人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件

イエ介

第18話 Let's Go!神探しの件

「はあ…どうしてこうなったんだか…」

 俺は今、三人の仲間(一人いらないやつが混じってるが)を引き連れて森の中を歩いていた。

 なぜかって?それはだな…。

「早く歩いてよ〜翔太〜。私早く帰りたいんだよ〜」

「うっせーな!お前の立場分かってんのか!?」

 空から降ってきた、俺の今までで一番嫌いな存在、リーナに急かされた俺は、思い切りリーナを怒鳴りつけた。

 俺たちは今、こいつの頼み(リーナ以外の神を見つけ出す)を受け、神探しに出ていた。
 森を歩いていれば一人くらい会えるんじゃないかという俺の勝手な考えで、森を歩いているところだ。

 俺はリーナを睨みつけながら言った。

「なあリーナ、頼むからタメ口をやめろ。ムカついてしょうがない」

 すると、リーナは嫌そうな顔をしたが、俺の目が笑っていないのを見ると。

「はあ、分かりました。翔太様」

「それで良し」

 なんか子どものしつけみたいになってるんだが。

 すると間もなく、リーナが呆れた表情で言ってきた。

「ねえねえ翔太、なんで町に出ないの?」

 おい、もうタメ口になってるぞこの野郎。

 て言うか、出れるもんなら出たいんだよ。でも、どうやって町に行くか分からないんだよな。

 俺の横を歩いていたルイとシリアも、どうやって町に行くか分からない様子だった。

「ルイは確か迷子になったから分からないんだよな」

「そ、そうです…」

 恥ずかしそうに顔を赤くしてうつむくルイ。可愛い。

「シリアはなんで分からないんだっけ?」

 俺に問われたシリアは、俺の腕を抱きながら言った。

「私は生まれも育ちもこの森なんだよ〜、お兄ちゃん」

 え?どういうこと?これって追及しちゃいけない感じ?

 とりあえず今は流した。

「で、町に行く方法でもあんのか?」

 俺はリーナに挑発するように言った。

 なぜって、こいつ話し方がうざいんだもん。

 ていうか!さっきから俺の腕を抱いてるそこのお前!胸がしっかり当たってんだよ!俺の下半身のブツがおぞましいことになってる!

 内心ごちゃごちゃになりながらも、リーナの返答に耳を傾ける。

「私のテレポート使えばすぐよ」

 ……うん待ってちょっとだけ待って。

 すでに内心ごちゃごちゃしてるのに!さらに大変なことになってるよ!

 テレポート?え?テレポート!?

 俺はリーナに引きつった笑顔で聞いた。

「えーと、リーナさん?テレポートと言いますと?」

「え?翔太テレポートも知らないの?」

「違えよ!そういうことじゃねえよ!」

 驚いているのは俺だけじゃなかったようだ。ルイもシリアも驚きの表情を浮かべている。

 そりゃそうだろうな!それあるなら一人で探しにいけんだろ!

「なんなんだよ……」

 はあ、とその場でため息をついた俺であった。

「人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く