異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます

Beater

私共の業界ではご褒美です((

「これで、二年徒競走を終了します。二年生は退場してください」
語流から放送委員に変わったのか、真面目な放送が入った。
走り終わって気が抜けたのか、入場して来た時とは一転、笑顔で言葉を交わしながら席へ戻っていく。
「あ、いた……。わり、ちょっと行ってくるわ」
「りょーかい」
相津に声をかけてから、重い足取りの後輩の背を追った。

「足、大丈夫だったか?」
ぼーっと空を見る彼女の足に怪我が無いのを確認して、そう問うた。
ほら、会話の切っ掛け? みたいな?
見つけた場所は一階の昇降口入ってすぐの水飲み場。
体育座りをして沈んでいた。
「お兄ちゃん……わたし、1位じゃなかったんです」
1位を望む姿勢や、良し。
ま、俺的には長より副を取りたいから、ビリじゃなきゃ何でもイイ……そんな軽口を叩ける空気じゃねえ。
むしろ、気圧されているまである。
「いや、誰だって本番は緊張するし、転ける奴だって、1年にも3年にもいるさ」
「いいとこ見せたかったんですよ、わたし」
聞くまでもなく、誰に見せたかったのか分かる。
吹寄は好きな人に、かっこいいところを見せたかったのだ。
俺と同じような動機だが、明らか彼女より俺のが不純だ。
でも、恋心を抱えている吹寄のビジュアル、性格を考えると、何一つ問題など見つからない。
「体育祭、まだあるんだぜ? 楽しんで、盛り上がって、次の競技で活躍しろよ。そしたら」
好きな奴だけじゃなくて、全校生徒がお前の虜だ。
柄にもないこと言ったー、なんて軽く後悔していると。
吹寄の顔がだんだん熟れていく。
桃→サクランボ→りんご→トマト。
爆発するんじゃっ、てレベルだ。
「え、ちょ、どs」

「お兄ちゃんの、ドあほぉーー!!」

耳が、痛かった。

〜*〜*〜*〜*〜
タイトルに、意味なし。
今期のとあるアニメで、「○○しねぇ!」とか「○○のだら!」とか言われてて……癒されます←
頭よ、(正常に)働け!
そしてあと1秒で宿題を終わらせろ!
ではまた次回。

「異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く