何故か美少女達はなんの取り柄もない俺に異常なまでに絡んでくる件について

Luck

16 デート?の約束

皆と解散し、家に帰ったら早速莉奈さんから
メールがきた
正直ここまで発展するとは思っていなかった。
 
「莉奈です、今帰りました!」
 
「あぁ、俺も今帰ったところだよ」

「それで今度二人で遊ぶ件なんですが……
     一緒に町に行きませんか?買いたい物があるので…
今週の土曜日空いてます?」
 
土曜日は特に用事もない、それにこんな美少女と
一緒に買い物に行けるなんて大歓迎だ
断る理由もないな。

「あぁ、空いてるよ」

「良かった!(≧▽≦) じゃあ土曜日の朝にまた連絡
     しますね!今日はもう遅いので寝ます〜!
眠い〜:-)笑 おやすみなさい!」

初めてあった時とだいぶ変わったな莉奈さん
人ってこんなすぐ変わるものなのか……
ってそんなことはどうでもいい。

………服装とかどういう格好で行けばいいのか。
誰か聞ける人が入れば良いのだが…
志帆は服選びのセンスが皆無だし
セリカさんの服はなんというか独特なんだよな……

そう悩んでいると、後ろから部屋の掃除をしている
姉ちゃんに声をかけられた。

「どしたの?雅司?」

そうだ、姉ちゃんがいたぞ、すっかり忘れてました。
(最近出番ない)

「姉ちゃんさ、今度の土曜日に女子と二人で町に
     行くんだが、その時の服ってどんなのにすれば
いいんだ?」
 
すると姉ちゃんは口をぽかりと開けたまま唖然と
していた
いや、そんなに驚かなくてもいいだろうに。

「それって………2次元よね?
     雅司…モテないからってそれはないよ……
あなたアニメの見すぎだわ……」

「何言ってんだよ姉ちゃん!!
     3次元の普通の女の子だ!!!アホか!!!」
 
「貴方が………女の子を連れて………
     明日地球が爆発するかもしれないわね……」

どうやら俺が女の子とデートをするのは
地球が爆発するのと同じくらいありえないらしい
うん、イミワカンナイ。

「ありえないだろうが本当だ、ということで
服装を姉ちゃんが選んでくれ、俺じゃ絶対に
無理だ、一発でドン引きされる」
 前にクラスの女子から誘われて俺が選んだ服装で
行ったらとても悲惨な事になった覚えがある。

「それは否定できないわね……分かったわ、あたしが
選んであげる」 

「あぁ、頼むよ」
そう言うと、姉は引き続き部屋の掃除を続けた。

楽しみだな。

「何故か美少女達はなんの取り柄もない俺に異常なまでに絡んでくる件について」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー69968

    誰をメインヒロインにしたいのか分からん...

    0
  • こう

    今回も面白かったです
    今後の展開が気になります
    莉奈さんとどうなるのか
    頑張ってください

    2
コメントを書く