勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

再開とソラ

「兄ちゃんはやっぱり強いな!
 ケルベロスをあんな簡単に倒すなんて……ところで、そこの美少女は誰だ?」

 ヤミ達に近付くと、ゴリラが若干驚きつつも褒めてくれ、
 俺の後ろにいた変――ノイの事を不思議そうに眺めてそういってきた。
 ちなみに、先程まで全裸だったノイには俺が着ていた灰色のフード付きローブを着させてある。

「美少女か……確かに顔だけを見るとそう見えるかもしれない。
 だがな、こいつは男だっ!」

「「「「ええ!?」」」」

 ゴリラだけではなく、
 その場にいた皆がノイが男と言う真実を聞かされ驚いた。

「ど、どうしてその子がこんな場所にいるんだ?」

「あー、それはだな……」

 俺は自分で説明しようと考えたが、
 面倒くさいので全てノイに任せる事にした。

「ノイ、こいつ等は俺の仲間だ。
 お前も仲間になるんだから一応自己紹介しろ。
 それと、簡単にで言いからさっきの事を説明しろ。」

「仕方がないなぁ、ボクの名前はノイって言うのぉ。
 ソラくんには玉か命どちらを取る?
 と脅されて仲間になることになりましたぁ。
 ちなみにぃ、ボクは精霊王なんだぁ~」

「流石ソラですね。
 精霊王まで味方にしてしまうとは……私の名前はスラです。
 ちなみに、ソラのペットです。」

 んん!?擬人化している時にそう言われると
 何か卑猥な感じになるからやめろ!!
 まぁ、実際合ってるんだけどね。
 スライムだし。

「よろしくぅ!」

「わたしはやみ。
 ますたのいもうと。」

 うん、ヤミはやっぱり良い子だな。
 本当は妹ではないけど、
 あの時の設定をまだ守っていてくれてる。

「よろしくぅ。」

「私の名前はライラだ。
 主人の愛玩奴隷だ。」

 ……何かお前が言う事は何となくわかっていたよ。

「よろしくぅ。」

「俺はゴリエヴィチだ。」

「よろしくぅ。」

 一通り説明を済ませた後、
 俺は迷宮から脱出する為、
 転移を使おうとしたらノイが話しかけてきた。

「ソラくん。」

「何だ?」

「迷宮から出る時は言ってね。
 この迷宮最大の罠のケルベロスが倒されちゃったからこの迷宮は
 もう壊すからぁ。
 そのついでに外に転移するからぁ。」

 あ、そっか。転移なんて使わなくても迷宮を生成している
 精霊王がいるんだもの精霊王の力で帰れるのか。

「んじゃ、早速頼む。」

「わかったよぉ」


――ドゴオオオンッ!


 轟音と共に転移で移動され、
 目の前に外の風景が広がったが、
 一瞬で土埃で覆い隠された。
 ゴリラの暗視の様なスキルがまだ掛かっているため土埃の中でも
 何となくだが見渡すことが出来た。

「っ!」

 轟音に驚いた冒険者達が此方を見ているのがなんとなくわかり、
 俺はその冒険者達の近くにいる複数の見知った顔を発見してしまった。

「何者だ!」

 見知った顔の一人がそう叫んだ。

 声を聞いて確信した。やっぱり、あいつか……
 今はあまり会いたくなかったけど少しぐらい挨拶してみるか。

 俺はそう考え土埃が消えると同時に見知った顔にしゃべりかけた。

「名乗らなければ――」

「久しぶりだな。」

「うおっ!本物の勇者じゃねえか!
 兄ちゃん知り合いだったのか?」

「ま、まぁな。」

 そう――今俺の前にいる複数の見知った顔の正体は共に
 勉強しバカ騒ぎをしたりした(例外もいるが)クラスメイト達だ。
 今は勇者達だが。

 さて、どうしたものか。

 一応声を掛けたが、明らかにクラスメイト達の殆どが敵意を
 俺に向けて武器を構えている。
 殆どだから勿論俺に敵意を向けて居ない奴もいる。
 結、かおる、凛、奈央あとトモ。……そういえばトモもいたな、忘れてた。

「ソラ、何故裏切った!」

「「「?」」」

 一人の勇者が発した言葉にその場にいた全員(勇者以外)が理解出来ずに
 困惑した。勿論俺もだ。
 裏切った?何の事だ……
 まぁ、何となく予想は付くが。
 一応聞いてみるか。

「何の事だ?」

「くそ!とぼけても無駄だぞ!俺達は女王から聞いたんだ、
 お前が女王を人質にし金貨とか奪ったんだろ!
 いくらお前のステータスが低いからって
 脅して金を奪い取るなんて最低な野郎だ!」

 やっぱり、あの女王くその仕業か。
 本当に面倒な事をしてくれるな。

「女王からはお前を捕まえろと言われている。
 最悪の場合生死は問わないらしいぞ。」

 そう言って勇者は口元を緩めニヤリと笑い戦闘態勢に入った。

 そうか、ここで戦う気か。
 俺はあまり友達とは戦いたくなかったが、仕方ないか。

 別にお前達は女王に騙されているだけで関係無いが、
 どうせ俺が真実を言っても信じないだろう。

 勇者達と戦うなら俺は明らかに不利だ。
 魔眼フルヴュー・アイズで勇者達のステータスを確認しても
 レベルが300越え全ステータスが軽く1万を超えている。
 普通ならこんな化け物級のステータスを見たら逃げるだろう。

 じゃあ俺も逃げるか?――答えは否だ。
 だって俺が負けるなんて事は無いから。
 不利なのは数だけであって、その他は俺の方が上回ってる。

 ステータスだってナナリア村で確認した時には
 既にレベルと全ステータスが?????になっていた。
 ?????の意味は良くわからないが、
 スキルが大量に増えていたから強くなったと判断して良いだろう。
 恐らくヴェラとの戦闘の時に急成長したんだろうな。

 それに、ここで勇者を潰せばあの女王も……

「ヤミ、スラ、ライラ、ノイ。お前等は下がってろ。」

 ゴリラは俺が何かを言う前に既に下がっていた。
 勘のいい男だ。

「さて――なっ!」

 俺は武器を取り出し構えると同時に勇者の一人が斬りかかってきた。
 あまりにも唐突な出来事に俺は驚き、咄嗟に防御をした。
 勇者の剣が俺に振り下ろされたときに反射的に目を瞑ってしまい、
 そして――

――ドォゴン

 聞こえてきたのは金属の音ではなく、何やら鈍い音がした。
 俺は恐る恐る目を開けるとそこにはライラが俺の前に立ち、
 腕を突き出していた。

 そして、ライラの拳は先程俺を斬りかかろうとしていた
 勇者の腹にねじ込まれていて、
 勇者はくの字になっていた。

「お前下がってろって――」

――ドォーンッ

 ライラが勇者を殴った衝撃が遅れてやってきて
 物凄い音と衝撃波と共に勇者は吹っ飛んでいった。
 そして、ライラは不満そうな顔をして此方を向いてきた。

「なぁ、主人よ。少しは見てるだけの“私達”の気持ちも考えてくれないか?」

「そうですよ。」

「うん。ますた、ひとりでずるい。」

「……ケガしても知らないからな。」

 ライラによって吹き飛ばされた勇者は白目を向いて気絶していた。
 他の勇者達が気絶した勇者を心配そうに見守り、
 一人が回復魔法を掛けている中、
 一際目立つ金の全身防具を装備をしたライラの事をチラっと見、
 俺の事を睨みながら勇者が叫んだ。

「その首輪……ソラ、テメェ、奴隷を買ったのか!
 しかも、その奴隷に戦わす何て、屑野郎だな!」

 いや、戦わしてないから、
 ライラが勝手にやったんだよ。

「はぁ、こうなるから下がってろって言ったんだよ
 ……って、ライラどこいった?」

「あっち」

 ライラの姿が無いと思い、
 隣にいたヤミに聞くとヤミはライラがいると思われる方向を指さした。
 俺は指さした方向を見ると、
 ライラが全身金防具勇者の頭を鷲掴みにしていた。

「ええ!何やってんのあいつ。」

 金勇者を助けようと周りの勇者がライラに攻撃を仕掛けるが、
 その攻撃がライラに届く前に攻撃を仕掛けた勇者が次々と倒れていった。

「ええ……」

 初めは何が起きているのかが分からなかったが、
 目を凝らして見てみると、
 倒れた勇者達の近くには米粒程のオレンジ色液体が落ちていた。

 【オレンジ】【液体】俺はこの二つのワードで直ぐに誰の仕業か予想できた。

「おい、スラ。お前あんな事出来たのか。」

「良く私だって分かりましたね。」

「オレンジ色の液体が落ちてたからな。」

「あら~。ちなみに、殺してはいませんからね。
 ただ眠ってもらっただけですよ。」

 スラの奴いつの間にかにそんなスキル覚えたのか、
 今度ステータスを見てみるか。
 っと、それどころじゃなかった。

「おい、ライラ!殺すなよ!」

 ライラに鷲掴みされ、
 金勇者の頭の防具はビキビキと音を立てて今にも砕けそうになっていた。
 恐らく、あれが砕けたら一瞬で頭がつぶれるだろうな。

「わかった。殺しはしない。」

 ライラはそう言って勇者の向って言った。

「良かったな。だが、
 次、主人の事を悪く言ったら殺すからな。」

 そして、ライラは頭を鷲掴みにしたまま勇者を地面に叩きつけた。

 うわぁ……ひでぇ。

 その後、ライラは何事もなかったかの様な顔をして戻ってきた。

「お前、容赦ないな。」

「あいつが悪い。」

 残る勇者は結達を除いて3人か。
 それにしても、殆どがスラにやられているな。

「く、くそ!何なんだあいつらは!」

「お、落ち着け、俺達は勇者だ。
 こんな所で負けるはずがない!」

「周りは強いかもしれないが、
 ソラは雑魚のはずだ!手分けしてやるぞ!」

「「わかった。」」

 ……雑魚とか言わないでくれよ意外と傷つく。

 勇者の三手に分かれて攻撃を仕掛けてきた。
 一人はヤミによって一瞬でやられ、
 一人はライラによって地面に叩きつけられた。

「くそっ!強すぎる。……だが、もらったあああ!」

 勇者はそう叫んで俺に突っ込んできた。

「馬鹿だな。」

 俺はそう呟き、突っ込んでくる勇者に手のひらを向けた。

 一応最小限の力で新しいやつをためしてみるか。

爆発エクスプローション

――ドォォンッ!

 手のひらから爆発が起き、
 勇者避けきることが出来ず、
 勢い良く吹き飛ばされた。

「最小限の力でも十分強いな。さて、」

 残った勇者は結達だけだ。

 結達以外の勇者は全員気絶し、
 いつの間にか周りにいた冒険者達も消えていた。
 恐らく危険だと判断して避難したのだろう。

 俺が残った結達の方を見ると、
 結達はどうしたら良いのかわからず皆で顔を合わせてオロオロとしていた。
 俺から声を掛けるべきだろうな。

 その前に

「あいつ等は俺の大切な親友達だ。
 何があっても手を出すな。」

 今にも手を出しそうなライラ達にそう告げて、
 俺はゆっくりと結達の方へ歩き出した。
 俺が近付いてもオロオロしていてまるでこっちに気付いていない様だ。

 はぁ、声を掛けるか。

「仲間が戦っていたのに横で知らんぷりとはな。可哀そうだ。」

 俺は少しウザい口調でそう言った。
 別に悪意があるわけではない。
 ただ、緊張を和らげようと思いそう言った。

「あぁ!?――ってソラ……」

 かおるが如何にも不満そうに此方を振り向いたが
 俺だと分かった途端目を逸らされた。
 まぁ、無理もないか、久しぶりに会ってさっきまで
 仲間のクラスメイトをボコボコにしてた相手だからな。

 主にライラとスラだが。

 他の皆の事を見ても目を逸らされてしまった。
 が、唯一一人だけが俺と目が合っても逸らさなかった。
 むしろ睨んできていた。

「何で睨まれてるのかな?」

「……」

 まるで不良の様な目つきで俺の事を睨んできている
 奈央は無言で此方に歩み寄ってきた。
 奈央の身長は大体俺の同じ位で、
 その身長で睨まれながら近付かれると中々迫力がある。

 そして、俺の鼻と奈央の鼻がもう少しで触れそうな所で奈央は止まった。

 な、何だ!?人前ではあんなに俺に厳しいのに、
 何でこんなに近づいてるんだよ!

 何かいい匂いするし……ああ!落ち着け俺、
 女子にこんなに近づかれるのは別に初めてじゃないだろ!
 何時もヤミ達が……それとこれは何かが違う!

「何か言う事はねぇか?」

 俺が心の中でパニックになっていると奈央が口を開いた。

 何か言う事?何かって何だよ、『久しぶり!』か?いやいや、
 もう少し考えろ。

 ここで間違った答えを出してしまったら俺は間違いなく殴られるだろう
 ……くそっ!何か、何かヒントは無いか?

 俺はそう考え、周りを見渡したが何も無かった。
 そして、視線を奈央に戻すとそこには、
 今にも泣き出しそうな顔をした奈央がいた。

 あれ……何か色々と考えてた俺が馬鹿みたいだな……
 最初から言う事なんて決まっていたじゃないか。

「ただいま。」

「――ッ!」

――バフッ

 奈央が力強く俺を抱きしめてきた。

「!?」

 突然の出来事に驚き戸惑ったが、
 よく耳を傾けると微かだが奈央の泣き声が聞こえた来た。
 奈央は更に力を入れて抱きしめてき、
 俺はそれに応えるように奈央の事を抱きしめた。

「――ッ!!」

 俺が奈央を抱きしめると同時に奈央の泣き声は大きくなった。
 その泣き声につられて今までオロオロしていた結達も泣き始めた。

――おかえり。

 泣き声で良く聞き取れなかったが確かに奈央が『おかえり』と言った。

・・

 数分間後、奈央は泣き止み大分落ち着いた頃、
 奈央は俺だけに聞こえるように話始めた。

「泣いてた事誰にも言わないでね。」

「ああ。」

 誰にもって、もう結達には知られてるけどな。

「改めておかえり、ソラ。」

「ああ、ただいま。」

 それから俺と奈央は離れ、
 結達とこれからどうするか話し合った結果、
 取り敢えず今までの出来事を話し合う事になった――が、
 この場だと勇者達が起きたら面倒だから移動することにした。

「ついて来てくれ、良い所がある。」

 俺はそう言ってゴリラ達の方へ向かった。
 ライラ達から不満オーラが漂っている気がしたが気にしない事にし、
 俺はゴリラ達に『事情は後で話すから、取り敢えず村に戻ろう。』と伝え、
 皆了承してくれたので俺は転移を使いナナリア村に移動した。

 ナナリア村に転移し、
 俺は取り敢えず結達と話す為借りている村長の家に来ていた。
 流石に村長の家に全員は入りきらないので、
 ゴリラとノイを外に置いてきた。

 本当ならもう一人位置いて行きたかったが、
 スラが擬人化を解き何時ものスライムの状態に戻ってくれた為、
 その必要が無くなった。

 家の中にはテーブルを囲むように椅子が3席しか置いていない為、
 俺達は今8人+αなので、5人は立っているか床に座る事になる。

 結達に座るかどうか聞くと、
 奈央とかおるが椅子に座りたいと事なので、
 椅子に座るのは奈央、かおる、そして俺とヤミとスラになった。

 椅子に座るのは俺だが、
 俺の上にヤミが乗り、俺の頭にはスラが乗っている。
 ライラは不満そうに俺の後ろで仁王立ちしている。

「さて、まずは――」

「ちょっと待て主人よ、
 その前にこいつ等の事を説明してくれないか?」

 面倒くせぇ

「こいつ等は俺の親友。」

「……」

「っ!!痛い痛い!」

 ライラは無言で後ろから俺の両肩を鷲掴みし、
 力をじりじりと入れてきた。
 身体強化を使っていれば痛くも痒くも無いが、
 今の俺は何のスキルも掛けていない為竜人ライラの攻撃は耐えきれない。

「わかった、わかった!真面目に説明するからっ!」

「おお、そうか、そうか。流石主人だ。」

 こいつ……後で覚えとけよ。

「ふぅ、知っていると思うが、
 こいつ等は勇者だ。」

「ああ、知ってる。」

「前にも説明したと思うが俺も一応勇者――いや、勇者にはなれなかった――」

「ちょっとまてえええぇえ!」

「何だよ」

「主人が勇者何て聞いてないぞおおお!」

「あれ?説明してなかったか?」

「初耳だあああ。」

 説明した様な気がするが、
 気のせいだったか。
 それにしても、本当にこいつはどういうキャラなんだ。

「そうか、まっ、そう言う事だ。」

「ふむ……それなら勇者と主人が親友なのも納得できるな。
 だが、何故こいつ等以外の勇者は主人を敵だと見ていたんだ?」

「それはこれからわかる。」

・・

「さて、じゃあ、まずは俺から今までの出来事を話そう。」

 全部話すと長くなるし面倒だから、
 簡単に説明するか。

「まず、俺は女王に呼び出され、半殺しにされ亜空間に放り込まれ、
 目が覚めたら草原にいて、俺は生きる為にモンスターを狩り始め、
 そこで今俺の頭に乗ってるスラと出会い、
 スラと森の中を冒険していたら今俺に乗ってるヤミに出会い、
 街に行って興味本位で奴隷を見に行ったら俺の後ろにいる
 処分寸前の奴隷のライラが居て放っとけなくて購入し、
 この村に来てさっきのDQNみたいな人と出会い、
 仲良くなり、皆でさっきの迷宮に挑んだら外に置いてきたノイと出会い、
 外に出たらお前達と出会い今につながる。」

「うわぁ、随分とざっくりとした説明ですね。」

「そうか?じゃあ、お手本を見せてくれるか?我が友よ。」

「わかりました。私たちは――」

・・

 結の説明は凄く丁寧でとても長かった。
 途中何度も寝そうになったが寝る寸前に奈央がテーブルの下から
 俺の脛に蹴りを入れてきたので何とか寝ずにすんだ。

「どうでしたか?」

「わかりやすかったけど、長いな。
 俺なりにまとめると、女王は俺が生きている最悪の事態を想定して、
 俺の事を裏切者に仕立てて、勇者達に俺を処分させようとしたが、
 勇者たちは逆にボコボコにされたって事だろ?」

「随分とザックリまとめましたね……。」

「な、なぁ、ソラ。」

 突然、先ほどからソワソワしていたかおるが話しかけてきた。

「何だ?」

「その、お前の上に座ってるヤミちゃんだっけ?少し触ってもいいか?」

「!!」

 しまった!こいつはロリコンだった!!
 つか、何で俺に聞くんだよ、本人に聞けよ。

「俺に聞くな、ヤミに聞け。」

「ヤミちゃn」

「やだ」

「だそうだ。」

「なぁっ!!……」

 かおるのおかげで、場の空気が少し明るくなり、
 皆ヤミに断られて落ち込んでるかおるを見て笑っていた。


「んで、お前たちはこれからどうするんだ?」

 こいつ等の事だから聞くまでも無い質問だと思うが
 、一応聞いてみる事にした。

「そうですね……。」

 結達は一ヵ所に集まり何やらヒソヒソと話し、

 数分後。

「私たちはソラについて行きます。」

「ふっ、そうか。」

 やっぱりな。

「だが、良いのか?
 俺についてくるって事は――」

「構いません。」

「そうだぞ、ソラの事を敵と見ていた奴等なんて知らねえ!
 それとソラ、何で俺だけ仲間外れにされていたんだ?」

 忘れてたなんて言えないし無視だ。

「そうか、何が起きても責任は取らんからな。」

「おい、無視するな!」



「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く