異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます

Beater

お弁当閲覧回

ゴタゴタしてしまったリレーの後、幾つかのプログラムを消化し、休憩となった。
吹留に引き摺られた俺は、そこそこいい場所を陣取ってシートを広げている生徒会メンバーと合流。
木の影が落ち、最近異常気象かやけに暑くなってきた日差しを防いでくれる。
「まあ、なんだろう。皆んな、お疲れ様! 僕らの色は目立ってないけど、全校生徒が楽しんでくれてるようで何より。午後もこの調子で行こう。じゃあ」
いただきます!
綴真副会長ののありがたーい激励のお言葉を頂戴して、各々お弁当箱を開いた。
……何ともまあ、イメージ通りの。
「龍生、それ、何が入ってるんだ?」
「塩飯だ、あ"あ? なんか文句あるってーのか!?」
「ねーよ」
取り出したるは大の大人の拳一つ分ほどの握り飯かける5。
しかも中まで全て白飯、塩おにぎり。
雑とかそういう問題ではない。
女子力なぞ欠片も求めてはいないが、母親はどうした、母親は!
よし、忘れよう次だ。
「語流は……もういいや」
「ふふっ。よければ少しばかり差し上げましょうか? 昨日姉に言ってこのムール貝とほうれん草の和風パスタを作っていただきましたのよ」
「遠慮しとく」
姉がいたのか。
そんな情報を得ても特にコメント無し。
それよか謎のカタカナ料理に圧倒されてしまったわ!
カラフルで見た目がなんつーか、学校行事のお弁当レベルじゃない。
お次は、何故か未だ蓋を開けない吹留をスルー。
「綴真、お前って奴はっ! パンピーだな」
「ん? 褒め言葉、と取っていいのかな。昨日の夜作っておいたから、朝はあっためるだけで楽だったよ」
「女子か。母ちゃんか」
この場で一番女子力が高いのは綴真だった件。
ザ・普通のお弁当。
何の変哲もない、健康バランスをそこそこ考えた彩り美しい昼食である。
で…………
「吹留、食わないのか?」
固く閉ざされた幼稚え、ゲフンゲフン、可愛らしいようじ、女の子がよく使っているようなお弁当箱の蓋。
他のメンバーがサクサク食べ進めていく中、彼女だけが食べ始めてすらいない。
「おーい。ラグってんのかー? 目ぇ覚ませー」
「別に寝ているわけではないです」
「じゃあ何してんだよ」
「…………瞑想してます」
「そりゃ迷走の間違いだな。昼飯の時間で弁当出して、食べようとしないなんて」
あくまで黙秘権を使うようで、貝のごとく口を引き結んでいる。
実力行使。
瞬きする間もなく彼女の手から奪い去った。
慌ててとりかえそうとしてくる、って怪しすぎだろ。
「さーてと、いっただっきまー」


「何このミラクルな弁当」


紫、青、黒。
所謂暗い、寒色系のナニカがぎっしり居心地悪そうに敷きつめられていた。

〜*〜*〜*〜*〜
一週間とか嘘ですねすいません……
珍しく1000字超えたので許してください(開き直り
そういやシークレット競技、コメント欄で募集したいくらい思い付かないどうしよう(((

ではまた次回、ごきげんよう!

「異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く