うちのお嬢様が破滅エンドしかない悪役令嬢のようなので俺が救済したいと思います。

古森きり【Twitter@2kag5fb1】

番外編【マーシャ】2



「はい、お誕生日おめでとうマーシャ」
「わあ! ありがとうございますー!」

お城へ上がる少し前、お嬢様はわたしに誕生日プレゼントをくださった。
ピンクの包装紙に巻かれた細長い箱。
わ、わあ…開けたい! 開けたい!

「それと、これはヴィニーから。こちらはお父様とお母様とケリーからね…ああ、ローエンスからも送られてきているわよ」
「わ、わぁぁ!」

はい、はい、と更にそこへ綺麗な包装をされた箱が重なる。
義兄さんからのは大きい!
わあ! わあ! あ、開けたーい! 開けたーいっ!

「ちゃんとお留守番が出来たらこれもあげるわ」
「 ︎」

お嬢様がほい、と手渡してきたのは…お嬢様が去年誕生日に着たドレス!
え、ええええ ︎

「おお、お嬢様これは!」
「新しいのを買ったからかさばるのよ。売ってお金にすればそれなりにまとまった額になるはずよ。…それで好きなものを買いなさい」
「で、でも!」
「…………。着てみる?」
「ほあ?」

思いもよらない言葉に変な声出たさ。
首を傾げたお嬢様。
お嬢様は、もう髪もドレスもきちんと整えられていて、あとはお出かけするだけ。
新しいドレスはこの間、お休みの日にお出かけした時に作られたもの。
薔薇があしらわれた淡い紫色のドレス。
や、やっぱりお姫様みたいでお綺麗だぁ〜…と見惚れていたら、わたしがドレスを着てみたいと受け取ったらしく「手伝ってあげるわ」とメイド服はあれよあれよと脱がされた。
コルセット…めっちゃきつぅぅぅ!
お嬢様こんなの毎日してるべさーー ︎
お嬢様のヒール…ひええええ ︎ た、高いぃ!
目線が違うべさーーー!
髪もあっという間にアップにされて…お化粧までも!

「お、お嬢様っ」
「出来たわよ。鏡を見てごらんなさい」
「!」


え……。


いつもと違う…たまにお嬢様がパーティーの時にする髪型。
体のラインがはっきりとわかる紫紺のドレス。
別人みたいに…これ、わたし?

「…綺麗よマーシャ。…こんなに綺麗では、お城へ連れて行ったら主役の座を奪ってしまうわね…」
「あ、あう…」

そ、そんな事ない。
お嬢様の方がずっとずっとお綺麗だ。
わ、わたしなんか鏡もまともに見れねーよっ。

「そのドレスはあげるわ。でも宿舎へ戻る時は着替えなければダメよ。そんな格好で使用人宿舎に行っても入れてもらえないわ」
「…あ、は、はい…」
「せっかくだからこの部屋で少しその姿を楽しんで、プレゼントも開けてみなさい。わたくしはそろそろ出ないと。…それじゃあね」
「は、はい! 行ってらっしゃいませ!」

パタン。
閉まる扉。
静まり返るお嬢様のお部屋。
この部屋には…なんでか着飾ったわたしだけ。

「…………でも…」

鏡をもう一度見る。
ま、まるでお嬢様みたいな…う、ううん!
なんて図々しい!
お嬢様の方が圧倒的にお綺麗だ!
…で、でも…この格好は、純粋に嬉しいべさ。
本当はずっと着てみたいって思ってた。
なってみたいって思ってた…。
くるりと回る。
ドレスはふんわりと浮き上がり、高いヒールの靴でわたしはコケかける。

「ぐっ!」

…あ、危ない!
お嬢様、こんな危ないもん履いてあんなに優雅に歩いてらっしゃるんか ︎
す、すげーべさ!

「お?」

…倒れかけた拍子にプレゼントの山を発見したべさ。
そうだ、お嬢様にこの部屋で開けてオーケーもらったんだ。
お嬢様からのプレゼント。
義兄さんからのプレゼント。
義父さんからのプレゼント。
旦那様と奥様とケリー様からのプレゼント。
むくむくワクワクが育ってきたべさー!

「開けてみよ!」

ワクワク!
なにがはいってるのかなっ!
えーと、まずは旦那様達からの…。

「わあ! ノートと万年筆〜!」

メッセージカードには「これでたくさん勉強しなさい」というお言葉が!
ありがたいべさ〜っ!
…次はどれにしようかっ。
や、やっぱり一番大きい義兄さんからのプレゼントが気になるべさ…!

「!」

包装紙を破いて、箱を開ける。
あ、こ、これ…。

「メリー・ジェーン…」

この間、皆さんとお出かけした時に見かけたやつ。
ウインドウに飾られててすごく可愛くて…そしてすんごく高かったやつ!
に……義兄さん……あの時、なんか元気なかったのに…。
メッセージカードには「滑り止めが付いているから多少コケなくなるだろう。働け」と…!
に、義兄さんんん!

「働く!」

お嬢様のためにわたしもがんばるよ!
ありがとうヴィンセント義兄さん!
じゃあ義父さんは…なにをくれたのかなっ。

「! わあ、髪留め…」

すごくシンプルだけど、コーム状の髪留めだ。
貝殻の裏側をふんだんに使ったすごくキラキラしたやつ!
メッセージカードには「健康に気を付けて、お嬢様をしっかりお支えするんだよ。パパより」とある!
えへへ、ありがとう義父さん!

…………。

とうさん。
にいさん…。
えへへへ…。

物心ついた頃にはばっちゃと2人だけだった。
家族は他にいなくて、ばっちゃの親戚だという人に頼み、貴族様のお屋敷を転々としながら働いて生きてきた。
でも、ばっちゃが具合さ悪くなって、わたしが働いてばっちゃを支えねーとなんねくなった。
それはいい。
ばっちゃはずっとわたしのことを育ててくれたんだ。
わたしが恩返しすんのは当たり前だ。
でも、わたしはドジだから…。
お嬢様や、リース家の皆さんはわたしみたいなドジも受け入れてくだすった。
それだけでねぇ。
ローエンスさんはわたしのことば籍さ入れてくだすって、ばっちゃのことも助けてくれた。
仕事も義兄さんがいつもフォローしてくれた。
おかげでわたし、少しは成長したよね。
ごく当たり前みてぇにわたしなんかと家族さなってくれたローエンス義父さんとヴィンセント義兄さん…。
ばっちゃ、わたし今とんでもなく幸せだ。
早くばっちゃも体良くなって、リース家さ来れるといいな。
ばっちゃの身体治ったら迎えさ行くからがんばってな!
わたしもめっちゃがんばるさ!

「…………あ」

最後はお嬢様からのプレゼント!
でも、もう素晴らしいもんいただいちまったし…。
その上、もう一つもらってええんだろか…。
ううん、ちゃんと留守番してたらって言われたさ!
包装を開けて、箱を開ける。
これは…!

「わ、わあぁ…懐中時計!」

義兄さんは12歳の時にお嬢様に貰ったって言ってた懐中時計。
メッセージカードには「最近お茶の淹れ方を覚えてきたマーシャへ。お誕生日おめでとう。よければ、使ってちょうだい」と美しい字で書いてあった。
義兄さんもお茶の蒸し時間を懐中時計で測ってたから…羨ましかったんだ。
わたしの懐中時計には薔薇の花が彫られてる。
か、可愛い…絶対オーダーメイドださ!

「…………お嬢様…」

嬉しい。
嬉しい…!
わたし、がんばるべさ…!
今よりもっともっとお仕事覚えて、お嬢様に自慢のメイドって言っていただけるように!
よーし!

「あいだ!」

グキッ。
…………うん、まずは着替えるさ…。
高いヒールの靴はやっぱりわたしには似合わねーさ…。がくりー。





「うちのお嬢様が破滅エンドしかない悪役令嬢のようなので俺が救済したいと思います。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く