人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件

イエ介

第28話 あいつが再び現れた件

「うっわぁ……。なんだこの行列……」

 俺たちは今、役所内にある報酬をもらう所にいる。いるのだが……。

「こりゃ相当時間かかりそうだな……」

 そう、行列なのである。それはもう物凄い数である。

「何よこれ!どんだけ並んでるわけ!?もう帰りたいんですけど!」

 リーナがそう言いながら、前を並ぶ人たちを睨みつける。なんてしつけのなってない子なんだろう。すげえ恥ずかしい。
 そんなリーナを、ルイお姉さんが鎮める。

「リーナさん!ダメですよ!静かに待ってないと!」

「だって!だ……だって……」

「だってじゃないです!静かにしててください!」

「………すみません」

 リーナが落ち込んだ様子で肩を落とした。
 そんなリーナの頭に手を置いてやるルイ。

 な、なんじゃ今の!リーナが「……すみません」だとぉ!?んなばかな!ルイ様まじ神!

 俺がルイにうんうんと頷きながら感心していると、ルイが俺の方を見た。

「……な、なんですか?」

 恥ずかしそうに顔を赤くするルイ。可愛い。

 なんだこの子。これがいわゆる完璧美少女ってやつか。

 ……いや、違うな。こいつ天然だったわ。

 俺はつま先立ちで列の最前列を覗き見た。
 俺と同じくらいの歳の男が、賞状のようなものを受け取っている。
 おそらくあれが報酬だろう。

「……一人一人に渡すのが長いからこんなに列が長くなってんのか……」

 はぁ……。さすがにずっと立ったまま動かないのはきついな。

 ふと横を見る。

「ううぅ……疲れたのだ〜」

 俺の隣にいたリノが、泣き目でつぶやいていた。
 なんだこいつ。あんだけ強いくせに、体力はないのか?

 と、リノが俺の体にもたれかかった。

「もう無理。翔太、おぶってくれなのだ〜」

 リノが上目遣いで言ってくる。
 うん、可愛い。

 しょうがない。

「よし、分かった。おぶってやるよ」

「サンキューなのだ!」

 リノがぱっと表情を明るくさせ、弾んだ声を出した。
 うん、可愛い。

 これはあくまでしょうがなくだ。別に可愛いからとかそんなんじゃない。

 ……そんなんじゃないから、信じてくれ。

 というわけで、俺はリノをおぶった。

「よいしょっと……軽っ!?」

 あまりの軽さに驚いてしまった。こいつ体重あんのか!?

 俺の背中で、リノが「ふぅ〜楽なのだ〜」と声を漏らした。

 ……のんきなやつだな。

 俺はもう一度つま先立ちで列の先頭を覗いた。

「おいおい全然進んでねえじゃん」

 さすがに長すぎるぜ。
 どんだけ待たす気だこの野郎。

 あまりの遅さに、俺はその場でため息をつき………?

 …………。

「…………ちょっと待て」

 俺は再びつま先立ちで前列を覗く。

 …………。

 俺の突然の行動にルイたちが俺に視線をよこした。

 ………うん、どうしよう。伝えた方がいいのかな?

 俺はすっとつま先立ちをやめ、ルイたちに向き直った。

 ルイ達3人が、俺の顔を見るなり首をかしげた。

 そして俺はルイたちに告げた。今まさに起きている危機を。

 それはもう動揺しながらな。

「………アリサが、いるみたいなんだけど?」

「人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • イエ介

    89@189760さん
    ありがとうございます!
    頑張ります!

    1
  • 89@189760

    ルイちゃんまじ天使


    勉強と、更新頑張って下さい
    (っ`・ω・´)っフレーッ!フレーッ!ィェ介‼︎

    2
  • イエ介

    ミラル ムカデさん
    そうですね。
    勉強大事ですもんね。
    でも………正直………勉強したくない。

    1
コメントを書く