人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件

イエ介

第17話 降ってきた物はとんでもない物だった件

「親方!空から女の子が!」

 こんなセリフを一度は聞いたことがあるだろう。
 だがな、このセリフを日常的に使うことはほとんどないだろう。

 というか、あったら困るがな。

 でもさ、この光景を見て、言わないわけにはいかないだろう。

 今俺の目の前には、空から降ってきた謎の女性が、うつ伏せの状態で地面にめり込んでいる。

「ううぅ……」

 え?なんでこいつ生きてんの?

 突然目の前にめり込んでいる女性が、うめき声をあげた。

 ルイもシリアも驚きのあまり目をパチクリさせている。無論、俺もだ。

 いやだってあり得ないだろ!何!?空から降ってきて生きてる人とか見たことある!?というか!何で空から人間が降ってくんだよ!

 すると、目の前の女性が突然むくりと起き上がった。

「「「いやあああああああ!!」」」

 俺を含め、3人とも驚愕の表情で叫びながら後ずさりする。

 無理無理無理!!何で起き上がれんの!?

「痛ったた、あ〜あ、服汚れちゃったじゃない」

「「「ぎゃああああああ!!喋ったああああ!!」」」

 俺たち3人、ものずごいスピードで近くの木の陰に隠れる。
 そして、3人で木の陰から女性の行動を観察することにした。

 女性は今、汚れてしまった服を手ではたいている。

 白色のワンピースを身につけていて、背は俺と同じくらいだ。茶髪のロングヘアーで、顔は大人の美人といった感じだ。

 そして……なぜか、右手にタブレットのようなものを持っている。

 ああ、察しのいい方はお気づきだろう。無論、俺も気づいている。

 この女、俺をこの世界に理不尽にぶち込んだクソあまだ。

「なんでこの世界に来たんだよ……」

 はあ、とため息をついた。

 俺の目の前で木に隠れながらあのクソ女を観察していたルイとシリアが、俺の発言に首を傾げた。

「ええと…翔太さん、あの方を知っているんですか?」

「ああ、それはもう十分過ぎるくらいにな」

 忘れるわけがない。つーか、ウザすぎて忘れられないんだよ。

「あんのクソ女。何しに来やがった」

 するとシリアが、はっと何かを思い出したように言った。

「クソ女って、もしかしてお兄ちゃんの言ってた外界の人?」

「ああ、そうだ」

 ちなみに、シリアにも俺が別の世界から来たことを説明しておいた。昨日のうちに。

 すると、俺たちの気配に気づいたクソ女が、こっちに歩いて来た。

 って言うか、俺たちあんなに叫んでたのに何で気づかなかったのか……。

 気がつくと、目の前でルイとシリアがブルブルと震えていた。

「大丈夫だよ。俺に任せろ」

 そう言って、俺は身を潜めていた木から出て、クソ女のもとに向かって歩いた。

 すると、俺を見るなりクソ女は驚きの表情を見せた。

「もも、もしかして龍之介さん!?」

「だから違うっつうの!俺は寺尾翔太だ!!」

 この女、またも間違えやがった。

 俺が龍之介とかいうやつじゃないと知った瞬間、この女は肩を落とした。

「なーんだ、龍之介さんじゃないのね…はあ」

 あー、どうしよう。すっごい殴りたい。

 ……て言うか、なんか初めて会った時と雰囲気が違うんだけど。ウザさ増してね?

「ていうか!聞いてよ翔太!」

 おい、いきなり呼び捨てかよ殴るぞ?

「私たちの天界が乗っ取られちゃったのよ!助けて!」

 ああ?助けてだあ?殴るぞ。

 殴りたい衝動を抑えて、俺はこの女に聞いた。

「情報量が多すぎていまいち頭に入ってこない。一個ずつ説明しろ」

 すると、女は、はあとため息をついた。

 ねえもう殴っていいよね?

「だからー………」

 今更だが、この女の名前はリーナというらしい。知りたくもないが。

 とまあとにかく、リーナの説明を要約すると、リーナの仕事場である、俺が連れてこられたあの真っ白の部屋。実はあの部屋はいくつもあって、死んだ人間の行き先を決める部屋なのだそうだ。

 行き先は主に、天界、地獄、別世界、生まれ変わりの四つだと言う。ちなみに俺は、知っての通り別世界だ。

 この行き先を決める部屋が、何者かによって乗っ取られてしまったらしい。そんで、リーナを含めた8人もの神々(一応リーナは神らしい)がこの世界に送りつけられたんだとか。

 んで、リーナの仕事場である天界に帰るには、8人の神の力を合わせないといけないらしい。

 本題は、その神々、8人を一緒に探して欲しいとのことだ。

 この女、説明下手すぎて1時間ぶっ通しで喋りやがった。蹴り飛ばしたい。

「なるほどな」

 だいたいを理解した俺は、顎に手を当てて考えている。助けるべきか、そうでないか。

 俺が悩んでいる様子を見て、リーナは土下座をしながら懇願してきた。

「お願い!早く帰りたいの!」

 プライドというものが無いのかこいつには。

 土下座されるのは嫌なので、止むを得ず受け入れることにした。

「分かったから、もう土下座をやめろって」

 ……おい。今お前ニヤリって笑っただろ。やっぱ手伝うのやめようかな。

「はあ〜……」

 こうして俺たちは、8人のリーナの仲間を見つけ出すことになった。

「人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く