異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます

Beater

こんなのどうです?

まだもうちょい様子見させてくれ、と小声で訴えてから10分が経った。
変化?
んなもんないわ!
ずっと階樽と晴尉がバチバチしてるだけ。
おいおい、早く帰りたいんだが。
全く議題について真剣に取り組む気はないらしい。
「えぇ、晴尉ちゃんが意見出したらぁ?」
「私は、先に階樽さんの提案を聞きたいです」
この世界で目からビームが飛び交うのを見ることが出来るとは……。
不毛な争いに水を指す者は一人もおらず、必ず皆がどちらかについて声援を飛ばしている。
てかそういう歓声は体育祭本番で出せよ。
俺と吹寄、龍生は席で待機している。
これ、いつ終わんのかなーってな。
……いや、一応考えてはいるんでそう睨まないで龍生!
青筋立てて指パキポキは禁止!
なんで自称キングの生徒会長が仲介に入んねーんだよ、とか思ってないから!
隣から放出される夥しい怒りオーラに怯えながら思考する。
何か策は……この女二人、見てくれはいいのにな。
顔よし。
キャラ付けよし。
プロポーションもよし。
またまた性格もとってもよろしい。
……あ。
「ちょっといいか」
何邪魔してくれとんじゃ、という魔族並みの厳つい目つきを向けてくださった2人に進言する。
「目玉競技とは関係ないんですけど、こんなの取り入れたら自己顕示欲、じゃなかった、皆やる気出て盛り上がって良くないですか?」

〜*〜*〜*〜*〜
だんだん短くなってる気が(
次から体育祭当日となりまーす
気合入れていきましょー!
ではまた次回。

「異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く