人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件

イエ介

第27話 怒り爆発な件

〜オルオブ村、村役場〜


「改めてよろしくな、リノ」

「こちらこそなのだ、翔太!」

 元気よく返事を返すリノ。こいつの見せる笑顔は本当に可愛いものだ。

 俺とリノのやり取りを見ていたルイとシリアも、俺に続いてあいさつした。

「よろしくお願いします、リノさん」

「よろしくね〜、リノちゃん」

 二人のあいさつに、リノも笑顔で返事をした。

 さて、改めてリノと和解した俺たちだが、今どこにいるか分かるだろうか。
 分からないだろうな。

 俺たちは今、このオルオブ村の役所的なところに来ている。

 なぜそんな所にいるかって?

 ふふふ……報酬をもらいに来たのだよ。スライム討伐クエストのな。

「楽しみだな……」

 俺はポツリと呟き、それから辺りを見渡した。
 役所内はとても人が多い。例えるなら、大型デパート店くらいの人口密度だ。

 とても綺麗に掃除されており、洋館のような内装だ。

「何してるんですか翔太さん?早く行きますよ」

「おお、悪いな」

 しばし足を止め、ボーっと役所内を眺めていた俺は、ルイに早く行くよう急かされた。

 ちょっと離れたところでルイ達が喋りながら俺を待っている。

 俺は小走りでみんなのもとに向かった。

「遅いわよ、迷惑人」

「そこまで言わなくてよくね!?」

 リーナがマジ顔で言ってくるもんだから、思わずツッコンでしまった。

 すると、リーナの隣にいたシリアが笑いだす。

「確かに、あれだけ格好良くたんか切っておいて、お兄ちゃん実際何もしてないよね」

「ぬあああああ!!それを言わないでくれええええ!!」

 そう、俺、寺尾翔太は、スライム討伐の際、格好良く出てったは良いものの、特に何もできていないのである。

 くそっ!それだけは忘れようと頑張ってたのに!

「これだから迷惑人は」

「言い返せないのが悔しいわこの野郎!」

 リーナに見下される俺。くそむかつく。

 はあ……。何で俺はこんなに弱いんだ。くそぅ……。

 俺が泣き目で体を震わせていると、リーナが俺の肩にぽんと手を置いた。

 そして、優しい声でこう言った。

「翔太。あんたの気持ちくらい分かってるわよ。私たちを守ろうとしてくれたんでしょ?」

 ……やばい、リーナ先輩優しすぎる。
 俺は我慢できず、ポロポロと涙を流した。

 リーナは優しい声で続ける。

「それでも、ダメな時くらい誰でもあるわよ。大丈夫、いつかできるわ」

 なんなんだ今日のリーナ。さっきまでとは見違えるほど優しいやつだ。

 そして、リーナは言った。

「でもね翔太。そういうの、ありがた迷惑って言うのよw」

 鼻で笑われた。

 うん、もう無理。制御不可能。寺尾、いきまーす。

「さっきまでの感動返しやがれやーーーー!!」

「ゴフッ!!」

 俺は思い切りリーナの腹に拳を叩き込んだ。
 床に倒れこんだリーナがピクピクと震えている。

「あんたねぇ、女に手え出すとか頭いかれてんじゃないの!?」

 怒りの形相で言ってくるリーナ。

 そんなリーナに俺は言い返す。

「うるせえ!大体いつもいつも俺をムカつかせやがって!ここまで耐えた俺を褒めて欲しいくらいだ!!」

 ぎゃあぎゃあと言い合う俺とリーナ。
 そんな俺たちを、周りを通る人たちが冷たい目で見ている。無論、ルイ達も含めてだ。

「……もう行きましょうか」

「お兄ちゃんとリーナは置いてこう」

「それが賢明な判断なのだ……」

 いまだぎゃあぎゃあと言い合っている俺たちを置いて、三人は去って行った。

「人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • イエ介

    89@189760さん
    ありがとうございます!
    更新頑張ります!

    0
  • 89@189760

    面白いです更新頑張ってください

    4
コメントを書く