人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件

イエ介

第15話 美少女二人が自由人な件

「これより!緊急会議を行う!」

 目の前のテーブルをバン!と叩き、俺は言い放った。

 テーブルを挟んで目の前に座っているルイが、頭にクエスチョンマークを浮かべながら首を傾げた。

「え、えーと、どういうことですか?」

 わけが分からないと言った様子だ。

 と、俺の右隣りに座っているシリアも、同じく首を傾げている。

「私もどういうことか分からないよ、お兄ちゃん?」

 分からないのも無理はない。ていうか、分かってたら逆に怖いな。

「いいか?よく聞けよ?」

 俺が二人に話した内容はこうだ。

 俺は、この異世界に来てからある一つの疑問を抱いていた。
 それは、あの女性(俺を説明もなしに異世界にぶち込んだくそ女)が俺に与えたという特殊能力についてだ。

 俺は一度、スライムに殺されかけた。

 ……自分で言ってて情けなくなってくるな。
 ま、まあ!それは良いとして!

 俺はスライムの頭突きによって死にかけた。その後、俺はスライムの魔法によってトドメを刺された。

 ……はずだったのだが、どういうわけか、直撃をくらったにも関わらず、死んでない上に元気まで出てきた。

 この時点での俺の考えは、「異世界だからじゃね?」というとてもふざけたものだった。

 だがしかし、アリサとの対決で、ちゃんとした理由があることに気づいた。
 ルイは言っていた。「回復魔法が弾かれるのは、体力がマックスで、回復が必要ないと判断された時」だと。

 つまり、俺はアリサのザストローマー(あの巨大な魔法)を受けて気絶していた時、体力がマックスだったのだ。

 これらから導き出される答え。それは…

 俺に魔法攻撃は効かない、なおかつ、魔法攻撃を受けた場合、逆に体力が回復する。しかし、物理的な攻撃はダメージを受ける。

 というものだ。

 あくまで推測だがな。もしこの推理が正しければ、あのクソ女……おっと、口がすべった。あまりにもうざくてつい本音が。

 えー、仕切り直して、あの女性が言っていた。「この世界では最強と言われる能力」のつじつまが合う。

 おそらくアリサは、俺の特殊能力に気づいて、勝てないと思って逃げたんだろうな。

 だが、それだけで逃げるとは思えない。ルイの攻撃はかわせるわけだし。

 なのに逃げた。つまり、俺のこの特殊能力には、まだ謎は残されている。

「……というわけだ。分かってくれたか……っておい!!」

 これらを話し終えた俺が、改めて二人に目をやると、二人は俺の話をもう聞いておらず、ルイは腕に付いている機械を操作し、シリアはなぜか俺の右腕を抱きながら顔を赤く染めていた。

「おい!お前ら!俺の話聞いてたか!?」

 すると、ルイがハッ!と顔を上げ、俺に向き直った。

「も、もちろん聞いてましたよ!あ、アレですよね!クソ女ですよね!」

「お前絶対聞いてなかっただろ!?」

 ルイはエヘヘと笑いながらすみませんと謝ってきた。
もういいと言って、シリアに目をやった。

「なあシリア、お前は聞いてくれてたよな?」

 すると、ルイは顔を上げ、上目遣いをしながら、

「お兄ちゃん大好き!」

「答えになってないからそれ!!」

 シリアはまた右腕を抱いてきた。

「はあ、俺の力説はなんだったのか…」

 俺は深くため息をついた。

「人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • イエ介

    早急に修正します!!
    ご報告ありがとうございました!!

    0
  • ノベルバユーザー165552

    シリアなの?アリサなの?

    1
  • 清水 裕斗

    アリサじゃなくない?
    シリアじゃないの??

    3
コメントを書く