異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます

Beater

口を滑らして

快晴の下、体育祭は幕を開けた。
砂利の敷かれた校庭に並ぶ各人の椅子。
来賓やご高齢の方のためのテントがバタバタと音を立てている。
その音を掻き消すくらいの生徒の話し声。
どれもこれも今日の日を楽しみにしてきたこと、興奮していることを伝えてくる。
「プログラム一番、二年徒競走に参加する生徒は指定の位置で待機してください」
放送委員の伸びやかな声が響く。
応援団ではない俺は席で声援を送ることにした。
体力温存しなきゃいけないほどなまっちゃいないつもりだが、あの龍生の力が未知数な以上、警戒を強めるに越したことはない。
自分のプログラムを取り出し、どういうパフォーマンスをするか作戦を練る。
ただ勝つだけでなくどのようにカッコ良くキメるかも重要ポイントだからな。
俺たち3年の全員参加の競技は三年徒競走と全学年リレーと……シークレット競技。
そのシークレット競技とらやの企画書だけは俺が手伝う前に、もう先生に提出して許可をもらったということでどうしても見せてもらえなかった。
くっ、謎の競技を組み込みやがって!
どんなものが用意されていたとしても臨機応変に対処しなきゃいけない。
「やるぞ! 俺はやってやる、成し遂げてやらあ!」
「何をするんです、お兄ちゃん?」
「おわっ!」
耳元で囁く艶のある声に、慌てて耳を両手で抑えた。
「ふ、吹寄か……。びびらせんなよ」
「むう。そんな声を出される覚えはありませんよ。そんな、お化け屋敷に行ってピエロ出てきたよおい、みたいな声を出される覚えは」
「そんな声を出した覚えもねー!」
くそ、どんどんギャグに誘導されてる気分だ。
というか、なんでこいつここにいるんだ?
ここ、3年の席なんだが……。
「お兄ちゃんの隣を陣取りに来たんですよ」
にっこりと無邪気を装った笑顔を見せても俺は引っかからんぞ。
「そんな計算してませんよ」
「あ、ナチュラルに心読むのやめてくらはい」
ほんと、女子には脳内思考を読み取れる超能力があるのかも勘繰ってしまうぜ。
「で……白組に勝ち目はありそうですか?」
コソッとまた耳打ちしてくる。
だからその行動を控えて欲しいと……言ってなかった。
なんか、いくらハーレムを夢見る男子としても、というかハーレムを夢見るような男子としてツラい。
何がって、察しろよ。
吹寄は頭の中で悶々とする俺を小突いて聞いているのかと尋ねた。
……俺はハーレムを作る男だ!
「ああ、お前が俺のハーレムに入りたいって話だろ?」

「ーーーーはい?」

詰んだ。

〜*〜*〜*〜*〜
ぷしゅー。
力尽きました。
テストが全部いかんのですよ。
あいつらの存在があかんのです。
てわけで返却はまだなので復活。
おお、フォローが増えてる!
と目を丸くしている今日この頃。
シークレット競技に何するか考えて来ます((
ではまた次回。

「異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く