異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます

Beater

何とかって具体的に何すんねん

「えっとぉ、今日の議題なんだけどぉ……吹留ちゃん、何やるぅ?」
ええぇ……。
こちらを見る階樽に、吹留は顰めた顔を隠そうとすらしない。
嫌々といった体で軽くメモしたルーズリーフを手渡した。
前回のチキチキ☆体育祭実行委員会の状況把握をしようの会では何も決まらなかったが、少しは書いて考えてきたようだった。
あの説教がちょっとでも効いたのならした甲斐があったといものだ。
「うん。毎年恒例のぉ、目玉競技を決めようかぁ。ほら、去年なんだっけぇ?」
「階樽ちゃん、あれだよ! よく分からないメイド衣装で踊るヤツ! あれ、最悪だったよねぇー!」
階樽の取り巻きその1が合いの手を入れた。
メイドの、衣装で、踊る?
前任の生徒会長殿と会話を出来なかったことが悔やまれる。
なんて素晴らしい学校なんだ、ここは!
「でも、大盛り上がりだったよね。そりゃまあ、主に男子が、だったけど」
おおっと!
ここで晴尉から正反対の意見が!
挑発、なのだろうか!?
頭の中で流れ出す実況。
勿論、実況:俺、解説:俺、審判:俺だ。
「そーぉ? あたしたちぃ、あれあんま楽しくなかったぁ」
「それはあんた個人の意見じゃない。私たちは学校全体の話してるのよ」
「へぇ。男子だけが盛り上がってたってぇ、さっき言ったよぉ?」
飛び散る火花。
勝敗は如何に!?
とんとん。
指で右腕をつつかれた。
左からは爪先で床を叩く音が聞こえる。
「何とかしてください、お兄ちゃん」
「何とかしろ、あ"あ?」

無茶振り乙。
言われてるのは、はい、俺です……

「異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く