勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

大魔王様とソラ

 永遠と続く暗闇の中、急速に落下していく。
 何も出来ずに落下していく。
 唯一出来る事といったら憎む事位だ。
 このまま憎む事しか出来ずに死ぬ。

 嫌だ。嫌だ。こんな死に方だけは絶対に嫌だ!
 このまま死ぬならせめて
 ――痛みと死の恐怖に耐えながら俺は最後の力を振り絞って大声で笑った。

――ハハハハハハハハッグハ……ッハハハハッハッ!

 何度も血を吐いた。だが笑う事をやめなかった。
 憎んで死ぬより笑いながら死んだ方がマシだと思ったからだ。
 だから俺は笑った。

 痛みで気を失いそうになっても笑い続けた。
 声がカッスカスになっても笑い続けた。

――ッ……

 そしてついに声が出なくなった。
 だが、それでも俺は笑う事をやめなかった。
 例え声が出なくても表情は笑い続けた。
 やがて意識が薄くなり視界もぼやけ、
 最後になってあいつ等の事を思い出す。

 無事でいてくれよ。

 そう心の中で呟き、笑顔で目を瞑った。
 後は只死を待つのみ――だが、
 痛みや光を失った時にその感覚は不意に訪れた。

 優しく暖かい何かに包まれた。
 これが死の感覚なのかは分からない、
 だが、今の俺にはその感覚が心地よく、
 優しく暖かい何かに身を任せた。

 身を任せ時間が経ったが、俺の意識がなくなる事はなかった。
 意識がなくなるどころか痛みが消えていき、
 体が楽になってきた。
 不思議な感覚に驚き、目を開けるとそこには――女性の顔があった。

「え?」

 声が、出た。
 だが、そんな事なんてどうでも良い。

 暗闇の中その女性の髪は輝いているかのような明るい銀髪、
 何もかもを魅了してしまいそうな紫眼をしている。
 どうして目の前に女性の顔があるのか理解するのに数秒掛かった。

 俺は今、膝枕されているのだ。 
 急速に落下していたはずだったが、
 何故か落下は止まっていた。

 何故、膝枕されているのか、この女性は誰なのか、
 どうして傷は治っているのか、
 色々な疑問が頭の中で飛び交っていた。

 俺が混乱していると女性はニッコリと微笑み、話しかけてきた。

「いや~、ビックリしたよ。
 まさか亜空間に人間がいるとはねえ~。
 しかも瀕死の癖にいきなり笑い出すしね~
 やっと静かになったと思ったら勝手に死のうとしてるし~
 もうビックリだよ~」

 女性の声はとても優しく、
 聞いているだけで幸せな気分になる
 そんな声だ。

「何……」

 知らぬ間に傷は治っていたが、
 俺の体力は限界に近かった。
 本当は色々と聞きたい事があったが、
 俺はそのまま眠ってしまった。

「ちょっと~、聞いてる?おーい――」

・・・・

 ピヨピヨと鳥の鳴き声が聞こえる。
 太陽の光が、体を照らした。
 体全身が温かい光に包まれ幸せな気分になったが、
 はっ!と何かを思い出したかの様に目を覚ました。

 目を覚ましたばかりでボーとする意識を
 無理矢理起こし両腕を使い、
 体を起こし立ち上がったが、
 ふらついてしまい尻餅をついてしまった。

「いてて、ここは――」

 尻餅をつき、痛めたお尻を撫でながら周りを見渡す。

 周りは青々とした植物が沢山生え、
 近くには太陽の光を反射してキラキラと輝いている川が流れており、
 その周りには小さな鳥がいた。

「あれ?確か、亜空間にいて――」

 先程まで居た場所とは似も付かない場所に驚き、
 独り言のようにぶつぶつと呟いた。

「おっ!目が覚めたんだね~。」

「っ!」

 いきなり声を掛けられビクッ!となったが落ち着き、
 声がした後ろの方を振り向いた。

「あっ、」

 そこには、亜空間で見た銀髪で紫眼の女性がいた。

 今、女性を改めて見て思ったがとてもスタイルが良い。
 ボンキュッボンだ。

 さらに、よく見ると女性からは尻尾が生えていた。
 尻尾には驚いたが、表情には出さず心の中にしまった。
 大きく深呼吸をし、女性に何と声を掛けようか考えた。
 そして三つの案が出た。

1、ここはどこですか?

2、あなたはだれですか?

3、助けてくれてありがとう。

 1と2は行き成り聞くのは失礼だろう。
 ここはまずお礼をすべきだ。と考え。
 3の助けてくれてありがとうにした。

「助けてくれてありがとう。」

「あはは~、礼を言われたのは久しぶりだな~
 しかも行き成り礼を言ってくるなんて~
 もっと違う事を言ってくると予想してたんだけどな~
 うん~やっぱり君を助けて正解だったよ~」

 よし!第一印象は完璧だ。
 次は……何を聞けばいいんだ!?
 くそっ、いつもならポンポンと出てくるのに、
 どうして出てこないんだ!
 よ、よし、取り敢えず自己紹介をしよう――

「我の名はエリルス=バーゼルド、大魔王をやっている者だよー」

 くそっ!先を越された!!つか大魔王だと!?
 確か魔王を倒せば元の世界に返れるって……あの女王くそ嘘をついたな!

 魔王倒しても大魔王いるんじゃ意味ないじゃん! 
 ま、いいや。どうせ俺は勇者・・ではないのだから。

「俺の名前は高理ソラだ。」

「コウリソラか~君、もしかして勇者なの?」

 なっ!?
 名前を聞いただけで分かったのか?
 いや、当たり前か。
 この世界からしたらおかしな名前だもんな。

「それは……説明すると長くなるがいいか?」

 俺は、一から説明すると結構長くなると思ったので一応聞くことにした。

「ん~長いのか~、じゃあ今からソラの中を覗かしてもらうね~。」

「は?」

 エリルスはそう言うと紫眼で此方をジーと見てきた。
 すると不思議な感覚に包まれクラクラとして倒れそうになったが、
 頑張って立ち続けた。

 そして数十秒後。

「ふむふむ~なるほどね~。女王にも神にも見捨てられた人間か~
 あはは~これは面白いね~。
 そうだっ!ソラに我の名を授けよう。」

「名を授ける?どういう意味?」

 俺は名を授けると言う事の意味がわからなかったからエリルスに聞いた。

「んとね~簡単に言うと~
 ソラ=バーゼルドになるんだよ~
 さらに~我の加護がつくよ~。」

 ソラ=バーゼルドか……ソラ=コウリよりカッコいいじゃないか!!
 やったね、しかも加護もつくなんて!
 この大魔王様中々良い奴だ!

「是非ください!!」

「まあ~神の加護ではないけどね~それでもいい~?」

 神の加護?あの憎たらしいショタ神の?ふざけるな。

「神の加護なんていらない、
 だって俺はそのうちあの ショタ神野郎をぶん殴るからな。」

「あはははは~最高だねソラは~よし~では今から名を授けるよ~
 名を授かった瞬間我の記憶が大量に流れてくると思うけど~
 頑張って耐えてね~
 気を失ってもしっかりと守ってあげるから安心してね~
 じゃあいくよ――」

「っ!?」

 突然、頭の中に大量の記憶が流れ込んできた。
 記憶の中にはエリルスの過去、今までの行いなど色々な事あった。

 数分たったがまだ大量に記憶が流れ込んでくる。
 頭が割れそうな位痛い。

「うっああああ――っ!」

 俺は叫びながら頭をおさえ、耐えた。
 何度も意識が飛びそうになったが、ひたすら耐えた。
 別に気を失っても問題ないが、
 それは俺のプライドが許さなかった。

 そして数十分後――


「あ……あれ?痛みがなくなった。」

 突然痛みが無くなり、思わず口に出してしまった。

「おお!耐えたかのか~すごいなソラ~」

 俺は何とか耐え抜いたようだ。
 そして、今の俺の頭の中にはエリルスの記憶がある。

 エリルスの記憶のおかげでこの世界のことがわかった。

 まず、大魔王エリルスの事だ。
 エリルスは昔、この世界に生まれた一人の悪魔だった。
 だが、彼女の力は圧倒的な物で他の悪魔達とは比べ物にならなかった。
 そして、気がつけば彼女は大魔王になっていた。

 そして数百年前彼女は先代勇者達によって亜空間に封印され
 亜空間に封印されている途中女王が現れ、
 先代勇者達は――女王の命令で自害した。

 先代勇者達は女王からもらったペンダントを装備していて、
 そのペンダントの能力、絶対服従によって逆らうことができず自害した。
 その光景を最後にエリルスは亜空間に封印された。
 そしてそれから数百年後封印が弱まり、
 封印をやっと解くことが出来たエリルスは亜空間の中をさ迷っていた。

 そして――亜空間に一人の少年が現れ――今に繋がる。

 ん?あの女王って一体何歳なんだ?
 少なくても100歳は超えてるよな……
 エリルスの記憶によると神の加護があれば長く生きられるらしいけど……
 あの女王、見た目と年齢釣り合ってないじゃないか。
 見た目まで嘘つきやがって。

 他にも色々な魔物や国の名前などわかった。

「で~これからソラはどうするの~?」

「……取り敢えず、レベルを上げないとね。」

 俺のステータスは雑魚に等しかったので、
 取り敢えずレベルを上げてステータスを向上させようと思いそういった。

「そっか~、じゃあ暫くお別れか~
 私はこれから魔王城に戻るから~
 暇なとき遊びにきてね~何時でも歓迎するよ~」

「魔王城か……わかったよ、そのうち遊びに行くよ。」

 俺は魔王城と聞き、
 少し怖いと思ったがエリルスがいるなら安心だなと思ったのでそのうち遊びに行くと答えた。

「うん~楽しみにまってるよ~じゃあね~」

 エリルスと別れた後、取り敢えずステータスを確認してみた。

=============
名前:ソラ=バーゼルド
年齢:15
種族:人間
レベル:1

体力:100
魔力:60
攻撃力:20
防御力:50
素早さ:20
運:10

スキル


能力
大魔王の加護:Lv MAX

称号
大魔王の弟子


=============


 ん?加護と称号がついているけど、
 何も変わってないな。
 レベルを上げたら変化するのかな?


 そう思い、レベルを上げるために近くにスライムが出現する草原向かった。
 地図などはもっていないが、
 エリルスの記憶のおかげでスラスラと道がわかる。
 そして、草原に向かっている途中に重大な事に気がついた。

 武器が――ないのだ。
 今の装備は制服、靴、素手。
 こんな感じだ。

「ま、まあスライム位だったら素手でいけるでしょ……」

 そんな事を呟きながら草原に向かった。
 草原に着くと地面から突然透明な物体が沸いてきた。
 その透明な物体の中には赤くてひし形の石があった。
 その石は心臓みたいにドクンッドクンッと動いていた。

 あれは、確か――エリルスの記憶を辿った。
 そして、あれは魔石と言う物だとわかった。
 魔物の中には必ず魔石が入っており、
 それを取ると魔物は消滅する。魔物によっては素材を剥ぎ取れるらしい

 魔石の取り方は単純で、
 魔物に一定のダメージを与えれば魔物が魔石になるらしい。
 だが、その魔石を放置しておくと魔物が復活するらしい。

 ちなみに今、目の前にいる透明な物体はスライムだ。
 レベルは3ぐらいが平均らしい。

 スライムは俺の存在に気づいていないので、チャンスだと思い。
 姿勢を低くして近くに生えている草に隠れて、
 息を潜めタイミングを見計らう、

 そして、スライムが後ろに進んでいくのを確認して
 今だ!と思い飛び出し、そのままの勢いでスライムの中に手を突っ込み、

 心臓の様にドクドクと脈打っている魔石を鷲掴みにしてスライムの中から引っ張り出した。

 スライムはベチャと音を立てながら消滅した。

「ふぅ、やっぱ素手で何とかなったな。
 でも、流石に一体倒しただけじゃレベル上がらないよな。」

 そう思ったので、
 それから10体ほどスライムの中に手を突っ込み魔石を引っ張り出して倒した。 
 そして、ステータスを確認して見た。

=============
名前:ソラ=バーゼルド
年齢:15
種族:人間
レベル:2

体力:120
魔力:90
攻撃力:25
防御力:55
素早さ:22
運:10

スキル
魔眼:Lv1

能力
大魔王の加護:Lv MAX

称号
大魔王の弟子
=============

「能力全然あがってないな……でもスキルが増えてるぞ。
 えっと、魔眼だと!?
 遂に俺の目が覚醒する時が来たようだなっ――魔眼発動っ!」

 俺は魔眼と言うスキルを見て厨二心がくすぐられ、テンション上がった。
 そして、近くに沸いて出てきたスライムに魔眼を発動してみた。

======
スライム
Lv3
スキル
======

 と、ボンヤリとだが、目の前に浮かんだ。

「おぉ、レベルと名前とスキルがわかるのか。
 魔眼のレベルを上げればもっと詳しく見れるのかな?」


 そう思い、エリルスの記憶を辿った。
 やはり、魔眼のレベルを上げると詳しく見れる様になるらしい。
 これは他のスキルでも同じでレベルを上げると効果が上がるらしい。

 ついでに、大魔王の加護についての記憶を辿った。
 だが、その記憶は存在しなかった。
 恐らく大魔王の加護自体俺が初なんだろう。

 さて、もう少しスライムを狩ったら
 宿を探しに近くの国に行くか。

 辺りが薄く暗くなって来て、
 俺は流石に野宿はしたくないなと思い心の中でそう呟いた。

 それから20体ほどスライムを倒し、近くにあるルネガ王国に向かった。

 ルネガ王国は、周り全体が壁に覆われており
 中の様子が全く分からない。
 唯一穴、出入り口には門兵らしき人物が立っていた。

 俺がルネガ王国に入ろうとしたら門兵らしき人物に捕まった。
 まあ、予想はしてたけど。

「身分証明書か身分を証明出来る物を持っているか?」

 と、聞かれたのでステータスを見せようと思ったが、
 それはダメだと判断した。

 大魔王の加護とかみられたら絶対にまずいだろう。
 と思ったからだ。そ
 して、ここはテンプレらしい言葉で何とかしようと考えた。

「実は遠くの村から来まして、身分を証明する物はもってないです……」

「あー、そうか。遠くの村って言えばネドル村か?」

 ネドル村?そんな村はエリルスの記憶には存在しない村だった。
 そこで俺は考えた。この門兵は俺の事を試しているのでは?と。

「ネドル村?そんな村は知らないです
 。俺の住んでいた村は恐らくそこよりも遠い所にあると思います。」

「そうか、よし。入っていいぞ。
 身分証が無いならギルドに行ってギルドカードでも作ってもらうといいぞ。
 無料だしな。」

「そうですか!ありがとうございます。」

 やはりこの門兵は俺の事を試していたのか。
 まあ、いいや。取り敢えず魔石をお金にかえないとな。
 えっと確か魔石は……冒険者ギルドか。
 どの道行く予定だったから丁度いいな。と思い、冒険者ギルドに向かった。

・・・・

クラスメイト編

 ソラと別れたかおる達は別の部屋に移った。
 別の部屋では、部屋や食堂の説明がされた。
 それから、一旦解散になりクラスメイト達はそれぞれの部屋に向かった。

「かおるさんと凛さんは後で私の部屋にきてください。あと奈央さんも。」

 と、結が言った。
 すると、かおると凛は頷いていたが奈央が文句を言ってきた。

「あ?何でだよ。」

「ソラの事で話があります。」

「……わかったよ。」

 奈央はそういいながら自分の部屋に向かった。
 すると、かおるが不満そうな表情している様だった。

「何で奈央も誘ったんだよ。」

「ソラに頼まれましたので。」

「そうなのか……」

 それから皆部屋に向かった。
 部屋の中には大きなベッドがあり、風呂など色々な設備が充実していた。
 結は大きくため息をついてベッドの上に座った。

「我が友よ……どうか無事でいてくれ。」

 結が部屋の中に入ってから数十分が経った。
 すると、誰かが部屋のドアをノックしてきた。
 結はベッドから立ち上がり部屋のドアに近付いてドアスコープを覗いた。

 そこには、奈央が立っていた。
 奈央の事を確認した結はドアを開けて奈央を部屋の中に入れた。

 奈央は部屋に入った瞬間に結にソラの事を聞いてきた。
 だが、結は答えずに、皆来たら言いますと言った。
 奈央はあまり納得のいかない様な顔をしながらベッドの上に座った。

 それから数分後、また部屋のドアがノックされた。
 結が確認すると、かおるが立っていた。
 かおるを部屋の中に入れて、
 取り敢えずベッドの上に座ってもらい、
 凛の事を待った。

 数分後、凛がやってきた。

 結は全員来たことを確認し、
 大きく深呼吸をしてソラについて話し始めた。
 まず最初にソラのステータスの事を話した。
 その次にソラがこっそりと結に伝えていた事を皆に伝えた。

「ソラさんは、あの女王が色々と説明している中私の耳元でこう言ってました。」

『我が友よ、
 このままテンプレ通りに進んでいくと恐らく俺はこの国から追放されるだろう。
 そしてこの後、俺は女王に呼び出される。
 まあ予想だがな。
 それでだ、もしも俺が戻ってこなかったら俺は追放されたと
 かおると凛と奈央に伝えてくれ。
 それと、女王には逆らうなよ。
 あいつは俺達を利用しようと考えているはずだ。
 だからチャンスが来るまで耐えるんだ。
 そしてチャンスがきたらあいつにギャフンと言わせてやれ。』

「と、言ってました。
 恐らく先ほどの説明の時にソラさんはいなかったので、
 この国から追放されたと判断していいでしょう。」

 結の言葉を聞いたかおると凛はしばらく唖然としていたが、
 奈央だけは平然の顔をしていた。それに気がついた結は奈央に話しかけた。

「奈央さんはあまり驚かないんですね。」

「ああ、別に驚かないさ。あいつらしいとしか思わないね。
 それに、あいつの事だから例え国から追放されても死なないさ。」

 その言葉を聞いて先ほどまで唖然としていた二人も『そうだよな。』といっていた。
 それから4人はこれからどうするか話し合った。

 話し合った結果、ソラの事は4人の内緒にして
 取り敢えずソラに言われた通りに女王に利用され、チャンスをうかがう事にした。

・・・・

 翌日、クラスメイト達は昨日と同じ巨大な天使らしき像がある部屋に集められていた。
 かおる達は一応ソラが居るか周りを見渡したがやはりソラの姿はなかった。

 他のクラスメイト達もソラが居ない事に気が付き、
 若干ざわつき始めると同時に勢い良く木のドアが開き
 女王が入ってきた。
 そして、何やら思いつめているかの様な表情をしながら皆の前に立った。

 そんな女王の表情を見て、
 クラスメイト達はざわつくのを止め、
 真剣な眼差しで女王を見た。

 そして、女王は大きく深呼吸をして語り始めた――

「勇者の皆様にとても大事なお話しがあります。
 既に皆様はこの場にソラ=コウリが居ない事はお気付きになっているでしょう。」

 クラスメイトの数人が首を縦に振った。

「今から話すことは他言無用でお願いします
 ――ソラ=コウリは私たちを“裏切り”ました。」

 女王がそういうと、クラスメイト達はざわつき始めた。
 そして、一人の少年が声を上げた。

「詳しく聞かせてください。」

 少年の言葉を聞き女王は口元を緩めニヤリと笑った。
 大半のクラスメイト達は気付いていなかった様だが、
 かおる達はそれを見逃さなかった。

「昨日、皆様が部屋を移る時、
 ソラ=コウリには話があるためこの部屋に残ってもらいました。
 ここまでは皆様も知っているでしょう。
 ですが、皆様がこの部屋から消えた瞬間ソラ=コウリは突然暴れだし、
 近くにいた兵士から武器を奪い私を人質にして兵士達を脅し、
 金貨などを奪いこの国から逃走しました。
 これは許されない事です!例え勇者――」

 女王が話している途中、かおるは拳を強く握り震えていた。

「ふざけるな、ソラは――」

 我慢の限界が来てかおるが女王に文句を言おうとしたが、
 咄嗟に結に口を押えられ言葉を封じられた。

 そして結は小声で
 『ソラはそんな人では無いことぐらいわかっています
 ですが、今は耐えてください。昨日話し合ったじゃないですか。』
 と言い、口から手を離した。

「ああ……ごめん。」

「――ソラ=コウリにはキツイ罰を与えなければいけません。
 ですが、今、生きているかはわかりません。
 万が一見つけた時は、
 勇者の皆様、国を守るためと思ってソラ=コウリを捕まえてください。
 最悪の場合、生死は問いません。」

 こうして、ソラの知らない間にクラスメイト達はソラの敵となった。

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く