人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件

イエ介

第21話 クエストに参加する件

「……ふう」

 俺はリビングのソファーに腰をかけながら、ルイにいれてもらったお茶……この味は麦茶か?まあ、それはどうでもいいが、ソファーで一息ついていた俺であった。

 季節は夏。一週間ほど陽の当たらない森で過ごしていたため、この街、オルオブ村についてから、ようやく夏を感じることができた。

 なにより暑い。暑すぎる。
 どの世界でも夏は暑いのだな。

「どうしたんですか?翔太さん。窓の外なんか見つめちゃって?あれですか、俗に言う、たそがれてるってやつですか」

 テーブルを挟んで目の前に座っているルイが、つまらなそうに俺を見ている。

 あれか、俗に言う、かまちょってやつか。

「ま、そんなとこかな」

 てきとうに返事を返し、また窓の外を見つめる。
 そんな俺の塩対応に、機嫌を悪くしたルイがほおを膨らませる。可愛い。

「もう、翔太さんなんて嫌いです!」

「まあそう怒るなって、可愛い顔が台無しだぜ?」

 かっこよく決める俺。う〜ん、今のセリフ、実にかっこいい。

「キモっ」

「ひでぇな!?」

 急に、俺の隣に座っていたリーナにさげすまれた俺は、泣き目でリーナに訴える。

 まあ、こんな俺たちのくだらない日常はここらへんにして。

 街に来て今日が初日。まだ街のことをあまり知らない俺とシリアとリーナは、ルイに色々と教えてもらった。
 今俺たちがいるのはルイの家だ。一応俺たち3人はルイの家に居候するつもりである。

「そういえば、シリアさんはどこに行ったんですか?」

「あぁ、街の探索に行ってくるー!って言って出てったぞ」

「そうですか」

 ここで話が途切れ、沈黙が訪れた。

 …………。

 俺は沈黙に耐えきれず、一口お茶を飲んだ。

 と、その時だ。

「お兄ちゃーーーーーーーーーん!!」

『ガチャ!』

「「「!?」」」

 勢いよくドアを開けて来たのは、なぜか俺のことをお兄ちゃんと呼ぶ、小柄な美少女、シリアだ。

 シリアの突然の登場に、俺たちは3人して驚いた。

「どど、どうしたんだ?」

 動揺しながら聞くと、シリアは一枚の紙を目の前に片手を突き出す形で見せて来た。

 俺は動揺しながらもその紙に書かれている内容を見る。

「えーと、、今週のクエストの報告?」

「そうなの!」

「どういうことだ?」

 クエストってなんなんだ?さっぱりだな。

 俺が分からないといった表情をしていると、ルイがこのクエストについて説明をしてくれた。

「クエストとはですね………」

 ルイの説明を要約すると、クエストとは、ゲームとかでよくあるやつらしい。
 紙に書いてあるモンスターを倒せば、それに応じた報酬がもらえるんだと。

 このモンスターたちは、この街にとっての害悪で、倒せばこの街を救ったという理由でお金ももらえるそうだ。

 ふむふむ、なるほど。悪い話じゃねえなあ。

「……よし!俺たちもやってみるか!クエスト!」

「そ、そんな簡単に決めていいわけでは……!」

「報酬は早い者勝ちだって!早く行こうよ!」

「めんどくさいわね、全く」

 こうして俺たちは、クエストに参加することになった。

「人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く