人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件

イエ介

第10話 ドアを開けたら下着姿な件

「……シリア?」

 ドアの方に目を向けると、そこにはパジャマ姿のシリアが立っていた。

「お兄ちゃん、一緒に寝よ?」

 シリアは甘えた口調で顔を赤く染めながら言ってきた。

 ……本当に可愛いな。いや、ロリコン的な意味じゃなくてな?

 シリアは俺の反応を伺うようにじっと俺のことを見ている。

 まあ、断る理由もないしな。

「分かった、一緒に寝よう」

 俺はシリアの頼みを承諾した。
 すると、シリアはパッと表情を明るくさせた。

「やった!」

 そう言ってドアを閉めると、すぐに俺の布団の中に入ってきた。俺の左脇にぴったりとくっついている。

 ……まあまあきついな。

 シリアとの距離はほぼゼロだ。

 すると、シリアは急に俺に抱きついてきた。

「!?」

 急に抱いてきたため、俺は驚いて声にならない声を出した。

「お兄ちゃん、こうやって寝ても良い?」

 シリアは上目遣いで言ってきた。

 ん~、さすがにこれは暑いな。
 でも、ここで断ったら不機嫌になるかもしれないし……。

「……ああ、良いぞ」

 俺は渋々許可した。
 シリアはまたパッと表情を明るくさせた。

 こいつ、いちいち反応が可愛いな。
 ま、明日も早く起きる予定だし、今日はもう寝よう。

 俺は目を閉じた。


ー30分後ー


 寝れん。
 何だよその胸。左腕が悲鳴をあげてるよ。

 ああ、頼むから寝かせてくれ、本当に。まあ、俺が気にしなきゃ良いだけなんだけどな。

 健全男子はつらいぜ!

『コンコン』

「?」

 ドアを軽くノックされた。

 ルイか?どうしたんだこんな時間に。

「どうぞー」

 ドアの向こう側に聞こえるよう声を出した。
 ガチャリと音をたててドアが開く。
 案の定、ドアの向こう側にはルイが立っていた。

 俺はもう寝たかったため、渋い顔でルイに問いかけた。

「どうしたんだ?こんな時間…に"!?」

 俺は驚いて声が裏返った。
 なぜ驚いたかって?それはだな……。

「お、おおお前!何でそんな格好してんの!?」

 ルイの格好だ。下着姿なのだ。
 ルイは恥ずかしそうにもじもじしながら小さい声で言ってきた。

「え、えと、一緒に寝たいな~、何て思いまして…」

 それ理由になってないよね!?その格好になる必要なかったよね!?

 ルイはいまだもじもじしている。

 いや!そんなことよりまず服着てくれ!

「私は、どうなっても大丈夫なんですよ…?」

 大丈夫って何が!?ねえ何が!?
 俺はこれ以上ないというほど焦っていた。
 それはもう、口をパクパクさせながら虚空を見つめるくらい。

「いいいや、あのね?その、服着てくれるなら寝ても良いんだけどね?」

 俺がそう言うと、ルイは自分の体を見るなり、急に顔を真っ赤に染めた。

 反応から察するに、自分が下着姿だったことを知らなかったようだな。
 すると、ルイはそれはもうすごい勢いで、顔を両手で覆い隠しながら走っていった。

 はあ、天然にも程がある……。
 俺ははあ、とため息をついた。
 その後、ルイが部屋に来ることはなかった。






「翔太さーん!起きてくださーい!」

 朝、部屋の向こうからルイの声が聞こえた。

「……ん~~」

 寝起きのため、ん~~という返事が精一杯だ。
 気だるげに体を起こし、ふらふらとした足取りで歩き、俺は部屋のドアを開けた。

『ガチャリ』

「おはよー!お兄ちゃん!」

 ドアを開けると、シリアが俺のもとに走りよってきた。

「おう、おはよう」

 笑顔で返事を返した。

「あ、翔太さん、おはようございます」

 ルイは椅子に腰掛けながら、何やら腕に付いている機械を操作していた。

「おう、おはよう……って、お前何いじってんだ?」

 俺がそう聞くと、ルイは顔をこちらに向けた。

「あ、これですか?」

 ルイの笑顔はいつ見ても可愛いと思うな。
 するとルイは、腕に装着している機械から映し出されている画面を自慢気に見せてきた。

「え、え~と……何だこれ?」

その画面にはこう映し出されていた。




 Lv.50 ルイ・クラート  リーフ種族
 AP. 200
 BP. 120
 TP. 500 
 特殊能力 高速反射
 使用可能な魔法 リーフカット
         オーライリカバリー
         オーライファンションライス




 ん~、これだけ見てもいまいちよく分からんな。

「あ、あのさ、これだけ見ても分かんないわ、俺」

 そう言うと、ルイはええ!?と驚き、画面を指差して説明してきた。

 ルイが言うには、特殊能力がやっと付いたそうだ。
 Lv.50になると特殊能力が一人につき一つだけ、ランダムで付くそうだ。

 説明してるとき、ルイは目をキラキラ輝かせながら鼻息荒くしてたもんな。

 ……でもさ、俺にも特殊能力付いてたような気がするんだよなあ、Lv.1なのに。これはどういう事だ?

 まあ、それは良いとして、そのルイに付いた特殊能力が相当強いらしい。

 それで、朝からそれを見て喜んでいたという訳らしい。
 て言うか、今更ながらルイの本名を知ったな。

「私、早くこの特殊能力使ってみたいです!ちょっとだけ外に行きませんか!?」

 そう言って、ルイは俺の腕を引っ張り、小屋のドアを開けた。

 ドアを開けた瞬間、照りつける朝日が俺達を明るく照らした。

「人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く