異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます

Beater

チートはこういう時に活用するべき(小物臭

「1年ー、精々頑張ってこいよー」
「はい! 絶対一位をもぎ取ってきます!」
やる気のない俺の激励に反し、この返事は心が痛むぜ。
これが、運動部と帰宅部の差か!
送り出した1年の背から視線を剥がし、吹寄に疑問をぶつける。
「あのさ、まだ体力測定やってないから分からないんだが、平均どのくらいなのかな」
「へ、何がですか?」
いや、そうだよね、そういう顔されると思ったよ。
長い間異世界にいると……どこまで本気でやっていいのか分からなくなる、とか言うじゃん。
いや、マジで、どれがどこがどういう常識なのか分からなくなるんだな。
一応ネットで下調べとかしてきたつもりだけど、百聞は一見にしかず。
実際に確かめてから体育祭に挑みたかったのだけれど、体力測定が4月に無いって、ざけんなよぉ!
俺はギネス記録とかに興味はねえんだ!
あ、でも、新記録叩き出せば、ハーレム作成に一歩近づける……?
これを利用しない手はない!
「俺の本気をとくと見やがれ!」
「先輩……大丈夫ですか?」
頭のおかしい子を見るような目を向けるな。
快晴は、勝利の女神ニケは、俺たちに味方するだろう。
何故なら、俺はハーレムを築き上げる男だから!

れっつしょうたいむ!

〜*〜*〜*〜*〜
はいごきげんよう!
高校生となりました!
花のJKです!((殴
いよいよリアルの体育祭も迫ってきたということで、Beater復活。
フォローしてくれた人が思いの外増えててビビった、とかではありませんのであしからず。
勝鬨ではありませんが、2組になりました、はいどうでもいいですね。
予習復習なんて何年ぶりだよってレベル……精一杯学年上位を死守します(笑

勝鬨の身体能力は神がかってると思います←
次回!
勝鬨、ではなくバスケ部一年が頑張る回です!
お楽しみに!
↑ウソです

「異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く