勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

ローズとソラ

クラメイト編

 ソラ達がナナリア村に転移したと同時刻。

 女王が自室にある物凄く高そうな宝石が彼方此方に付いている
 大きなソファーで寛ぎながら高そうなカップで飲み物を飲んでいると
 突然、部屋のドアが慌ただしくノックされた。

――ドンドンドン!

「もう、せっかく寛いでいたのに……」

 女王は不満そうな顔をしてそう呟き、
 手に持っていたカップをテーブルに起き、
 ソファーから腰を上げドアの前までゆっくりと歩み、
 優しい声で尋ねた。

「何方ですか?」

「女王様、俺です。
 ボルギヌです。
 至急お伝えしたい事があります。」

「まあ!ボルギヌ戦士長でしたか。
 今開けますね。」

 女王はそう言ってドアを開け、
 ボルギヌを部屋の中に入れ、先程のソファーの向いにある、
 まったく同じ柄のソファーに座らせ飲み物を出した。

「どうぞ。」

「ありがとうございます。」

 女王はボルギヌが一口飲んだのを確認してから、
 真剣な顔をしてボルギヌの顔を見た。

「伝えたい事とは何ですか?」

「先程、勇者達がそろそろ迷宮に入る時間だと思い、
 念話を使ったのですが、勇者の誰一人とも繋がらなく……
 恐らく、勇者達に何かあったのかと。」

 念話。
 特定の人物を思い浮かべで心の中で伝えたい事を
 念じると相手に伝わるスキル。

 だが、念話を送る相手には予め自分の持ち物の何かをあげる必要がある。

「!!。あの勇者の皆様が何かに巻き込まれてやられる
 何て事は無いと思いますが、心配なので軍隊を動かしましょう。
 一応、回復を使える人材を10人程後は戦闘が得意な人材を。」

「わかりました。ですが、
 ニマエまで行くには全速力で行っても最低一日掛かりますが……。」

「そうですか……わかりました、
 今回は特別に私が転移を使って送ります。」

「おお!女王様が直接!ありがとうございます。
 今すぐ隊を編成してきます。」

 それから数十分後。

「女王様。準備が整いました。」

「わかりました。では、今から転移を使います。
 一応安全面を考えて迷宮から少し離れた位置に転移しますが、
 問題ないですか?」

「はい、問題ありません。」

「わかりました。では、お気をつけて。」

・・

 転移したボルギヌ達は周りの目を気にせずに早速、
 迷宮のある方向へ向かった。

「――なっ!」

 ボルギヌは目の前の光景を見て絶句した。
 そこには、予想も出来なかった光景が広がっていたからだ。
 女王も予想出来なかった勇者達が
 何者かにやられて倒れている所を――そして、迷宮が無くなっている所を。

「くそっ!。回復を使える者は急いで勇者達を回復しろ!
 戦闘が出来る者は周りを警戒しろ!
 怪しい奴が居ても決して一人で戦おうとするな、
 相手は勇者達よりも強い可能性がある!
 攻撃する前に報告をしろ!」

 周りがボルギヌの命令を聞き咄嗟に取り掛かっている中、
 ボルギヌは今の状況を急いで女王に知らせようと念話をしていた。

(女王様!大変です。)

(何ですか)

(勇者達が何者かにやられていました。
 それに迷宮が消えてます!)

(何ですって!?
 勇者の皆様がやられてしかも迷宮まで……一体何者が……)

(今、勇者達に回復を掛けているので目が覚めたら聞いてみます。)

(わかりました。
 まだ、周りに勇者の皆様をやった犯人が居るかもしれませんので
 気を付けてください。)

(はい。)


「――うっ」

 ボルギヌが念話を終えると同時に、
 勇者の一人が意識を取り戻し、声を出した。
 ボルギヌはその声を聞き逃さずに急いで意識を取り戻した勇者の元へ向かった。

「一体何があったんだ!」

「――ソラッ……」

「おい!しっかりしろ!」

「ボルギヌ戦士長、勇者様はまだ意識が朦朧としているので
 答えるのは厳しいかと。
 もう少し待ってあげては?」

「ああ、そうだったか。
 すまん、少し冷静じゃなかったな。……話せるようになった呼んでくれ。」

「わかりました。」

「ボルギヌ戦士長!」

「何だ?」

「先程、近くにいた冒険者から聞いたのですが、
 ここで4人の人物と勇者達が戦っていたという情報が。」

「4人だと?勇者達はたった4人にやられたのか!?」

「ボルギヌ戦士長!」

「次は何だ!?」

「勇者達の人数を確認したのですが、
 5人足りません。」

「5人だと!?」

「はい、恐らく連れ去られたのかと。」

「くそっ!……わかった。
 引き続き調べてくれ。」

 ボルギヌは今の情報も急いで女王に伝える為念話を送った。

(女王様。)

(何かわかりましたか?)

(まだ勇者達をやった人物はわかりませんが、
 人数は4人という事がわかりました。
 それと、勇者が5人連れ去られた可能性があります。)

(なっ!……これは思っていたよりも深刻な事態ですね。
 勇者達が目覚め次第、情報を聞きつつ、
 此方に帰ってきてください。)

(わかりました。)

「ボルギヌ戦士長、
 勇者様が大分回復したのでそろそろ話せるかと。」

「わかった。」

 ボルギヌは急いで勇者の元へ向い、
 何があったのかを聞いた。

「ソラ、ソラは生きていた。」

「ソラだと?あの裏切者か!?」

「そう、あのソラが生きていた。
 それも今のあいつは強い、
 俺はたった一撃でやられた――ううっ……。」

「そうか……回復を続けろ。」

 ボルギヌはそう言い、
 再び女王に念話を送った。

(女王様、犯人がわかりました。)

(一体何者なんですか?)

(それは――ソラ……ソラ=コウリです。)

(なっ……ソラですって……生きて居ましたか。
 やはり、あの男は危険です。
 私は今からソラ=コウリを罪人として国をあげて指名手配します。
 出来るだけ早く此方に戻ってきてください。)

(わかりました。)

 ボルギヌからの報告を聞き、
 女王は自室のソファーに座りながら爪をかじり、
 イライラしていた。

「まさか、あのソラが生きているなんて
 ……どうして!どうして生きていきているの!?
 確かにあの時亜空間に放り込んだはずなのに!
 それに放っといたら死ぬ程度の傷を負わせていたのにっ!」

――パリンッ!

 女王は怒りを抑えきれずにテーブルに置いてあった
 高級そうなカップを薙ぎ払い、
 カップは勢い良く飛んで行った。

「……あの方に報告しないと……」

 女王はそう呟き自室から慌ただしく出て、
 長い廊下を小走りで渡り、巨大な天使像がある召喚の間の扉を開け、
 女王は巨大な天使像の前で跪いた。

「至高なる御方よ、どうか私の過ちを許したまえ――」

 女王がそう呟くと、
 巨大な天使像が神々しく光出し僅かながら天使像の顔が
 跪いている女王の方に動いた。

――顔を上げなよ。

 少年ぽい声が部屋全体に木霊した。
 その声を聞いた女王はゆっくりと顔を上げた。

――で、どうしたの?

「前に処分したはずのソラ=コウリが生きていました
 ……それも、勇者達がそのソラ=コウリによってやられてしまいました。」

――ふーん、そっか。あの男まだ生きてたんだ。
  それにしても、あの亜空間の中、
  僕がスキルを上げてないのにも関わらずどうやって生き延びたんだろう。
  まっ、そんなことはどうでもいいや。
  で、どうするの?

「私としては、今すぐにでも消したいです。」

――うん、いいね。僕もあの男嫌いなんだよね。
  でも、勇者達がやられるって相当だよね?
  そんな相手をどうやって倒すつもりなんだい?

「それは……出来れば、
 力を貸していただければ……。」

――ん~、別にいいけど。
  やるからには全力でやるからね?
  もしかしたら巻き込んで君の事も殺しちゃうかもしれないけど。

「ありがとうございます。」

――あー、僕にも準備があるから決行は三日後でいいかな?

「はい、問題ありません。」

――じゃ、三日後ここに現れるよ。


 再び巨大な天使像が神々しく光、像の顔は正面を向いた。
 それを確認して女王は立ち上がり不気味な笑みを浮かべた。

「待ってなさい、ソラ=コウリ……フフフフフフフ」




ソラ編

 話し合いを終えた俺達は次に寝床を決めることにした。
 軽く話し合い、俺とヤミ、スラ、ライラあとノイは村長の家で、
 残りの勇者達はゴリラの家で泊まる事になった。

 寝床が決まり、解散した後俺は早速寝る事にした。
 今日は色々とあって疲れているため早めに寝る事にしたのだ。

「ん?主人よ、もう寝るのか?」

「あー、今日は色々と疲れたからな。」

「そうか、おやすみ。」

「ああ、おやすみ。
 あーそうだ、一応ノイの事迎えに行ってくれないか?
 何か迷いそうだし。」

「まったく、主人は優しいな。
 わかった、任せとけ。
 ヤミとスラも行くぞ。」

「わかった」「了解です。」

 3人がノイの事を呼びに行ったのを確認してから俺は眠りについた。
 疲れていたおかげで直ぐに眠りにつく事が出来たが、
 何故か俺の目の前には白い空間が広がっていた。

「……」

 今日は疲れてるっていうのに……タイミングが悪いな。

「ん~どうしたの~?
 そんな不機嫌そうな顔して~」

「今日は色々と疲れてるんだ。」

「そうなんだ~でも~ここは夢の世界だから疲れなんて関係ないよ~」

「……で、なんのようだ。」

「迷宮どうだった~?」

「ケルベロスと戦って精霊王が仲間になっただけの迷宮だったぞ。」

「ん~!?精霊王って何~?」

「エリルスが知らない事俺が知っている訳ないだろう……まぁ、本人曰く、
 『主にぃ迷宮の生成やぁこの世界のぉ環境やぁ気候を管理ぃ』
 したりしてるらしいぞ。」

 俺はノイが言っていた事をノイの口調を真似してエリルスに伝えた。

「なにそのムカつく口調~もしかして馬鹿にしてるの~?」

「してないしてない、
 精霊王の口調を真似しただけだ。」

「ふ~ん、精霊王か~また凄いのを仲間にしたね~」

「そうか?」

「うん、そうだよ~。
 ……さて~迷宮の話はここまでとして~
 今から少し真面目な話をするね~」

 真面目な話をするくせにその口調はどうにかならないのか。

「何だ?」

「頼れる悪魔からの情報なんだけどね~
 神様達が動き出したらしいよ~」

「神?そんな事を俺に話してどうするんだ?」

「なんとね~その中にソラが言っていたあのショタ神もいるんだよ~
 しかもね~その神様達はリザリル王国に集まってるんだよね~」

「なん…だと?」

 ショタ神がリザリル王国に……まさか、
 あの女王はショタ神の繋がっていたのか!?
 ……いや、冷静に考えてみればその通りだよな、
 この世界に召喚された時は色々とありすぎて考えられなかったが
 間違いなく女王はショタ神と繋がってる。

「興味あるでしょ~?
 実はね~この事で明日会議があるんだよね~
 ソラ一人分の席なら用意出来るから来る~?」

「行くにきまってる。」

「わかったよ~じゃあ明日迎えを送るから待っててね~」

「ああ。」

 エリルスが消え、白い空間が徐々に真っ暗になって行き、
 俺は再び眠りについた――が、直ぐに目が覚めしてしまった。

 周りを見ると、ヤミ達が気持ちよさそうに寝て居た。
 俺は今何時頃だろうと思い、
 窓から外を見るとまだ真っ暗だったので恐らく夜中だろうと考えた。

 俺はまた寝ようとするが、
 まったくと言っていいほど眠気が無かった。

 はぁ……眠れないな。
 結構早めに寝たからかな?
 ……このままいても暇だし息抜きがてらちょっと外出てみるか。

 俺はヤミ達を起こさない様にこっそりと外に出た。
 この村には街灯みたいな物は一切無いので
 星などの自然な光によって夜は照らされている。

「今まで良く考えて無かったけど、
 自然って凄いな……。」

 俺はそんな事を呟きながら自然な光によって照らされている
 薄暗い夜道をブラブラと歩いていると
 前方の小川の近くにある大きな岩に座っている誰かの影を発見した。

 こんな時間に誰だ?
 不審者か?

 俺はそんな事を思いながら少し警戒しながら
 近づくと近くの小川に光が反射してその影を照らし、
 その影の正体が徐々に分かってきた。

「眠れないのか?我が友よ。」

「えっ!?……ああ、我が友でしたか、
 脅かさないでくださいよ。」

「ああ、悪い。……隣座っても?」

「ええ、構いませんよ。」

 隣に座ったのは良いが、
 話す事無いな……と思っていると結の方から話しかけてきた。

「凄いですよね、異世界って。」

「ん?そうか?」

「だって、街灯も一切無いのにこの明るさですよ、
 それに、この小川の流れる音、風の音。
 車なんて一切走ってないんですよ?」

「ああ、そうだな。自然豊かだ。」

「……変わりましたね。我が友は。」

「え?そうか?」

「はい、何というか余り厨二っぽさが無くなったというか
 ……それに、結構友達思いなのに容赦なく吹っ飛ばしたり……」

 言われてみれば、そうかもしれないな。
 何だか大魔王の加護を貰ってから段々変わって言ってる気がするな。
 人を傷つけても余り何も感じないし、
 久しぶりに結達と出会った時も余り嬉しくなかった。

「……まぁな、色々あったからな。」

「何だか少し寂しいです。
 我が友が私じゃ手が届かない遠くに行っちゃう感じがして。」

「大丈夫だ。もし、俺が遠くに行ってもお前なら直ぐに追いつくさ、
 いや、俺の事なんて追い抜くだろうな。
 なんたってお前は俺の我が友なんだからな。」

「ちょっと意味わからないけど、そうですね!
 我が友に出来て私に出来ない事は無い!
 ……何だかスッキリしました。ありがとうございます。」

 さらっと傷つくなぁ……。

「え?うん。」 

「じゃあ、おやすみなさい!」

「ああ、おやすみ。」

 結が帰って行くのを確認した後、
 俺は空を見上げて呟いた。

「やっぱ俺、良い事言うの苦手だな……。」

・・

 結と別れた後、俺はこっそりと村長の家に戻り再び眠りについた。

「……ふわぁああ。」

 目が覚めた俺は大きなあくびと共に体を起こした。
 窓から外を見ると既に明るかったので、
 俺はあまり眠れる気がしなかったが案外ぐっすりと寝てしまっていた様だ。

「ますた、おはよ。」

「おはよ、ヤミ。」

「……主人おはよう……。」

「ああ、おはよ。」

「ソラさん気持ちよさそうに寝てましたね。
 いい夢でも見てたんですか?」

「ん?そうか?」

 ヤミは俺が起きるるのと同時に起き、
 ライラは若干寝ぼけているが起きている様だ。
 スラは既に起きていて何やら体操みたいな事をやっている。
 ちなみに、ノイはと言うと……。

「あれ?ノイどこいった。」

――ドォーン

 周りを見渡してもノイの姿が見当たらなかった。

「ああ、ノイさんなら先程、
 外で面白そうな事が起きてるから見に行く的な事を言って
 出ていきましたよ。」

「まったく、自由な奴だな。
 ああ、そうだ。
 今日はちょっと出掛ける。」

「ますた、どこにいくの?」

「エリルスの所だ。」

「……いきたくない。」

 ヤミは物凄く嫌な顔をしてそう言った。
 恐らく、この前魔王城に行ったときに色々な魔王達に絡まれてたから
 嫌いになったのだろう。

「あー、今回は俺一人で来いって言われてるからお前等は留守番な。」

――ドォーン

「むむ、主人よエリルスとは誰だ!
 女だろ?浮気か?浮気だよな?」

 何だこいつ。
 ずっと寝ぼけとけ。

「俺の命の恩人だ。」

「ほほ~主人の恩人か……興味があるな。」

「あっそ。確か、今日迎えが来る予定だからそろそろ外に行くかな。」

「私の擬人化を見てほしかったのですが
 ……まぁ、お気をつけて。」

「あーそっか。まだ俺達しか知らないもんな。
 また今度皆で行こうな。
 ……ところでさ、さっきから外からドォーンって
 音がするんだけど気のせいか?」

「確かにしてますね。何でしょう。」

「気になるな、
 よし、主人迎えが来るまで護衛しよう。」

「いいですね!私も護衛します。」「わたしも」

 ……護衛されるような事なのか?
 つか、何か予想できちゃんだよな……。

 そんな事を思いながら外に出ると、
 予想通りの事が起きていた。

 悪魔一体と結達とゴリラが戦っていた。
 だが、悪魔の方は攻撃は一切しないでずっと防御をしている。

「うわ、予想通りだ。
 ……つか、何かゴリラ以外の村人はどこいった。」

「あぁ、ボクが特殊な結界はってるからぁ、
 皆家の中で眠ってるよぉ。」

 結界だと?これもエリルスの記憶には無いな。
 精霊王のスキルなのか?にしてもありがたい事だ。
 ゴリラは兎も角、他の村人達に悪魔と俺が知り合いだって事
 ばれたら村から追い出されそうだしな。

「ありがとな。ノイ。」

「ふふふふぅ!もっと感謝しても良いぞぉ!」

「……あー、ヤミとスラは知ってると思うが、
 あの悪魔は俺の知り合いだから手を出すなよ?」

 金髪でグラデーションカットで目が少し垂れ、
 瞳の色も黄金色の女悪魔。

 確か、名前はローズだった様な気がする。
 魔王城で俺の体力を回復してくれた優しい魔王さんだ。

「なんと!主人は悪魔まで手籠めにしようとしてるのか!」

「してねえよ。
 あと悪魔と言うか魔王な。」

「ま、魔王まで手籠めに……」

「……はぁ、じゃあ、
 行ってくるから留守番よろしくな。」

「はい。行ってらっしゃい。」「うん」

 俺はローズの方へ歩きだした。

 それにしても、あいつ等ひたすら攻撃してるくせに
 ローズビクともしてないぞ
 ……確かローズは悪魔達の治療をしている魔王の一人だっけ。
 回復がメインなのに傷一つ付けれないのか。

「あっ、兄ちゃん!こいつやばいぞ!」

「おい、ソラ!早く手貸せ!」「ソラさん!」

 そんな怒鳴らなくてもいいだろ。
 第一お前等ローズは防御しかしてないのに何で
 そんなにボロボロなんだよ……。

「あっ、ソラ!遅いよ何してたの?」

 此方に気が付いたローズが手を振りながら此方に走ってきた。

「寝てた。」

「おい、ソラ逃げろっ!
 そいつは強すぎる――って、何呑気に話してんだよ!」

「いや、知り合いだから。
 お前等が勝手に攻撃してるだけだろ。」

「「ええ??」」

 結達から驚愕の声が聞こえたが、
 俺はそんなのお構いなしに話を進める。

「俺はこれから出かけるから、詳しい話はスラから聞いてくれ。
 よし、早速行こう。
 転移使うけど問題ないよね?」

「おお、転移が使えるんだ!流石だね。」

「ええ?ちょっとソラさん!」

 結が叫んできたがお構いなしに転移を使って魔王城に転移した。


「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く