勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

模擬戦闘大会とソラ

「んん……」

 目を覚ますと、まず目の前に映ったのはライラの寝顔だった。

「うわっ!こいつまだ寝てんのかよ。
 ……寝すぎだろ。」

 寝るときはライラに拘束されていたが、
 今はその拘束が解かれていたので俺はこっそりと抜け出しベッドから出て、
 大きく背伸びをした。

「んん~~~」

 何だか今日は何時もよりぐっすり寝てた気がするな、
 それに何か大事な夢を見た気がするけど思い出せないな……おっ?

 俺は部屋の中央にある丸いテーブルの上に何やら紙が置いてある事に気が付いた。

 何の紙なのか気になりその紙を手に取って見てみた。
 そこには――

 いちゃいちゃを邪魔するのは悪いと思ったから起こさなかったからな!
何て俺は優しいんだ!ハハハハ

 と、書かれていた。

 ん~、色々と言いたい事はあるが、
 起こさないでくれた事は感謝してやろうじゃないか。
 よく寝たし。

 それにしても、こいつは何時まで寝てるんだろうか。

 未だにベッドで気持ちよさそうに寝て居るライラの事を見てそう思った。

 起きたらうるせえしな
 ……いっそ、このまま永眠してくれないかな……。

――コンコン

 そんな事を思っていると突然部屋のドアがノックされたので、
 俺は誰だ?と思いつつドアを開けた。

 ドアを開けるとそこには、
 若干偉そうにしている理事長リディアが俺が宿に置いてきた荷物を持って立っていた。

「ほれ、ソラ君の荷物だ。」

「ああ、どうも……てか、良く寮に居るって分かったな。」

「そりゃな、理事長だからな。」

 理由になってないだろ。
 何だ?常に監視でもされてんのか?

「……そう、じゃこれで。」

 荷物を受け取り、特に話すことも無かったのでドアを閉めようとしたが
 理事長リディアがドアの隙間に足を入れてきて閉める事が出来なかった。

「何のマネだ。
 悪質な訪問販売なら力づくで追い返すぞ。」

「何だそれは……
 奴隷ちゃんは元気?」

「ああ、元気すぎて困るぐらいだ。
 今は寝てるが。
 あと、奴隷じゃなくてライラと呼べ。」

 奴隷って言う言葉が気に入らない。

「わかった。
 ところで、ソラ君はまだ学園に行ってないな?」

「ああ、そうだ。
 安心しろ、しっかり一時間は受ける。」

「そうか。ライラちゃんも連れていくのか?」

「それはあいつに決めさせる。」

「そうか。でも、気を付けるんだぞ。
 色々と大変だからな」

 理事長リディアはそう言ってドアの隙間から足を抜き、去っていった。

 色々と大変か、そりゃあそうだろうな。
 もし、ライラに変な事言ってくる奴が居たら殴ってやる。

 そんな事を考えながら俺は荷物を丸いテーブルの上に置き、
 色々と整理していると、
 後ろから『んんぁ~~~』と気が抜ける様な声がした。

「んん……主人、おはよう。」

「何だ、起きてしまったのか。
 残念だ。」

「まったく、主人は照れ屋さんだな。」

 何いってんだこいつ。寝すぎて頭がおかしくなったか。

「なあ、俺はこれから学園に行くがお前はどう――」

「行く。」

「はぁ、即答かよ。準備が出来次第行くぞ。」

・・・・

 準備が終わり、俺はライラを連れて教室に向った。
 今は授業中なので誰ともすれ違う事は無い。

 ライラはキョロキョロして落ち着きが無く、
 少しウザかったから「静かにしないと連れて行かないぞ」と言うと文句一つ言わずに黙ってついてくるようになった。

 教室の前に着くと、ちょうど授業が終わり教室の中から先生が出てきた。
 俺は軽く先生に頭を下げ、入れ替わるように教室の中に入っていった。

「ますた!」

 教室に入るとヤミが誰よりも早く俺に気付き、走ってきた。

「おかえり」

「ああ。」

 俺はヤミの頭をポフポフしてやった。

「おかえりですの~」「おかえりなさい!」「お、おかえり。」

 皆がそう言ってきた。スラも体を跳ねさせ、『おかえり』と言っている様にみえる。

「ますた、その子だれ?」

「ああ、こいつは――」

「私は主人の忠実な奴隷のライラ=ドラゴニカだ。」

 俺が説明しようとしたが、ライラが無理やり自分で言いやがった。
 が、ライラは竜人独自の言語しか喋れない為、
 皆ライラが言った事を理解出来ていないようで首を傾げていた。

「こいつは、あれだ。
 一応……奴隷だが、俺はこいつを一人の少女として扱っている。」

「ど、奴隷ですの!?」

「ますた……」

 うわ……ヤミ達が変な目で見てくるよ。
 これは詳しく話す必要があるな。

・・・・

 それから俺は詳しく説明すると、
 皆少しは納得してくれた様だ。

「そうだったのですか、良い人ですね。」

「そうか?」

「ぼ、僕もソラさんは良い人だと思います。」

「ますたのえっち。」

「はぁ?何でそうなるんだよ……」

 どうやらヤミは気に食わないらしく、
 ぷんぷんしている。

「はぁ、ヤミ。
 今度遊んでやるから機嫌直してくれ。」

「いいよ!」

 純粋な子だ。

「良かった……ところで、あれは何だ?」

 俺はふと壁を見ると、そこには大きな紙が貼って在り、
 よくみると、その紙には『模擬戦闘大会』と大きく書かれていた。

「一人一人が自分の力を出し切って戦う模擬戦闘大会があるらしいですの。」

 模擬戦闘か、少し興味があるな。
 どうせ暇だし参加してみようかな。

「ちなみに、それは何時だ?」

「明日ですの。」

 明日か、随分と急だな。
 ……明日……何か忘れている様な気がするな、
 まぁ、いいか。

「ちなみに参加は強制か?」

「そうですの。」

「そうか。」

 強制参加なら申し込みとかしなくて良いから楽でいいな。
 この学園にはどんな奴らがいるのか、
 少し楽しみだ。

 俺は退屈な授業を受け、スラのこと突っ突きながら明日の模擬戦闘大会の対戦相手はどんな奴だろう。
 と思い、授業が終わると早速シルロに聞いてみた。

「なあ、対戦相手っていつ発表されるんだ?」

「対戦相手なら朝の時にもう発表されましたよ。
 えっと、ソラさんの対戦相手は3年生のクロリ先輩です。」

 3年生だと?
 模擬戦闘大会の対戦相手は学年関係なしでランダムで決められているのか。

「そのクロちゃんはどんな奴かわかるか?」

「クロちゃんって……本人の前で言ったら殺されますよ。
 クロリ先輩は生徒会長でこの学園でも一二を争うぐらいの強さらしいです。」

 生徒会長か、この世界にもしっかり生徒会があるんだな。
 そのにしてもこの学園で一二を争う強さか。
 ……いきなりそんな奴と当たるのか、運が良いのか悪いのか……

「ちなみに、シルロの対戦相手は?」

 俺がそう聞くと今まで笑顔で話していたシルロの顔が曇りだした。

 あれ?俺変な事いったか?
 それとも、よほど嫌な対戦相手だったのか?

「……ソラさんは、私たちが何で“落ちこぼれ”と呼ばれているか知っていますか?」

「え?」

 別にこいつ等だけが落ちこぼれってわけじゃないだろう。
 落ちこぼれはこの学園にいる全生徒の事じゃないか。
 まぁ、いいや。
 こいつ等はしっかり魔法は使えるしな……だったらアレしかないな。

「馬鹿だからだろ。」

「ふぎぅ。ソラさん真顔でそんな事言わないで下さいよ。
 凄く傷つきました。」

 ふぎぅって何だよ。

「違うのか、じゃあ何でだ?」

「……ソラさんは理事長様の推薦でこの学園に来たので知らないと思いますが、本来、
 この学園に入るためには色々と試験が必要なんです。
 その試験の中に試験官に攻撃を当てるという簡単なものがあるんですが
 ……私たち三人は攻撃をするどころか、動けませんでした。」

「どうして」

「……怖かったんです。そこら辺のモンスターなら容赦なく攻撃出来ますが、
 やっぱり相手が人型になると、ケガさせちゃったらどうしよう、
 万が一、殺しちゃったらと思うとどうしても……。」

 ……そうだよな。こいつらはまだ15~6歳、普通ならそれが当たり前だ。
 俺はエリルスと出会ってからあまりそういう感情は出てこないが、
 本来の俺だったらきっとモンスターが相手でもその場で動けなくなってチビっているだろう。

「それで、その試験は0点で3人ともこのクラスになったと。」

「……はい。」

「なるほど。
 じゃあ、明日の模擬戦闘大会は出ないのか?」

 模擬戦闘大会の対戦相手は必ずこの学園の生徒だ。
 つまり相手は人型。
 シルロ達には無理な相手だ。

「はい……見学してます。」

「そうか。」

 皆の前で恥を晒すよりは良い判断だ。
 だが、こいつ等は本当にそれで良いのか?
 このままだと、いつか本当に困る時が来るだろうな。

・・・・

 それから俺は1時間授業を受けたので寮に戻ろうと、
 スラを肩に乗っけて、授業が退屈すぎて一番後ろの席で寝て、
 今も尚、爆睡しているライラの事を叩き起こした。
 が、『んんぅ~』と言ってまったく起きない。

 はぁ、こいつは一日何時間寝ればいいんだよ。
 仕方ない、おんぶしていくか。

「よっ。」

 ライラをおんぶした事によってスラの居場所が無くなり、
 スラは肩から頭に移動した。
 教室を出る前にヤミに一声掛けると、
 何やら若干不機嫌だったが気にしない事にした。

 部屋に着き、早速のベッドにライラの事を投げ入れた。
 それでもライラは起きたりしない。

「さて、俺ももう一回寝るか。」

 昼寝は大事だ。
 ライラをベッドの壁側に追いやって
 寝れるスペースを作り、俺はスラと一緒に眠りについた。

・・・・

「ん……」

「おっ、おはよ。」

 目が覚めると、部屋の中にはジンの姿があった。
 何やらニヤニヤして此方を見て来ていた。

「おーはよ。」

 俺はジンに置手紙について色々と言いたかったが面倒くさいのでやめることにした。

「ところで今日授業受けた?」

「ああ、一時間だけな。」

「そうか、じゃあ模擬戦闘の事も聞いた?」

「ああ、聞いたぞ。
 ジンの対戦相手は誰だった?」

「おっ、良く聞いてくれたな!
 何と、俺の対戦相手は3年の副会長様だ!」

「へぇ~。副会長か。
 奇遇だな、俺の対戦相手も生徒会のメンバーだ。」

「おおぅ!で、誰なんだ?」

「クロちゃん。」

「クロ?……クロリ先輩か、お前それ本人の前で言うなよ?
 つか、よりによってあの生徒会長か。
 運が悪かったな。」

 ジンまでそれを言うのか。
 やっぱりクロちゃんって言うのはやめといた方が良いかな。

「やっぱそんなに強いのか。」

「ああ、桁外れだ。」

 桁外れの強さか……。

「ちなみに、理事長リディアより強いのか?」

 理事長リディアは俺と同じSランクだ。
 クロちゃんがSランクよりも強いと言うなら少しは楽しめそうだ。

「リディア?ああ、理事長様の事か。
 いくら強いと言っても理事長様には勝てないな。」

 ジンの言葉を聞いて俺は物凄くがっかりした。

「何だ。つまらないな。」

「?どういうことだ?」

 理事長リディアより強いなら少しは楽しめたかもしれないけど
 それ以下なら退屈な試合になりそうだ……

「……気にするな。」

・・・・

 翌日、俺はジンに叩き起こされ、朝から模擬戦闘大会の会場に来ていた。
 ちなみにライラはまだ爆睡してたので部屋に置いてきた。
 勿論、変な行動をしないように拘束しといた。
 それと一応スラを見張りとして置いてきた。

 俺は学園内に会場があると思っていたが、
 実際は学園内には無く街の中央にある。
 前ジョンと戦った試験場とつくりが全く同じ建物だ。

 俺はジンに連れられ3階に来た。
 ジンと俺の出番は後半の方なので出番が来るまで一番上の階で模擬戦闘を見ようということだ。

 元気の良いアナウンスが聞こえて来て、しばらくして大きな鐘がなり、
 模擬戦闘大会は始まった。
 剣と剣で戦い合う者。
 魔法を避け華麗に剣で攻撃している者。
 色々な戦い方がある。

 その中でも圧倒的な魔法で相手を瞬殺している者達が数人いた。
 ジンに聞くとそいつらは生徒会のメンバーらしい。

 しばらく、ボケーと眺めていると、
 俺の目にヤミが映った。

 おお、ヤミの番か。

「ヤミ、頑張れよ!」

 ヤミに聞こえる位大きな声でそう叫ぶと、
 ヤミは此方に向ってグチョブをしてくれた。

 対戦相手はドリナス?
 変な名前だ。強いのか?

「なぁ、ジン、
 ドリナスって強いのか?」

「ああ、そいつも生徒会のメンバーだからな。」

「生徒会って強い奴らしかいないんだな。
 まぁ、ヤミはそれ以上強いけどな。」

「はぁ?何言って――」

――ドガァァンッ

 何やら凄い音がし、
 驚いて音のした方をみると――

「おいおい、嘘だろ。」

「だから言っただろ。
 ヤミは強いって。」

 中央には漆黒の炎に包まれたヤミと、
 地面に出来たクレーターの底に倒れているドリナスの姿があった。

 ヤミの奴、前よりも強くなってるな。

――ウオオオオオオオッ!

 沢山の歓声が上がったが、
 ヤミは無表情で戻っていった。

「凄いなお前の妹。」

「ふっ、当たり前だ。
 次、俺の番だから行ってくる。」

「おう、行ってこい!頑張れよ!」

 俺はジンに背を向け軽く手をあげ、中央に向った。
 相手はすでに来ていたらしく、生徒達に手を振っていた。

 あれがクロちゃんか。

 黒髪ツインテール、獣耳。
 目はクリッっとしている。

「おお、来たね。君がソラ君だね?
 僕は生徒会長のクロリだよ。」

 僕ッ子か。

「よろしく、クロちゃん。
 あっ、」

 俺がうっかりそう言った瞬間、先ほどまで騒いでいた生徒達が一斉に静まり返り、
 所々から「何言ってんだよバカ!」「謝れ、殺されるぞ!」と聞こえてくる。

 一方、クロちゃんは笑顔でこちらを見ていた。

「ふっふふ、良い度胸だね……」

 一見笑顔に見えるが、よくよく見てみるとその笑顔には
 青い血管が浮き出ていてピクピクと小刻みに動いていた。

「もしかしなくても、怒ってる?」

 明らかに怒っていると分かる事だったが、
 一応聞いてみた。
 すると、クロリは笑顔のまま、

「僕がそんな短気に見えるのかい?」

 と言ってきた。

 見えるんだよな……良い笑顔だけど、
 血管が出てるからな……その血管が浮き出て居なかったら完璧だ。

――ゴーン

 戦闘開始の鐘と同時にクロリは物凄い速さで襲ってきた。
 右手から鋭い爪を出し、その爪で俺の事を裂こうとしてきたが、
 俺はそれをヒラリとかわした。

 遅い……

「くうううう!」

 一撃をかわされ、
 ムキになったクロちゃんは先ほどよりも素早く攻撃をしてきたが、
 俺はそれをよける。

 遅い……。身体強化リインフォースメント・ボディすら使ってないのにかわせる。
 何だコイツは、本当にこの学園で一二を争う強さなのか?
 しかも、さっきから同じ攻撃しかしてこないし

「なんでよけるの!!」

 攻撃を止めたと思ったら次は訳分からない事を言ってきた。

「何でって当たったら痛いからにきまってるだろ!」

「痛い?それだけの理由で僕の攻撃をよけているのかい!?」

 それ以外の理由があるのかよ。
 攻撃を自分から当たりに行くなんて相当なMだぞ。

「当たり前だろ。」

「何でだい?」

 何でだいって此奴……
 つか、急に何だ?

 先程までムキになっていたクロリとはまるで別人の様に
 変わった事に違和感を覚える。

 何を企んでいるんだ?
 発動までに時間が掛る攻撃でもしてくるのか?
 だとしたら少し警戒しておかないとな。

「何でってさっきも言っただろ……」

「うん、そうだね。
 痛いからだよね……」

「?」

 何が言いたいんだ?

「――じゃあ、痛みを感じる隙すら与えない攻撃をしてあげるよ!」

 突然足元の地面が割れだした。

「っ!?」

 やはり何か企んでいたのか。
 だが、これ位簡単に避けれ――っ!

 巻き込まれない様に横に飛んだが、
 その飛んだ先には、

「ははは、引っかかったね。」

 どこから出したのか、巨大な大剣を持ったクロリが
 俺目がけて剣を振り下ろしていた。

 やばい。

「我が拳に宿れ、闇魔法ダークネス・ソーサリー

 拳に漆黒の炎を宿し、あり得ない反応速度で大剣を拳で殴った。
 大剣は音を立てずに漆黒の炎に包まれ、一瞬で塵と化した。
 大剣を失ったクロリの攻撃は当然ながら当たらず、
 スカりバランスを崩したクロリと、
 すれ違いざまに俺は勢い良く腹に漆黒の拳を打ち込んだ。

「グッ…………。」

 少し女の子のお腹を殴るのは気が引けたが、
 そんな事気にしたら戦い様が無かった為、心を鬼にした。

 クロちゃんはドバっと血を吐き出し、
 そのまま

――バタン。

 と、地面に倒れた。

――……ウオオオオオオオオオオオオ!

 おお、凄い歓声だな。
 少し照れくさいな。
 それにしても、正直言って驚いた。
 何も使わずに行けると思ったが舐めすぎだったようだな。

 沢山の歓声が聞こえ、俺は若干照れながら戻った。
 途中でジンと出会いハイタッチをした。

「ジンも頑張れよ。」

「おう!俺もサクっと勝ってくる!」

 そういってジンが中央に出た瞬間――

――ドゴオオオオオン!

 途轍もない音と衝撃波が襲ってきた。

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く