人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件

イエ介

第30話 あの森に後戻りな件

「…………以上の成果をたたえ、翔太一行にこれを与える」

 白髪のおじさんが、そう言って俺に5つの箱を渡してきた。

「ありがとうございます」

 そう言って、俺はその箱を受け取った。

 ……長かったなあ、ここまで。列が長すぎるんだよ。

 とまあ、ついに俺たちはクエストの報酬を手にすることができたわけだ。

「次!」

 白髪のおじさんがそう言った。
 それを合図に、列が動く。
 報酬をもらった俺たちは、その声をきくと、その場から立ち去った。

 ………結局、アリサにはバレなかったようだな。

 あの後、びくびくしながら列にいたのだが、特に何か起きたわけでもなかった。

 俺は安堵し、その場で息を吐いた。

「あぁ〜、良かったなぁ、バレなくて」

「誰にバレないって?」

「ヒイッ!?」

 突如、背後から聞こえた声に、俺たち一行はすごい勢いで振り向いた。

「あ、アリサァ!?」

 ルイが驚愕の表情で叫んだ。

「やっぱり、相変わらず反応だけは変わらないぜ。ルイは」

 不敵に笑みを浮かべるアリサ。

 すると、アリサは右手を俺たちに向かってかざした。

「私はお前らを許さない。犯罪者は抹殺だぜ」

『ピカッ!』

 ぐっ!眩しい!

 突如、俺たちは白い光に包まれた。眩しくて、目が開けられない。

「どういうことだよ!おい!」

 俺はアリサに向けて思い切り叫んだ。
 俺の問いに、アリサは淡々と答えた。

「それは、あっちに着いてから話すぜ」

 ………あっち?

「うお!?」

 白い光が一段と明るくなったと思ったら、すぐに消えた。

「うぅ〜……目が痛いのだ〜」

 俺も目が痛くてまともに前が見えない。

「今のがアリサ……!」

 シリアが怯えた声で言う。

 見えずらかった視界もだんだんと鮮明になっていき………。

「なっ!?」

 目の前の光景に、俺は目を疑った。

「ここは……!」


〜トールフォレスト〜


 そう、俺たちは、前にいた森に戻されたのだ。

「はっははははは!」

 目の前でアリサが大口を開けて笑っている。

「くっそ!何が目的だ!」

 俺が怒鳴りつけても、アリサは動じない。
 それどころか、余裕さえ見えた。

「目的?そんなの決まってるぜ?」

 すると、シリアは俺に人差し指を向けて言った。

「寺尾翔太。お前を殺すことだ」

「人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • 89@189760

    頑張って下さい〜

    2
コメントを書く