人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件

イエ介

第25話 出会った少女が強すぎた件

「さあて、始めようか!」

 俺は目の前のスライムの大群にビシッと人差し指を突きつける。

 いやあ、それにしても、改めて見るとすごい量だな。
 今俺の視界に映っているのだけ数えても、100……いや、150匹はいるのではないだろうか。

 俺が何故このような奇行に走ったのか。それは他でもない、シリアを助けるためだ。

 俺はちらりと背後を見る。

「………っ!……!?」

 リーナを除いた二人が、声にならない声で涙目で俺に何かを訴えている。

 おそらく、戻ってこいとでも言いたいのだろう。

 しかし、二人は引き止めたくても、スライムの大群の恐怖に、足が震えて動けないようだった。無論、俺も足が震えているわけだが。

 二人が思っているように、あんたらも、こんな俺に勝ち目は無いと、そうおもっているだろう?

 確かに、俺にこの大群を一人で相手するのはさすがに無理だろうな。

 ……俺に、この能力・・が無ければな。

 アリサとの対決で判明した俺の能力。魔法攻撃を無効化し、その魔法を体力を回復する物に変換する能力。

 そこで俺はある疑問を抱いた。
 何故あの時、アリサは戦いを放棄して逃げていったのか。

 俺のこの能力は、自分でも把握しきれておらず、内容は今も謎のままだ。

 ………だが、もしアリサがこの能力の詳細を知ってたら?

 ルイは言っていた。アリサはこの世界で五本指に入るほどのすごい魔法の使い手だと。

 それほどの魔法使いなら、多種多様な魔法を知っているのではないだろうか?

 そして、俺の能力が、魔法を体力に変換すること以外で使用されると厄介だから、アリサは戦いを放棄して逃げたのではないだろうか。

 俺はこれらのことから、こう推測した。

 俺の能力は、回復以外に攻撃にも使える・・・・・・・のだと。

 もちろん、使い方は分からない。そして、俺が体力を回復したいときに、スライムが魔法攻撃をしてくれるかも分からない。

 比率で表したら、勝ち2負け8、位だろう。
 ほぼ高確率で負け=死亡だ。

 だが、今シリアを助ける方法はこれしかないと、そう思った。

 俺は、やると決めたらやる男だ!

「よっしゃあああ!!かかってこいやスライム共ーー!!」

 俺の咆哮を聞いたスライム達が、明らかに戦闘態勢に入ったのが見えた。

「やってやるぜ、見てろお前ら!不可能なんてもの、俺がぶっ潰してやる!」

『キュウウウン!!』

 一斉に咆哮をあげたスライム達が、俺に向かって勢いよく突っ込んで来た。

 ……って、え?これってもしかして……。

「あ、あれ!?魔法使わない感じっすか!?」

 ああ、やべえ。これ終わるやつやん。

「のおわああああ!!」

 俺は思い切り叫んだ。が、スライムは勢いを落とすことなく突進してくる。

 距離は約10メートル。

 突っ込んでくるスライム達は目と鼻の先だ。勢いは止まることを知らない。

 この時、俺は今更にして死が近づいて来ていることに気がついた。

 今更気づいてももう遅い。心のどこかで、何とかなると思っていた。

 やはり、俺にはダメだった……。仲間を助けてやれるほどの力なんてなかった……。

 俺は……シリアとの約束を守ってやることができなかった。

 翔太の頭に、いくつもの記憶が一気に流れ込んで来る。いわゆる、走馬灯ってやつだ。






『お願い、翔太……た……助けて……!』

 川の流れに逆らうように、一人の少年が翔太に手をめいっぱい伸ばしている。

「………………。」

 翔太は、泣き目になりながら、ただ立っていることしか出来なかった。


「お前に足りないものは、仲間を思いやる心だ」

「…………そんなもの、いらねえよ」






 突如として流れた小学生の頃の記憶。

 自然と涙が溢れて来た。

 その涙は、いくつもの感情が込められていた。

 悲しみ、恐怖、怒り、そして、悔しさだ。

「ごめんな、シリア……」

 俺は情けなく呟く。

 そして、スライムの大群は、俺に思い切り体当たりをかました。体が勢いよくはね、口から血を吐く、地面に思い切り叩きつけられ、やがて痛みを感じなくなり、意識が沈む…………

 はずだった。

『ズゴオオオオン!!』

 スライム達が俺に体当たりをかます直前、突如、物凄い轟音と共に、辺りに大きな砂ぼこりが舞った。

「……な、何が、何が起きた……?」

 突然のことに、状況を判断できない。
 辺りを囲っていた砂ぼこりが消え、視界が確かなものになっていく。

 そして現れた目の前の光景に、俺は息を呑んだ。

「そんな……まさか……」

 なんと、ついさっきまでいたあのスライムの大群が、跡形もなく消えていた。

 それは、元からスライムなどいなかったのでは、と思わせるほどに跡形もなく消えていた。

「ふぅ〜、危なかったのだ〜」

「!?」

 突如、背後から聞こえた声に、俺は驚きの表情を浮かべながら振り返った。

「あたいが居なかったら、お前は死んでたのだ。自覚はあるのカ?」

 そこにいたのは、ふわふわと宙を浮く1人の少女だった。

 背は150cmくらいで、青色の綺麗な髪のおかっぱで、とても可愛い童顔だ。服装は幼稚園児が来てそうなだぼだぼの服で、声が高く、右手には、何やら大きい魔法の杖のような物を持っている。

 俺は、驚愕に両目を見開いたまま、目の前の少女に問いかけた。

「お、お前は、何者だ……?」

 すると、その少女は八重歯を見せて可愛く微笑んだ。

「あたいの名前はリノ。今は迷子の神様なのだ!」

「人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • イエ介

    89@189760
    大変だあ!
    リノちゃん!逃げてーー!!

    2
  • 89@189760

    迷子だって(; ・`ω・´)ナン…ダト!?
    お兄さんのとこに(つ`・ω・´)っオイデ

    4
コメントを書く