異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます

Beater

なかなか進まないストーリー

「その会議みたいのはもう何回かやってるんだろ? どんな感じなんだ」
「どんな感じと言われても……漠然としててよく分かりませんが。お兄ちゃんが聞きたいのは生徒間の雰囲気、ですか?」
「ま、そんなとこ」
「そんなら簡単だ。喧々諤々、戦々恐々……。あーいうお話し合いの時において最悪の空気に満ち満ちてる。ほんとあの時間はめっちゃくちゃ苛々するぜ、あ"あ?」
だから何故俺を睨む!?
突如起こった“体育祭実行委員会の状況把握しようの会”。
把握した暁には改善策も考えるとのこと。
めんど。
帰りたい……ベッドと戯れたい……。
しかし、席に着く女二人がそれを許してくれない。
人権って授業で習ったはずなんだけどなあ。
「具体的に言いますとね、とあるツートップがいがみ合っているせいで他にまで伝染した敵対心によって分裂しているんです」
「え、なにそのドロドロ」
「はい。それはもう、すっごいドロドロのベチャベチャです。相手の出した意見には真っ向から反対するくせに、自分の提案を否定されふてくされる」
園児の喧嘩かよ。
気に入らないからって、そんなやり方では敵の小指すら潰せない。
だいたいそのようなことをオブラートに包んで進言すると、予想外の返事があった。
「ですから、先にわたし達が殺ってしまおうかと」
ロリって強い生き物だと偏見を持った瞬間だった。
「……もうお前らさえ居れば、解決するんじゃないか?」
「それがな、こいつ性格くそわりーから、あいつらがゴタゴタ」
「火矢さん。余計なこと言わないでください」
瞬きした直後には既に、両手で龍生の口を塞いでいた。
え、瞬間移動しました?
どこかのジャッジメントな方なの?
ムガムガ何事か言っているが、その反抗は意味を成さない。
俺の肩に指の痕残るくらい掴める龍生を押さえつけられるロリって……ま、まさかロリバb
「お兄ちゃん、ここは真面目に考える時間ですよ?」
そういえば、龍生の口からあの“あ"あ?”を聞かなかったのは初めてじゃなかろうか。
そんなことを考えたのは決して、吹留の目力やべ、こえ、などと思ったからの現実逃避、ではない。

〜*〜*〜*〜*〜
上の文章、888字!
感激((
ううむ、キャラ的には龍生大好きなのに、何故か吹留が出張ってる。
ロリコンではないんですよ?
断じて違いますからね?
とある診断でロリコン100%って出たのなんて何かの間違いです…
ではまた次回。

「異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く