人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件

イエ介

第1話 人違いで死んだ件

「……ここはどこだ?」

 気が付くと、俺、寺尾翔太てらおしょうた、高校2年生は、見知らぬ部屋に立っていた。

 壁、床、天井全てが真っ白の四畳程の部屋。目の前にある木造の椅子以外何もない。

 どうしてこんな所にいるのか。それは10分程前にさかのぼる……


ー10分前の自宅ー


  俺は自分の部屋のベッドの上で、壁に寄りかかりながらケータイをいじっていた。

「……チッ!くっそ!勝てるわけねえだろ!強すぎるぞ!」

 俺はケータイのゲームに苦戦していた。

「あ~、やる気なくした。くそが!」

 俺はイラつきが抑えられず、ケータイをベッドに思いきり叩きつけた。

「ゴフゥ!」

 投げたケータイが俺の胸部に、それはものすごいスピードで跳ね返ってきた。

「……チッ!イッテーなクソ……ガハッ!」

 急に胸部に走った激痛に、俺はベッドに倒れた。

「ガハッ!うおあああ!いてぇ!!」

 俺はあまりの痛さに胸部を抑えながらベッドから転がり落ちた。

「グアアアアアア!!!」

 あまりの痛さに俺は発狂した。それほど痛かったのだ。胸部を抑えながら俺はうずくまった。

「グアアアア……ア……ァ」

段々と意識が遠退いていった。体は動かなくなり、声もでない。

 その瞬間、走馬灯のようなものが脳内を駆け巡った。

『…………翔太、お前には足りないものが一つだけある』

 走馬灯の中で、死んだはずの兄が俺に言った。
 その言葉は、いつもいつもしつこいくらいに兄が俺に言っていた言葉だった。

『……お前に足りないものは、協調性。仲間を思いやる心だ……』

 脳内で映し出されていた兄の顔が、フェードアウトしながら消えていく。

「…………兄……さん……」

 これが、俺の最後の言葉だった。

 俺はうずくまった状態で、17才という若さでこの世を去った。
 死因は、胸部への急な衝撃による、急性心不全だった。


ー白い謎の部屋ー


 そして、気が付くとこの謎の部屋にいた、ということだ。
 はあ、なんて無様な死に方だ。
 考えるに、ここは天国なのだろうか。いや、にしては狭すぎるよな。天国に行く前の通過点、といったところだろうか?
 そんなことを考えていた。

『ピカッ!!』
「!?」

 目の前にあった木造の椅子が、突如真っ白な光を放った。急な出来事に、俺は驚きを隠せなかった。

「うお!な、なんだこれ!?」

 光は少しの間光り続けたが、その後段々と消えていった。
 光が消えたかと思ったら、椅子に見知らぬ女性が座っていることに気が付いた。
 右手には、なにやら電子タブレットのような物を持っている。

 その女性は、表情を一つも変えずに俺に言ってきた。

「さて、無事に死ねたことですし、異世界に行く約束、実行してもらいますよ?」

「……へ?」

 思わず拍子抜けの声が漏れた。

 っていやいや!無事に死ねただあ?死んでる時点で無事じゃないだろ!それに、異世界に行く約束?俺、そんな約束した覚え無いぞ。そもそもこの人初対面だし!

 俺の反応を見て、その女性は、え?と言いたげな表情で俺を見ている。

 双方とも10秒間程沈黙になった。

「いや…約束…しましたよね?」

 最初に沈黙を破ったのはその女性だった。

「いや、約束ってなんすか?」

 俺の返答に、その女性の顔が少しだけ青ざめた。

「いや…だから…その…異世界へ行って目標を果たすという約束ですよ」

 いや俺そんなの知らないし!ていうか、そもそもその目標とやらが分からないし!

 俺の反応を見たその女性は、更に顔が青ざめた。

「そ、そんなはずは!確かに殺したのは龍之介・・・さんだったはず!」

 ……は?誰だ?その、りゅうのすけってやつは?

 女性は慌てて右手に持っていたタブレットを操作している。
 俺は気になり、女性の背後にまわり、タブレットに表示されているものを覗き見た。
 そこには、俺の顔の画像があり、その下に龍之介、と表示されていた。

 ……というか、よく見たらこれ俺じゃないな。めっちゃ似てるけど。

「人違いで異世界に召喚されたが、その後美少女ハーレム状態になった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー214062

    ドジっ子かわゆす

    3
  • もみあげゴリラ

    ウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポウポ

    0
コメントを書く