勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

激戦とソラ

 身体強化リインフォースメント・ボディによって暑さに耐性がついた
 俺は肩にスラを乗っけて歩き出した。
 俺に続いてヤミも歩き出した。

 デッゴス火山からディ・ノデル行くのに最低五日。
 今までは予定より早く着いたりしていたが、
 今回ばかりはそうはいかない。

 デッゴス火山にはラドンやイフリートと言ったモンスターが出現する。
 どちらのモンスターもかなり強力だ。
 だが、数は少ないので気付かれないように行動すれば何とかなる。

 そのため今回は慎重に行かないといけないのだ。

 五日間もこんな火山にいるのか。
 と思うと若干嫌になるが五日間我慢すれば魔王城に着くと思えば和らぐ。
 実際はディ・ノデルだが。

 遠くからモンスターの声が聞こえてビクビクしたり、
 白骨化したモンスターの骨を見てはしゃいだりして、
 何事も無く四日が経った。

 だが最後の五日目に問題が起きた。

 それは――たった今、突然岩を突き破って目の前にモンスターが現れたのである。
 そのモンスターはラドンやイフリートでは無い。
 そのモンスターは、犬の頭が三つ、体は獅子、尻尾は蛇。
 こいつの名前は

「――ケルベロスッ!?」

 エリルスの記憶によるとデッゴス火山にケルベロスなんてモンスターは存在しないはずだ。
 オークの時もそうだったがエリルスの記憶とは違う事が起きている。

 何故?――

 ――だが、今はそんな事を考えている暇は無い。
 今はこの状況を如何にかしないといけない。

 俺は取り敢えず魔眼フルヴュー・アイズを発動させ、
 ケルベロスのステータスを確認した。

=================================
ケルベロス

Lv90
53,000/53,000
22,000/22,000
スキル

??????
見れません


??????
見れません
==================================

 魔眼フルヴュー・アイズで見れないだと?
 くそっ……魔眼を支配しないとダメか……

 俺はこの戦いが激戦になるだろうと考え、
 肩に乗っているスラをヤミに預けた――瞬間。

「ますた!くる!」

――ブォン

「うおっ」

 突然、ケルベロスが飛びついて来た。
 俺は身体強化リインフォースメント・ボディのおかげで並外れた身体能力になっているためケルベロスの飛びつきをかわすことが出来た。

 ヤミも何とかかわすことが出来たようだ。
 ケルベロスが飛びついた所すなわち俺達が先ほどまでいた所が、
 衝撃でクレーターみたいになっていた。

「おいおい……何だよそれ。」

 そう呟き、俺は鞘から武器を取り出した。
 そして――

「お前の相手はこの俺だっ!」

 そう叫び、近くに落ちていた石を投げつけた。
 身体強化リインフォースメント・ボディの影響でケルベロスに届く程度の力で投げたつもりだったが、
 その石は有りえないスピードで飛んで行き、
 ケルベロスの真ん中の頭を撃ち抜いた。

 この世界でのケルベロスの三つの頭の象徴は
 【知能】、【再生】、【恐怖】。
 すなわち、俺が撃ち抜いたのは、再生の頭だ。

 俺はその光景を見て驚いていた。
 また、ケルベロスは左頭と右頭で撃ち抜かれた真ん中の頭を見て、
 数秒固まってからガアアアッと声を上げた。

「やべ、怒らしちゃったっ!」

 そして、ケルベロスの右頭は俺に向かって火を吐いた。
 左頭は巨大な氷塊を吐いた。
 物凄い速さで迫ってくる炎俺はそれを右に避けた。

「よっ――っ!」

 だが、目の前には左頭が吐いた巨大な氷塊があった。
 俺はヤバイと思い咄嗟に腕をクロスさせ、防御態勢をとった。

――ドゴォン

 物凄い音を立て、巨大な氷塊は俺に衝突して粉々になったが、
 俺は身体強化リインフォースメント・ボディのおかげで無傷だった。

「あっぶねぇ……」

 身体強化リインフォースメント・ボディがなければ死んでたな。

「――なっ!?」

 俺は何とかなったと思い安心した瞬間、
 目の前でケルベロスの右頭が大きな口をあけていた。

 喰われるっ!

重力操作グラビティ・コントロール――っ!」

 急に重力が増え、ケルベロスは地面に叩き付けられた。
 だが、それは一瞬の事だと俺はわかっていたので即座にその場を離れた。
 距離をとった瞬間、
 ケルベロスは重力操作グラビティ・コントロールを破り、立ち上がった。

――ガアアアッ!

 ケルベロスは声を上げ、
 再び炎と巨大な氷塊を吐いた。
 俺も馬鹿ではないのでさっきの失敗を思い出し、

 同じ攻撃にはあたらない様に避けようとした――が、動けなかった。
 俺は不思議に思い自分の体を見ると蛇が巻き付いていた。

 ケルベロスの尻尾だ。

「くっ!」

 俺は尻尾を切断しようとしたが、尻尾は予想以上にかたく、
 弾かれてしまった。
 炎と巨大な氷塊迫ってくる中俺は考えた。
 引っ張られているなら、その勢いを利用しようと。

 上手くいってくれよ……

 そして、俺は体の力を抜き
 ケルベロスの尻尾に引っ張られるがままになり、
 その勢いのまま炎と巨大な氷塊を避け、ケルベロスの元まで引っ張られた。

 俺はケルベロスが尻尾の力を緩める瞬間を狙って尻尾を解き脱出し、
 距離を取った――が先ほどまでケルベロスがいた所には何も居なかった。

「何処に行きやがった――っ!?」

 俺の左肩に激痛が走った。
 何だ?と思い左肩を見たらそこにはケルベロスの左顔があった。

 何時の間にかに背後に回ったケルベロスによって左肩が噛まれていたのだ。
 そして俺は察した。
 次に何が起きるのかを。

「やめ――」

――グチャッ

「――っあ゛あ゛あ゛!」

 俺の左肩はケルベロスの左頭によって喰いちぎられた。
 左肩とその下の全て無くなり大量の血が噴出した。

 あまりの痛みに気を失いそうになり
 何時の間にかあの時の事を思い出していた。
 亜空間の事だ。

 あの時もこんな痛みを――嫌だ、死にたくない!

 俺はエリルスと出会い大魔王の加護がついてから恐怖を感じ難くなったが、
 今の俺は恐怖を感じている――ケルベロスの右頭の象徴【恐怖】の効果だ。

 嫌だ、こんな所で死にたくない!嫌だ嫌だ!

 恐怖によって支配された俺はその場で座り込み、
 嫌だ!などと呟いているだけになってしまった。

 そして、ケルベロスはそんな俺に止めを刺そうと、
 右の前足を上げ切り裂こうとしている。

「ますた!あぶないっ!」

 それを岩の影から見ていたヤミはその場にスラを置いて飛び出した。

 ヤミは、俺の前に出てケルベロスの右頭燃やした。
 そして、右頭が燃えると同時にヤミの小さな体はケルベロスの前足によって切り裂かれた。

 右頭が消滅し、俺は恐怖から解放された。

「ん……俺はいったい……っ!嘘だろ……」

 恐怖から解放された俺の目に入ってきたのは、
 切り裂かれたヤミだった。

「お、おい。ヤミ?嘘だろ?」
 くそっ、絶対に殺してやる――っ!」

 俺はヤミを失い、怒り狂った。
 俺の心の中は痛みすらも忘れるほどの憎しみとただケルベロスを殺すという事。

 それだけだった。

 俺は、今までに無いほどのスピードでケルベロスの後ろに行き、
 思いっきり右足に蹴りを入れた。

「オラッ!」

 すると、ケルベロスの右足はグチャッと音をたて潰れ、
 ケルベロスはバランスを崩し倒れこんだ。

重力操作グラビティ・コントロール

 ケルベロスはバランスを崩し、倒れこんだまま重力によって押さえつけられた。

重力操作グラビティ・コントロール

 俺は再びそういうと、ケルベロスの大量の血を噴出した。
 俺はケルベロスの体内の臓器等に重力を掛け潰したのだ。

 そして、ケルベロスは叫び、
 血を流しながら力尽きた。

 ケルベロスを倒し怒り狂っていた俺は正気に戻った途端に今まで忘れていた痛みが襲ってきた。
 俺はその場で蹲り痛みに耐えようとしていた。
 だが、だんだん意識が薄くなってきた。出血のしすぎだろう。

 俺は此処で死ぬのか。

 と思った瞬間突然痛みが消えたのだ。
 不思議に思い無くなった左肩を見てみるとそこには、漆黒色の炎がついていた。

「え?」

 俺はその炎を見て驚きの声が出た。

「いちじてきなしょち。
 すぐみえなくなる。」

 俺はこの炎とその声に見覚えがあった。
 漆黒色の炎、幼い声。
 その口調。

 俺は知っている。

「まさか……死んだんじゃ?」

 確かにあの時ヤミは切り裂かれたはずだ。
 なのにどうして生きている?

「わたしはますたがしなないかぎりしなない。
 そういったはずだよ。」

「ヤミ!」

 俺はヤミに抱きついた。
 本当なら両手で抱きつきたかったがしょうがない。
 それからスラのもとに行き、俺は片腕でスラとヤミを抱いて沢山泣いた。

・・・・

 あらから暫くして、俺達は再び歩き出した。
 俺はフラフラしていたが何とかディ・ノデルにつく事が出来た。

 ディ・ノデルには建造物が一切無く、
 殆どが枯れた木だった。

 俺は何とも殺風景だな。

 と思いながら奥に進んだ。
 すると、すぐに大きなお城が見えてきた。

 あれは恐らく、いや、確実に魔王城だろう。
 見た目は城だが明らかに他の国の城とは雰囲気が違った。
 何と表現したら良いのか分からないが
 しいて言うならば、禍々しい。

 俺はまず入り口を捜した。
 入り口は思ったよりもあっさりと見つかり早速中に入ろうとしたが、
 魔法で鍵が掛かっていたため入る事が出来なかった。

 俺達はどうしようかと考えていると、突然ドアが勝手に開きだしたのであった。

・・・・
大魔王編

「た、大変です!」

 魔王達が一箇所に集まり円卓会議をしていると、
 突然乱暴にドアが開けられ一人の下級悪魔慌てながらが入ってきた。

 魔王達はその悪魔の事をゴミを見る様な目でみていたが、
 魔王の一人が

「何があったのかを聞こう。内容しだいでは――わかっているな?」

 と言い出した。

「は、はい!実は――侵入者が現れました!」

「ほおう、侵入者だと?数は?特徴は?」

「数は二人。
 特徴は男の方は少年って感じで片腕が無く、
 最近召還された勇者と同じにおいがしました。もう一人の方は――」

「ちょっと~君いいかな~」

 下級悪魔が一生懸命説明をしていると、
 誰かが口を挟んだ。
 それは――

「はっ、大魔王様。何でしょうか。」

 ――大魔王エリルスだ。

「その男の子ってさ~黒髪?」

「は、はい!何でわかったんですか?」

「あはは~やっぱりそうか~」

 エリルスが一人で納得しているのを見た魔王達がエリルスを不思議な眼差しで見ていた。
 そして、一人の魔王が勇気を出して聞いた。


「だ、大魔王様、失礼だとは思いますが、
 やっぱりというのは……?」

「ん~聞きたい?」

「は、はい。」

「ん~でもおしえな~い。
 そのうちわかるからね~。
 下級悪魔君、その子に手を出したら殺すからね。」

――ゾクッ!

 エリルスが殺すといった瞬間その部屋が途轍もない殺気で溢れかえった。
 魔王達までもが凍りつく様な殺気。
 これが大魔王の力。

「あと~、頑張ってこの部屋まで連れてきて~
 わかった?」

「は、はいいい!失礼しましたあ!」

 下級悪魔はそう言いながら急いで部屋から出て行った。
 そして、下級悪魔はその事を皆に伝えるためにテレパシーを送った。

「――と言う訳です。
 もし、手を出したら大魔王様が――」

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー224996

    突然魔王城。

    0
  • ノベルバユーザー89126

    落ちてた石はケルベロスの頭破壊して剣は尻尾に弾かれるって...

    0
コメントを書く