人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件

イエ介

第4話 ドアを開けたら見知らぬ美少女がいた件

「さて、どういうことだ?」

 俺は小屋の中の椅子に座りながら考え込んでいた。
 俺はあの時、確かに当たったんだ。あの光輝く魔法と思わしき玉に。

「どういうことだ?」

 魔法だ。おそらくは当たったらダメージを受けるはず。
 考えれば考えるほど分からなくなってくる。

「ん~…確か、特殊能力がどうとか言ってたな」

 あの時死ななかったのは、例の特殊能力とやらのおかげなのだろうか?

「まあ何にせよ、この世界の人間と話がしたい。俺はこの世界の事を知らなすぎる」

 結論はこうだ。
 ドアを開けたら全力走る。とにかく走る。ずっと走っていればいずれ町に出るだろう。その間に死なないよう走り続けよう。
 そう決めた。

「よしっ!そうと決めたらビビってる場合じゃないな!」

 俺は勢い良く立ち上がり、覚悟を決めた。

「スライムでも何でもどんと来いやあああああ!!」

 俺は勢い良くドアを開けた。

『ゴスッ!』
「ええ!?」

 勢い良く開けたドアは、ドアの目の前にいた何かをぶっ飛ばした。

「きゃあっ!!」

 それは勢い良く地面に叩きつけられ、悲鳴をあげた。

 って悲鳴?
 俺は飛ばされた何かを驚きの目で見ていた。

「ひ、ひひ人!?」
「うう…痛い…」

 飛ばされた何かは人だった。それも、かなりの美少女だ。

「わ、悪い、すまなかった!」

 俺は飛ばしてしまった美少女に手を差し出した。

「うう…痛かった…」

 その美少女は泣き目になりながらも俺の手を握った。
 俺はその美少女の腕を引き、立たせてあげた。

 改めて見るととても可愛い子だ。清楚な服を身に付けていて、黒い髪を背中まで垂らしている。見たところ高校生位だろうか?スラッとした体型で、しかし出るところはしっかり出ている。

 俺に見られていたからか、キョトンとした顔で俺を見ている。

 少しの間沈黙になり、俺から話を切り出すことにした。

「え、え~と、な、名前は何て言うんだ?」

おお~、なんと言うコミュ障。質問がありきたりすぎるぜ。

 こんなベタな質問に、俺を警戒することもなく答えてくれた。

「え、えと、ルイって言います…」
「ルイちゃんか、俺の名前は翔太だ」
「し、ショウタ…?珍しい名前ですね!」

 へー、この世界では珍しい名前なんだな。

「で?ルイは何でこんなところにいるんだ?」
「それはですね……」

 謎の美少女ルイは、何故ここにいるのかを語りだした。

「人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く