勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

ファーストキスとソラ

 俺達は魔王城を旅立ち、
 行きよりもゆっくりしながらネルガ王国に帰っていた。
 途中、ボールゴア王国でボロボロになった俺の服を買った。

 服を買う時、俺にはセンスが無いのでヤミに服を選ばせたら、
 上下真っ黒で彼方此方に鎖が付いている悪趣味な服と、
 灰色のフード付きローブ、それと灰色の手袋。

 なんで全部暗い色なんだよ!とツッコミを入れたがったが、
 せっかくヤミが選んでくれた服だったのでそれを買うことにした。
 ちなみに手袋は恐らく、この真っ黒で、
 血液のように赤い線が何本か刻まれてる左手を隠すための物だろう。

 優しい気遣いだ。

 俺はそんな事を心の中で呟き、ヤミが選んでくれた物を全部身に付け、
 ルネガ王国を目指した。
 スラはどうやらローブのフードを気に入ったらしくずっとそこに入っていた。
 ちなみに、食料は魔王城を出る時こっそりと食料庫に行き、
 おいしそうな物を掻っ攫ってきた。

 それから数十日後。

 俺達は無事にルネガ王国付近に到着していた。
 そして、ルネガ王国に向かって歩きながら、
 俺は門兵にヤミの事を何と説明しようか考えていた。
 しばらく考え、一つの案が出て来たので一応ヤミに聞いてみた。

「なぁ、ヤミ。お前は今日から俺の妹でいいか?」

「いもうと?……ますたといっしょならなんでもいい。」

「……そうか。」

 俺は若干照れつつ、ネルガ王国に向かった。
 しばらく歩いていると、やっとネルガ王国の門が見えてきた。
 俺はやっと帰ってこれた!と思い、
 少し歩くスピートを上げた。

 そして、門の前に付くと、顔見知りの門兵が此方に向かってきた。

「誰かと思ったらソラじゃないか!久しぶりだな。
 って、その子は?」

 門兵はヤミの方を見て問いかけてきた。
 ヤミは俺の後ろに身を隠して、服をぎゅうっと握ってきた。

 恐らく、ヤミの演技だと思うが俺はそんなヤミを見てほっこりとしながら門兵に話した。

「この子はヤミと言って、俺の妹なんですよ。」

「ほほ~!ソラの妹さんか。随分とかわいいな。
 まぁ、妹なら安心だな。通っていいぞ。
 あと、一応身分証は作っとけよ。」

「わかりました~」

 俺はそう言って門兵に軽く頭を下げ、ヤミを連れ門の中に入った。
 辺りはもう暗くなってきていたので冒険者ギルドには後で行こうと思い、
 取り敢えず宿に向かった。
 宿は冒険者ギルドの隣にある石煉瓦作りの宿だ。

 宿の中に入るとすっごい元気の良いおっさんが騒がしい声で接客してきので、
 一部屋を3泊頼んだ。案内された部屋の中に入り、
 それから荷物を置き少し休憩をして冒険者ギルドに向かった。

 俺は冒険者ギルドの入り口に可愛らしい文字でようこそ!
 と書かれているのを見て何だかなつかしいな。
 と思っていると中から叫び声が聞こえてきた。

 急いで中に入ると、3人のごっつい男が二人の少年少女にリンチされていた。
 そして、それを止めようとして一人の女性が男たちの前に立ったが、
 少女に腹パンをされ蹲ってしまった。
 よく見るとその女性は受付嬢のリーザだった。
 そして、少年がリーザの頭を踏みグリグリとしていた。

 おいおい、何だよこれ。
 つか、リーザっ!?

 流石に俺はそれを見て、黙っていられなかった。
 俺は丁度いいと思い、旅の間に取得したスキルの一つ、
 狂気インセニティ・モードを発動した。

 狂気とは、一時的に人格が多少変わるがステータスが通常の10倍になるスキルだ。
 俺は狂気インセニティ・モードを発動しながら声をかけた。

「おい、お前。今すぐその汚い足を退けろ。」

「は?何なのお兄さん。
 邪魔するならアンタもこうなるよ?」

「ふっ、そうか。
 ならやってみろよ。」

 俺は鼻で笑いながらそういった。
 それを聞いた少年はリーザの頭から足を退け、
 少女と顔を合わせニヤリとして二人で俺に襲い掛かってきた。

「ひれ伏せ――重力操作グラビティ・コントロール

 俺がそう言うと、
 少年と少女は重力によって床に叩きつけられた。

「くっ!なんだよこれ!」

 少年がそう叫び、俺の事を睨み付けてきた。
 俺はそんな少年を見て、ふっと鼻で笑い少年の頭を踏みグリグリとした。

「あーあー。踏まれるのはお前の方だったな。」

「貴様っ!この僕はAランク冒険者だぞ!
 こんな事して――」

「そうか。
 じゃあGランクに踏まれる気分はどうだ?Aランクさん。」

 俺はわざとランクの部分を強調して言った。
 そして、頭を踏む力を強めた。

「――あ゛あ゛!」

 少年が悲鳴の様な声を上げた。
 俺はそれを聞き、更に力を強めようとした――が、突然ヤミが手を握ってきた。

「ますた、それいじょうやったらしんじゃうよ。」

 ヤミの声を聞き、はっ!
 となり我に返った俺は狂気インセニティ・モードを解除し、
 少年の頭から足を離した。

「ありがとうなヤミ。
 狂気インセニティ・モードは暫く封印だな。」

「うん。」

 俺はヤミの頭を撫でた。
 そして、少年と少女にかかっている重力操作グラビティ・コントロールを解除した。

 すると、解除した瞬間立ち上がり、
 『覚えとけよ!』と言って逃げるように冒険者ギルドから出て行った。

 すると、冒険者ギルドにいた人たちから歓声が上がった。

「良くやってくれた!」「かっこいい~」「ふぅ~」

 聞くところによると、先ほどの少年と少女は俺達が魔王城に向かい、
 ネルガ王国を出た次の日に突然やってきて、

 自分達はランクが高いからと言って威張り
 気に食わなかったら先ほどのようにリンチしていたのだとか。

 俺は歓声を受けて照れていると、リーザが声を掛けてきた。

「先ほどはありがとうございます!
 そして、おかえりなさい!」

 リーザはお腹を押さえながらそう笑顔で言ってきた。
 俺は「ただいま」と言ってそれから、
 皆で倒れているおっさん3人を回復させたり、
 散らかった椅子などを戻していた。

 そして、冒険者ギルドの中も元通りになり、
 リーザは改めて俺に話しかけてきた。

「改めまして、おかえりなさ――その子は誰ですかあ!」

 リーザは俺の襟を持ち、
 先ほどまでお腹を痛めていたとは思えない位の勢いで前後に激しく揺すってきた。

「ちょ、ちょっと!」

 俺は説明しようとしても激しく揺すられているためうまく喋ることが出来ずにいた。
 リーザはその事に気づいた様で、揺するのをやめてくれた。

「で、その子は誰なんですか?」

「あ、ああ……こいつは俺の妹のヤミだ。
 ヤミ、挨拶して。」

 俺がヤミにそう言うと、
 ヤミはリーザに軽く頭を下げた。
 それを見たリーザは俺の襟をはなし、ヤミの事を抱きかかえた。

「ヤミちゃんって言うんだ~
 可愛いね。」

 ヤミはそれからしばらく、リーザにつかまっていた。
 その間、俺はフードからスラを取り出し、
 ツンツンと突っ突き、暇を潰していた。

・・・・

 ヤミがリーザから解放され、もう外は真っ暗だったので俺達は宿に戻った。
 俺は部屋の中に入ると早速、風呂に入った。勿論スラと一緒にだ。
 そして、ヤミには入ってこない様にと釘を刺しといた。

「ふぅ~」

 俺はお湯に浸かりながら、ボケーとしていた。
 そして、ふと、魔眼の事を思い出した。

 そういえば、エリルスと戦ったけど、
 魔眼は俺のことを認めてくれたのか?

 俺は心の中でつぶやき、気になったので魔眼を発動した。
 そして、曇っている鏡を見て語りかけた。

「お前は俺の事を認めたのか?」

――はい、ソラ様はエリルス様に勝負を挑み、
  見事勝ちました。ソラ様は私が思っていた以上の力の持ち主です。

「確かに勝ったけど、
 エリルスは全然力を出していなかっただろ。」

――確かにそうですが、
  勝ちは勝ちです。

「はあ、そうか。で、
 今の俺はすべてが見えるようになったのか?」

――はい、試しにそこのスライムの事を見てください。

 俺は魔眼に言われるがままにスラの事を見た。
 すると――

=================================
オリジナルスライム

Lv40
12,000/12,000
22,000/22,000
スキル

言語理解LvMAX
スライム言語を理解するスキル。

ファイアLvMAX
魔力を50消費して炎を出すスキル。
威力は弱いが使い方次第ではかなり強くなる。

擬人化?

稀に現れる中立モンスター。
生まれながら魔力が高い。
ソラのペット。
名前はスラ。
スラ自身はとてもこの名前を気に入っている。
ソラの肩に乗って移動する事が大好き。
新しい仲間が増えて嬉しい。
==================================

 と書かれていた。

「この擬人化?ってなんだ?」

――それは、これから覚える予定のスキルです。

「そうか。」

 俺はスライムの擬人化という文字を見て、
 少しワクワクしていた――が、その事は内緒だ。

「これがすべてなのか?」

――いいえ、
 もう少し集中して見て見てください。

 俺は言われた通りにスラの事を集中して見た。
 すると、スラの体が半透明になり、魔石が見えた。
 そして、次にスラが行動する事までが見えた。

「これは……すごいな。」

――お気に召して何よりです。

 俺は魔眼の真の力を確認でき、満足したので魔眼を解除した。
 そして再びゆっくりとお湯に浸かりながら、
 自分のステータスも確認する事にした。

=============
名前:ソラ=バーゼルド
年齢:15
種族:人間
レベル:52

体力:1300
魔力:1700
攻撃力:180
防御力:1000
素早さ:326
運:30

スキル・魔法
魔眼:LvMAX
身体強化:LvMAX
闇魔法:LvMAX
重力操作:LvMAX
狂気:LvMAX
配偶:LvMAX
転移:LvMAX



能力
大魔王の加護:Lv MAX

称号
大魔王の弟子
大魔王を超える者
=============

 この大魔王を超える者って言う称号どうにかならないかな

 俺はそんな事を思いながら、
 十分に温まってから風呂を出た。

 風呂から上がり、ベッドに行くとそこにはヤミが静かに座っていた。
 ちゃんと待っていたのか、偉いな。
 と思いつつ俺はヤミに話しかけた。

「ヤミ、風呂入ってきな。
 俺はちょっと疲れたから先に寝てる。」

「わかった」

 ヤミはそういって風呂場に向かった。

 ヤミが風呂場に向かった事を確認して、
 俺はスラを連れてベッドに横になった。
 しっかりとヤミの寝る場所は空けている。
 そして、俺は直ぐに眠りについた。

・・・・

 眠りについてからしばらく時間が経った。
 そして、俺は何やら体がムズムズしてきたので目をを覚ました。
 布団の中を見て俺は目を疑った。

 そこには、まだ若干、濡れている裸のヤミが俺の体に抱きついていた。
 幸い暗かったので、大事な部分はあまり見えていなかった。

「な、なにしてるんだ?」

「ますた、まえあそぶっていったのに、あそんでくれなかった。」

「ええ?」

 俺は記憶を辿った――そして、

「ヤミ!明日の夜なら遊べるから今日はやめてくれ!頼む。いや、お願いします。」
 と言うセリフを思い出した。
 あっ!と思い、俺は取り敢えず謝ることにした。

「……ごめんなさい。忘れてました。」

「や。おしおきする。」

「は?お仕置きって何を――」

――チュッ

 突然、ヤミは俺の顔を掴み固定し、
 口を近づけ、キスをしてきたのであった。
 俺は突然の事で混乱していた。

「つぎやくそくやぶったら、もっときついおしおきね」

 ヤミはそう言って、目を瞑った。
 俺は初めてのキスだったので、いまだに混乱していて
 眠気が覚めてしまっていた。

 俺のファーストキス……

 俺はそんな事を心の中で呟きながら、スラの事を見て、
 癒されながら混乱している脳を落ち着かせ、
 何とか眠りに付いた。

 翌日。
 俺は昼頃に起きた。

「ふあああぁ、おはよ。」

「ますた、おはよ」

 俺はヤミを見て、夜の事を思い出して、
 顔を赤くしそうだったので急いで目をそらし、
 スラの事を見ながら、落ち着いた。

 それから、俺達はしたくを済ませ、
 冒険者ギルドに向かった。

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • アン・コ・ロモチ

    それは後々のお楽しみですよね^ - ^

    0
  • ノベルバユーザー222517

    配偶ってのは自分の仲間とか支配下に置かれている魔物や人に能力を分け与えたりできる感じかな?転移は一回行った所になら好きに行ける的なやつかな…

    0
  • ノベルバユーザー173109

    新しいスキルの説明いれればいいのに

    2
コメントを書く