勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

スラとソラ

 草原に向かうと、遠くに小さな影が見えた。
 恐らくあれはゴブリンだろう。
 と思ったが、一応魔眼で確認することにした。

「魔眼発動っ!」

 そう叫びながら、
 俺はその場で一回転し何となく両手でファイティングポーズを取った。
 それを見たスラも一生懸命その場で跳ねていた。

 おお……可愛いな。

======
ゴブリン
Lv5
スキル
======

「やっぱりゴブリンだったか。
 レベル5か……いけるかな?」

 少し不安になりながら、武器を取り出した。
 すると、スラは今から戦うという事がわかったのか
 跳ねるのをやめた。

「よし、行くか!」

 そう言って俺は遠くにいるゴブリンを目掛けて走り出した。
 すると、ゴブリンも此方の存在に気づいた様で
 奇声を上げた――瞬間、俺の横を何やら赤い物が高速で通った。


 何だ?と思い、一瞬ゴブリンから目を逸らした。

 気のせいかと思い、
 ゴブリンに視線を戻すと――ゴブリンは燃えていた。
 そして、一瞬で灰になり、
 その場には小さな魔石のみが残された。

「は?」

 何が起きたのか、理解できずに呆然としていると、
 ビチャビチャと音を立てながらスラが足元に寄ってきた。
 スラはその場でピョンピョンと跳ね始めた。

 そんなスラを見て、俺はスラのスキルを思い出した。

『まさか、さっきのはスラがやったのか?』

 スラにそう聞くとスラは自分の体を足に擦ってきた。
 恐らくこれは、スラがやったと取っていいだろう。
 確かスラのスキルにはファイアと言うスキルがあった。

 エリルスの記憶によるとファイアとは初位魔法の中で一番スタンダードな魔法で、威力は弱い。
 だが、使い方次第ではかなりの威力になる。

『よくやったな、スラ。』

 スラの事を褒めると、その場で跳ね始めた。
 可愛い生き物だな。
 と思いながらゴブリン討伐を再開した。

 少し歩いていくと、2体のゴブリンが現れた。
 ゴブリンは早速此方に気がついた様で、
 奇声を上げながら片手に持っている小さな棍棒を振り回しながら此方に走ってきた。

 エリルスの記憶のおかげで大体の戦い方はわかっていたので、
 俺はそれを迎え撃つ形でゴブリン達の方に走り出した。
 走りながら両手の短剣を逆手に持ち、
 速度を落とさず勢い良く右手の短剣をゴブリンの頭を刎ねた。

 頭を刎ねられたゴブリンの首からは大量の血がふきでた。
 もう一体のゴブリンはそれを見て怯んでいたが、
 俺はそんな事を気にせずにそのまま、
 流れるように左手の短剣でゴブリンの頭を刎ねた。

 ゴブリンは奇声を発する事なく、消滅して魔石を落とした。

「ふぅ、意外と戦えるもんだな。」

 しっかりと魔石を回収し、
 それから近くにいたゴブリンを3体ほど倒し
 一旦休憩する事にした。

 一応ゴブリンがいない事を確認してその場に寝転がった。
 するとスラがお腹の上に乗ってきた。
 ブニョニョしているから多少重いと思っていたが、
 そんな事は無くまったく重さが感じなかった。

 こいつの体はどうなってるんだ?
 と疑問に思いつつ、
 自分のステータスを確認した。

=============
名前:ソラ=バーゼルド
年齢:15
種族:人間
レベル:5

体力:180
魔力:150
攻撃力:32
防御力:100
素早さ:30
運:11

スキル
魔眼:LvMAX
身体強化:LvMAX

能力
大魔王の加護:Lv MAX

称号
大魔王の弟子
=============


「おおう!?何でもう魔眼のレベルMAXになってんだよ!
 しかも新しいスキルまで……」


 あまりにも早くMAXになっていたので驚いた。
 何故こんなに早くMAXになったのか、
 その原因は何と無くだがわかっていた。

 恐らく、大魔王の加護の影響だろうと。

 取り敢えずレベルMAXの魔眼の力はどんなものか知りたかったので、
 お腹の上にいるスラに向けて魔眼を発動してみた。

=================================
オリジナルスライム

Lv3
1000/1000
950/1000
スキル

言語理解LvMAX
スライム言語を理解するスキル。

ファイアLvMAX
魔力を50消費して炎を出すスキル。威力は弱いが使い方次第ではかなり強くなる。

稀に現れる中立の魔物。生まれながら魔力が高い。
ソラのペット。名前はスラ。スラ自身はとてもこの名前を気に入っている。
==================================

「おお、体力とか見れるようになったのか。
 つかスラって♀だったのかよ!」


 スラの性別に驚きつつ、俺は思いついた。

 それは、魔眼を使って自分のステータスをみたら大魔王の加護についてわかるのではないか?

 と。そう思い、早速魔眼を使いながら自分のステータスを見た。

=============
名前:ソラ=バーゼルド

年齢:15
種族:人間
レベル:5

体力:180
魔力:150
攻撃力:32
防御力:100
素早さ:30
運:11

スキル
魔眼:LvMAX
使い方次第ではすべて見ることが出来る。
身体強化:LvMAX
そのまま。

能力
大魔王の加護:Lv MAX
大魔王エリルス様に聞きましょう。

称号
大魔王の弟子
そのままの意味。
=============

「っておーい!何だよこの雑さ。
 しかも、大魔王エリルス様に聞きましょう。
 って実は魔眼には意思があるのか?」

能力
大魔王の加護:Lv MAX
あります。

「あんのかよ!……まぁいいや。」

 それにしても大魔王の加護について知るにはエリルスに聞く必要があるのか。 でも、エリルスは魔王城いるしな……今度行ってみるか。と心の中で決めた。

 そしてそれから数分後、休憩は終わりだ。
 とスラに言ってお腹の上からどいてもらった。
 それから俺も立ち上がり、ゴブリン討伐を再開した。

・・・・

 ゴブリン討伐を終え、ルネガ王国に戻った。
 流石に門兵などにスラの姿を見られるのはまずいと思い、
 スラには服の中に入ってもらった。
 無事、門兵にも怪しまれること無くルネガ王国に入れた。

 スラには少しの間服の中にいてもらう事にして、
 俺は冒険者ギルドに向かった。

 冒険者ギルドに入ると、若者達が酒を伸びながらワイワイと騒いでいた。
 俺はそれを見ながら、楽しそうだな。
 と誰にも聞こえない小声で呟いた。
 そして、受付嬢の所に向かった。

「あっ、おかえりなさ――って何を隠しているのですか?」

「あっ……」

 俺は失敗したと思った。
 何故なら闇精霊人ダークエルフは5km先までの魔物の気配を感じ取る事が出来る。

 という事はスラを隠しても無意味という事だ。
 だが、スラのため俺は頑張って誤魔化そうと試みた。

「んん?何のことかな?」

「へぇ~白を切るですか。
 いいんですか?正直に言ったら見逃しますけど――」

「はい、このスライムです。」


 俺は見逃すと言う単語が聞こえた瞬間、
 素早く服の中からスラを取り出し、
 受付嬢の前に置いた。

 だが、スラは俺の手を伝って肩まで移動した。
 それを見た受付嬢は少し驚いた様な表情をした。

「これは、珍しい……。
 嘸かし契約は大変だったでしょう。」

「契約なんてしてないが?」

「え?契約無しでこんなに懐くなんて、すごいですね。」

 それから受付嬢はペットにするならしっかり書類にサインしないと駄目ですよ。
 と言い、書類を机から取り出した。

 俺はその書類を10分位かけ、サインした。
 その間に依頼完了の手続きと魔石の変換をしてもらった。

 この書類にサインした事によって、
 スラは正式に俺のペットになり、
 普通に連れ歩いても問題がなくなった。

 俺はスラを肩に乗せて、冒険者ギルドを出て
 昨日と同じ隣の宿屋に向かった。
 宿屋に入ると元気の良いおっさんが

「ちょうど飯が出来た所だ!もちろん今日は食べるよな?」

 と言われたので夕食をいただく事にした。

 椅子に座り、元気の良いおっさんが料理を運んでくるのを待っていた。
 数分後、元気の良いおっさんが料理を運んできた。
 オークのシチュー、ゴブリンの串焼き、米、野菜、
 どれもとてもおいしそうだ。

 そして、元気の良いおっさんはスラ用の料理も持ってきてくれた。
 何て良い人なんだ。

・・・・

 夕食を食べ終わり、スラと共に部屋に向かった。
 流石に昨日も風呂に入っていなかったので、
 今日は入らなきゃと思い、風呂に向かった。

 ちなみにこの世界の風呂は炎系のスキルによって常に清潔で温かいお湯が補充され続けている。

「ん?」

 服を脱ぎ、風呂に入ろうとしたらスラがついて来たので一緒に入ることにした。

 スラを抱きかかえながらお湯に浸かった。
 スラは気持ちよさそうにしてたので、
 放してあげるとプカプカと浮きながら気持ちよさそうに泳いでいた。

 俺はお湯に浸かりながら今日の出来事を思い出していた。
 そして、魔眼には意思があった事を思い出した。

 ちょっと、話してみるか。

 そう心の中で呟き、魔眼を発動した。
 魔眼を発動しながら曇っている鏡を見ながら話しかけた。

「お前は何者だ?」

 と鏡に向かって言った。すると鏡に文字が浮き上がってきた。

――エリルス様がソラ様に名を授けた時に生まれた。
  悪魔です。

「悪魔か……なるほど。じゃあ次の質問だ。
 お前はどこまで見える?」

――使い方次第ではすべてが見えます。

「使い方次第とは?具体的に。」

――簡単に言うとソラ様が私を支配出来ればすべてを見ることが出来ます。

「支配だと?支配なんてできるのか?」

――はい。ですが支配するには私にソラ様の事を認めさせる必要があります。

「どうすれば認めてくれるんだ?」

――そうですね。
  では、エリルス様と勝負をしてみてください。

「は?エリルスと?あいつは大魔王なんだろ?
 勝てるわけないだろ。」

――別に勝たなくても良いです。
  ソラ様は勝負するだけで良いです。
  それを見て私は認めるかどうか決めます。

「勝たなくても良いか……。
 まぁ、どの道エリルスには聞きたい事があったから丁度いいか。
 じゃあ、明日から魔王城に向けて出発する。」

――明日からですか。随分とはやいですね。

「ああ、早くすべてを見てみたいからな。」

・・・・

 明日から魔王城に向けて出発すると決め、風呂を上がった。
 そして、スラと一緒にベッドの中に入り――ラブラブな展開に――はならず、そのまま寝た。

 翌日、昼近くに起きて、
 魔王城に出発する準備のために色々な店に行き、
 食べ物とそれを入れるリュックを買った。

 そして、大体の準備を完了させ、
 冒険者ギルドに向かった。
 冒険者ギルドに入ると受付嬢が元気良く手を振ってきたので手を振り替えした。

 道中で終わりそうな依頼は無いかなと思い掲示板を見た。
 だが、それらしい依頼がなかったので何も受けずに冒険者ギルドを出ようとしたが、受付嬢に止められた。

「待ってください。」

 受付嬢は此方に小走りで寄ってきた。

「はい?」

「旅に出るのですか?」

「え、何でわかった!?」

「そんな感じがしただけです。どこに行くのですか?」

「ちょっと、魔族の国まで。」

 魔王城とは言わずにあえて魔族の国といった。
 理由は簡単だ。
 魔族の国には少数ではあるが悪魔以外の種族が住んでいるからだ。
 そこにいる友達に会いに行くと言えば、何とか誤魔化せる。

「魔族の国!?どうしてそんな危険な所に?」

「ん~、色々あってね。まぁ、友達に会いに。」

「……そうですか、これ以上の詮索はマナー違反なのでやめておきますね。
 でも、最後に自己紹介だけさせてください。
 私の名前は――リーザ = キャンベルと言います。」

「そ、そう。よろしく。」

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く