 この空間、即ち俺の夢の中にはエリルスか
 ヘリ何チャラしか入ってこられない。
 この場にエリルスの姿が見えない以上、
 この空間を作ったのはヘリしかいない。

 俺はそう思い、名前を読んでみた。

「ヘリウムじゃないよ!!ヘ・リ・ムだよ!」

 案の定、ヘリムの声が返ってきた。

 あー、ヘリムだったか……そう言えば此奴、
 前会った時に『次会う時は僕の姿が見える所で』
 って言ってなかったか?
 姿なんて見えないんだが。

「おい、お前の姿が見えないがどういう事だ。」

「いや~ごめんね……つい待ちきれなくなってさ
 ソラと話したくて来ちゃった!」

 な~にが来ちゃった!だよ。気色悪いな。
 と言うより、待ちきれなくなってってどういう事だ?
 前も『次は僕の姿が見える所』って言っていたけど、
 一体此奴は何を言っているんだ?
 未来人か何かか?……一応神だっけ?

「なぁ、お前の言っている事の意味が良く分からないんだが。」

「え?例えばどんな所かな」

「待ちきれなくなって、とか、
 次会う時は僕の姿が見える所で、とか。」

「あーそれね!僕は未来と言うか――いや、
 これは直ぐに分かる事だから今は教えない。」

「は?どういう――」

「それよりさ、今日はソラに伝えたい事があるんだよね~」

 ヘリムを俺の言葉を遮るようにそう言った。
 俺は物凄くイラついたが、一旦落ち着き、
 ヘリムの話が終わってから再び聞こうと考え
 取り敢えず話を聞くことにした。

「……何だ?」

「前さ、ライラだっけ?
 あの子にスキルを伝承するとか何とか話してたよねー」

「それがどうした?てか何で知ってるんだよ!」

「だーかーらー!前に言ったでしょ、
 ずっと見てるって。」

 あー、確かそんな事言っていた様な気がするな。
 ……確かそれで俺は覗き野郎って呼んでたっけ

「ああ、そうだったな覗き野郎。」

「だから僕は野郎じゃないって……まぁ、いいよ。
 でね、スキルを伝承するなら明日にでもした方が良いよ。」

「明日だと?何故だ?」

「んとね~これはあくまで僕の予想なんだけどね、
 明後日神達が攻めて来ると思うんだよ。
 僕は余りネタバレ・・・・しない主義だから詳しくは言わないけど、
 万が一の事を考えて――ね?」

 ネタバレ?何のことだ……それに明後日だと?
 ……此奴を信じる必要は無い、
 だけど、確かに万が一の事があるかもしれない……此奴の言う事をきくのは
 嫌だがヤミの為だ、仕方ない。

「お前の事は信用していないが、
 一応警告として受け取っておく。」

「そっか!良かった。信用してくれないのは悲しいけど……」

「話は終わったな?じゃあ次は俺の質問を――」

「おっと、そろそろ行かないと!
 じゃあ次こそは僕の姿が見える所で!
 じゃあ!!――」

「くそ!待て!!」

 ヘリムは再び俺の言葉を遮り、
 そう言って何処かへ行ってしまった。
 姿は見えないが、確かにこの場から消えたという事が何となく分かった。
 そして、俺の視界が徐々に暗くなり――

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く