何故か美少女達はなんの取り柄もない俺に異常なまでに絡んでくる件について

Luck

1 始まり

「朝か……」

朝起きてからそんな事を口にする俺の名前は
海藤雅司 取り柄は特になく、どこにでもいる
成績も至って普通な高校2年生の男子だ
両親は海外で働いており、今は姉と二人暮らしだ。
こんな俺だが、友達がたくさん欲しいものでもない、彼女なんていればいいかなくらいだ。
そんな俺にとって一番欲しいもの、それは普通の日常だ
簡単に言うと一人静かに生きたいのだ
だから学校の昼休みなどは基本的に一人で読書をしていることが多い
どっかの美女に囲まれるハーレム物語を作ろうなんて微塵も思っていない。
俺は基本的に本が好きだ。だから土日などは必ず
図書館に一日中籠る、図書館は静かで居心地が良い
そんな俺だが一つ問題がある、それは…

 
初投稿なので文章とかは基本下手です。
暖かい目で見てくださいw
コメントくださるとやる気もりもりくん

「何故か美少女達はなんの取り柄もない俺に異常なまでに絡んでくる件について」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー189296

    面白いと思います!

    1
  • 高木マサレ

    短い!笑
    でも面白い!

    3
  • ノベルバユーザー4781

    ありがとうございます。やってみます。

    1
  • Luck

    自分の小説urlと
    이 그림을 사용하고자をDMで打ってみてください

    0
  • Luck


    이 ㅍ지ㄹ,,,

    0
コメントをもっと見る / 書く