人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件

イエ介

第29話 神?そういえばそんな奴もいた件

「………アリサがいるみたいなんだけど?」

「……………………。」

 俺が告げた言葉に、ルイたちは表情を変えることなく黙り込んだ。

 5秒ほどの沈黙の後、ルイがようやく口を開いた。

「ははは……翔太さん、やめてくださいよ、もお………」

 ルイの表情は引きつっていた。まさか、と言いたげにダラダラと汗を垂らして。

 シリアも引きつった笑顔で続ける。

「あははは………。お兄ちゃんったら、面白い冗談を言うね………」

 おお……。お二人とも、ものすごく目が泳いでおりますぞ?

「あは、あはははははははは」

 俺たち3人がハハハと引きつった笑顔で笑い合っていると、状況が分からないリーナとリノが、俺たちの奇行に首を傾げた。

「……どうしちゃったの?三人とも……?」

「様子がおかしいのだ。アリサって誰なのだ?」

 うん、そうか。分からないもんな、お前ら。

「えーとだな…………」

 俺はアリサがどんな人なのかということについて説明をした。
 説明を終えると、二人が声を揃えて言った。

「「五本指に入るほどの魔法使いであるアリサに翔太が狙われているー!?」」

 うん、簡潔なまとめをありがとう。
 そう、俺は今アリサに狙われているのだ。

 ああ、思い出したくもない。あんな惨めな俺。

 俺は嫌な思い出を思い出し、頭を抱えた。

「余裕でしょ、そんなの」

「?」

 突如リーナがそんなことを言った。それはもう偉そうに。

 リーナは腕を組みながら続けた。

「余裕だっつってんの。そんな奴」

 リーナはリノの肩に手を置いた。
 そして、リノと顔を見合わせてから言った。

「あたしらを誰だと思ってんの?神様よ?か・み・さ・ま。たかが人間ごときに負けるわけないでしょ」

 ケラケラと笑いながら言うリーナ。
 それにリノも続けた。

「そうなのだ!あたい達にかかれば、ちょちょいのちょいなのだ!」

 とても頼もしい二人だった。
 二人はニコッと俺に笑顔を向けてくる。 

「お前ら……!」

 俺は二人の顔を見つめた。

「そうそう、あたしらを頼ればいい……」

「お前らそういえば神だったな。神っぽいことあまりしてないから忘れてた」

「「おい!!」」

 二人から威勢のいいツッコミが返ってきた。

 だってさ、本当にそうじゃん?

 確かにリノは助けてくれたよ。それは良いとしてさ、リーナに関しては何もないじゃん?

 二人が揃って俺に顔を近づけながら睨んでくる。

 俺は二人に圧倒され、一歩後ずさった。

「わ、悪かったって。謝るから許してくれ。な?」

「はあ!?あたしから神をとったらキャラが目立たなくなるじゃない!」

 そういうメタい事を言うなバカ!

「あたいなんて翔太を助けなかったカ!?」

 俺に驚きの表情を向けるリノ。
 俺はリノをなだめる様に言う。

「ごめん!リノに助けてもらったのは本当に感謝してる!」

 俺は手を合わせながら頭を下げて謝った。

「べ、別にそこまでする程ことでもないのだ……」

 リノが動揺しながらあたふたとしている。可愛いな。

「ねえ」

「ん?」

 リーナに腕をつつかれた。

「……あたしは?」

「お前は特に何もしてない」

「ええ!?」

 バッサリ言ってやった。

 つーか、ええ!?ってなんだ!お前自覚してないのか!?何もしてないこと!

 リーナはまだ分からないといった様子であごに手を置いている。

「………あたし、役に立ってるわよね?」

「立ってないです」

 こいつマジで自覚ないのか。すげえ殴りたい。
 それでも納得していないリーナは続けた。

「………この世界に召喚してあげたのあたしだし」

 それお前が勘違いしたからだよね?

「………あたしみたいな美女がずっとそばにいてあげてるし」

 ごめん、お前荷物にしかなってない。

「………能力だってあげたし」

 それお詫びだからね?俺もらって当たり前だからね?
 つーか、使い方すら教えて貰ってないからね?

「………はあ」

 俺は重いため息をついた。

「人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • 89@189760

    更新頑張って下さい

    3
コメントを書く