人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件

イエ介

第22話 クエストへ向かう件

「……で、啖呵たんか切って出て来たは良いものの、本当にこんな荷物少なくて大丈夫なのか?」

「皆さんこんなもんですよ」

 俺たちは今、とあるクエストを行うためにその場所へ向かっているところだ。

「さっさと片付けて帰ろう?私早く家帰ってゴロゴロしたいんだけど……」

「なら何でついて来たんだお前は……」

「私は楽しみだよ!お兄ちゃんと一緒だから!」

「……それクエスト関係ねえじゃん」

 俺も見た目は気だるげにしているものの、内心はとても楽しみだった。

 なんせ、お金がもらえるんだし。どーせモンスターもルイたちが倒してくれるだろう。

 そんな余裕さえあった。

 この余裕が、後々命取りになるとは、今の俺には想像もしていなかった。






〜ナシング平野〜


「着きましたねー!」

「ここか………って、何もねえな」

 俺たちはここまで、俺のいた世界で言うところの電車で来た。この世界では『ビルディ』と言うらしい。

 ビルディは日本の電車とほぼ変わらないデザインで、料金の払い方、駅のホームもほぼ同じ。だから、乗り方に迷うことがなかった。

 まあ、ビルディの話はこの辺にして。

 俺たちがビルディの改札から出ると、目の前に目を疑う光景が広がっていた。

「こんな所があるのか、この世界には」

 なんと、何もないのである。いやマジで。

 建物が無ければ木もない。少量の雑草が生えているくらいか。

 その割にえらく広い平野だ。

「私もこんな場所は来たことないよ〜」

「私も初めて見る光景ですね」

「そんな事よりもう帰らない?移動で疲れたんですけど〜?」

 なら帰ってろこの野郎。

「と、とにかく早く行くぞ」

 俺が先導して歩き出すと、3人とも俺に着いて来た。1人、ものすごく足取りの重い奴がいるが。

 俺たちが向かっている先。
 それは、スライムの住処である。

 ここ最近、街でスライムに襲われる事件が多発していた。

 基本、モンスターは倒すと自分のレベルを上げる、経験値の元となる「オリジフ」と呼ばれる物に変わるらしいのだ。

 オリジフは、各モンスターによって貰える量が違い、強ければ強いほど、たくさんのオリジフが貰えるらしい。

 つまり、モンスターは恐れられてはいるものの、同時に貴重な物とされている。

 しかし、スライムは多大な被害を及ぼすにも関わらず、倒してもオリジフが全然貰えないらしい。

 ということで、「いっそ住処消し飛ばそう!」的なノリでこのクエストを発行したそうだ。

 俺は思った。
 運営テキトーかよ。
 そんなノリで発行されてもねえ?

 ……まあ、報酬がお高く付くので、それは嬉しいのだがな。

 てな訳で、俺たちはアテもなくこの、何もない平野を歩いていた。

 ……こんなんで本当に見つかるのだろうか。

 俺がさいさきを心配し始めた、その時だった。

「あ!」

 突然、ルイが足を止めて声を漏らした。

「どうしたんだ?ルイ」

「あ、あれ!あれ見てください!」

「……あれ?」

 俺はルイが指を指している方に目をやった。

「………?」

 遠くの方に、何やら洞窟のようなものが見える。
 ……いや、洞窟にしては小さいような気がする。

「もしかして、あれがスライムの住処か?」

 俺の問いに、ルイはコクリとうなずいた。

「……はい。あれが今回のクエストの発生源である、、スライムの住処です!」

「人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • イエ介

    清水裕斗さん、本当にありがとうございます!
    早急に訂正させていただきました。
    これからはこのようなことがないよう、善処していきます!

    0
コメントを書く