何故か美少女達はなんの取り柄もない俺に異常なまでに絡んでくる件について

Luck

22 甘い誘惑

「デート」という単語を聞くと何故かと
中学の頃の嫌な記憶が蘇る。

実は昔、付き合っていた彼女がいた。
誰もが振り返る美女 という訳ではない
かといってブスでもないが
性格も優しくとても面倒見がいい
よく期末テスト前に分からない所の問題を
教えてもらっていた。

学校でも色々な人から人気があった。
何故俺からの告白を承諾してくれたのかは
未だに分からないが。

そして休日に二人でデートもした
映画館や公園、色々な所を二人で楽しく
会話しながら回っていた。

このままこの幸せが続くんだろうなぁ……
と思った結果がこれですよ。

ある日映画館を見終わって、彼女がトイレに行きたいと言い出したから待ってたんですよ
最初の10分間はまあ女子だからしょうがないよなとか思ってたんです
20分が経過した時にさすがに心配になって女子トイレの前で待ってました
そして彼女が出てきてなにやら鞄に一つの本が入ってたんだよな

俺がその本の事を聞いても彼女は
「ただの服の記事だよ笑」とか言ってたけど俺はその本を直接見たかったから
隙を見て本を取ったんだけど、なんとそのタイトルを見て全米が驚いた
(男から金を巻き上げる8つのコツ)
いやそれどこから買ってきたんだお前
ちなみにその後日すぐに別れました。

美人な女ほど裏がある(名言)
まあなんだ、可愛い女子はあんまり信用しない事にしてるんだよ
(ブスを100%信用とは言ってない)

とりあえず行ってくるか








更新サボってました
本当に申し訳ないです
これからはなるべく早く更新ペースを上げて
いくので……m(__)m
宜しくお願いします。

















「何故か美少女達はなんの取り柄もない俺に異常なまでに絡んでくる件について」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く