人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件

イエ介

第16話 空から予想外な物が降ってきた件

「ふわぁ〜……」

 俺は大きくあくびをして体を起こした。

「翔太さーん!早く起きてくださーい!」

 ドアの向こうからルイの声が聞こえる。

「今起きたぞー」

 やる気のない返事を返し、重い足取りでドアへと向かう。

 ……今の俺には想像もつかなかった。この後起こる、重大な『事件』のことなど。






 俺たちは、朝食を終えた後、何気なく雑談をしていた。

「俺たちさ、この小屋にずっといていいのか?」

 …………。

 俺の突然の問いかけに、少しの間沈黙になった。

 最初に沈黙を破ったのはシリアだった。

「別に私はこのままでいいと思うよ?」

 明るい笑顔でそう言ってくる。いつ見ても可愛いな、お前は。

「でも、何でそう思うんだ?」
「だって…」

 俺の問いかけに、シリアは顔を赤くしてうつむき、少し言葉をつまらせた。
 が、すぐに顔を上げ、いつもに増して可愛い笑顔で言った。

「私、お兄ちゃんが大好きだから!ずっとここで暮らしてたい!」

 シリアの満面の笑みに、俺は恥ずかしくなり目をそらした。

 ……俺じゃなかったら勘違いしてるぞ。

 と、俺とシリアの会話を見ていたルイが、顔を赤くして目を泳がせながら何かを言おうと口をパクパクしていた。

「どうしたんだルイ?」

 俺が聞くと、ルイは顔を横に向けながら答えた。

「わ、私も…翔太さんのこと……す、好き…ですよ…?」
「ああ、ありがとな」

 俺は笑顔で礼を言った。
 ルイも気遣ってくれたんだな。

 俺に礼を言われたルイは、顔を赤くしながら不機嫌そうに頬を膨らませた。

「……バカ」
「え!?何で!?」

 何で今俺罵倒されたの!?俺なんかした!?

 はあ…全く、よく分からんやつだ。

 ルイとの会話を終えると、ルイもシリアも黙ってしまった。またしても沈黙になった。

 ……なんか、話しづらい空気だな。
 そんな事を考えていた、その時だった。

『……あああああ!!』

 ……ん?

「なんか今、叫び声みたいなの聞こえなかったか?」

 すると、ルイもシリアも小さくうなずいた。

「私も聞こえた」
「私も聞こえました」

 そうかそうか。つーかさ、その叫び声がだんだん近づいてきてる気がするのは俺だけか?

『いやああああああああ!!!』
「「「!!?」」」

 三人揃って上を見上げた。

 なぜかって?それはな、この叫び声が、空から聞こえるからだよ。

「おいおい嘘だろ……」

 叫び声はどんどん近づいてくる。

 そして……。

『チュドーーーーーーン!!』

「うおっ!?」

 ものすごい音で地面に何か・・が落ちてきた。そう遠くはないだろう。

 俺たちは急いで小屋から出て、落下した何か・・を探しに行った。

「な!?」

 小屋を出てすぐ、俺が目にした光景。それを見たとき、俺はあの言葉を叫ばずにはいられなかった。

「親方!!空から女の子が!!」

「人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く