人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件

イエ介

第14話 謎が解明された件

「ぐあああああああああああ!!」

 目の前が真っ白に染まる瞬間、死の恐怖から、俺は悲痛に叫んだ。
 意識がだんだんと遠のいて行く。

 この感覚も、何回目だろうか。ほんの少しの間に、俺は何回もこの感覚を味わっている。
 つらくて、情けなくて、悔しくて。

「ぐあああああああああああ!!」

 俺は叫び続けた。声が枯れて出なくなるまで。

「……さん!…太さん!!」

 消えゆく意識の遠くで、俺を呼ぶ声がする。ルイだろうか。

 声を聞いただけで、泣き目で叫んでいるのが分かる。

 ああ……。もう少し俺が強ければ…。

 もう少し……………






「………ハッ!」

 気がつくと、俺は仰向けで倒れていた。目を大きく見開く。

 あの感覚が、まだ体に残っている。

「し、死んでない!」

 俺は勢いよく体を起こした。ハアハアと息を荒げながら。

「翔太さん!!」

 ふと、下から俺を呼ぶ声が聞こえた。

 聞き慣れた、あの声が。

「……ルイ!」

 声の主はルイだった。正座で、泣き目の顔をこちらに向けている。

「しょ、翔太さーーーん!」

 ルイの目から、大粒の涙がいくつもこぼれてきた。
 そして、立ち上がるなり、そのまま俺に抱きついてきた。

「うおっと!」

 急に抱きついて来たので、少しだけバランスを崩した。
 ルイは大泣きしたまま泣き叫んだ。

「翔太さん!死んじゃうかと思いましたよーー!」

 ぎゅっと、俺を強く抱いている。

 ああ、死んでなくてよかった…。

 ていうかさ、一つ気になることがあるんだが。

「なあ、ルイ。もしかしてお前、俺のこと膝枕してた?」

 泣き終わりの子供みたいにヒックヒックしてるルイに、俺は問いかけた。

 すると、ルイは涙でまだ湿っている顔でニコリと笑い、腰に手をあてて自慢げに言ってきた。

「はい!してました!」

 何でそんな自慢げに言ってくるのだろうか。
 思ったことをそのまま聞いた。

「何でそんな自慢げなの?」

 すると、ルイは腰に手を当てているポーズを保ったまま、エッヘン!と言った。

「実はですね、翔太さんがアリサのザストローマーを受けた時にですね…」

 ザストローマー?ああ、あの巨大な魔法のことか。

「その時、聞いたこともないような音がしまして、こう…シュイーン!ていう音で…」

 ………。

「その音とともに、翔太さんの元に光が吸収されていったんです」

 ……なるほどな。

「それを見たアリサは、『こ、こいつまさか!』って言って逃げちゃったんです」

 やっと解けたぞ。

 何がかって?それはだな…。

「それでそれで、翔太さんが起きるまで回復魔法をかけ続けたんです!でも、なぜか全部弾かれてしまったんです」

 ルイは最後の方、落ち込み気味に話した。
   さて、俺が解けたある謎。それの最終確認だ。

「なあ、ルイ。回復魔法が弾かれる原因はほとんどの場合何だ?」

「えーと、体力がマックスで、回復が必要ないと判断された時です」

 この言葉を聞き、遂に確信した。
 俺が死なずに助かった理由は……

   俺の特殊能力だ。

「人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く