異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます

Beater

話し合いをしましょうか

「おい、てめーどこ行きやがる、あ"あ?」
そそくさと教室を後にしようとした俺はガシッと肩を掴まれ、立ち止まらざるを得なかった。
降り払えるような握力ではなかったため、仕方なく振り返る。
「や、やあ龍生。何か用かな?」
「しらばっくれるの下手すぎだろ、あ"あ? 瑠姫に呼ばれたのを忘れたとは言わせねーぜ」
獰猛に笑った彼女は思いっきり俺の首を絞めた。

強制連行ーー

お国から赤紙が発行されたわけでもないのにこれは酷すぎる!
俺には、その、ほら、あれ、があるから!予定があるから!
親が早く帰って来て夕飯の準備しろって言うから親孝行しなければ!

何を言っても無駄だった。
「お兄ちゃん、来てくれたんですね! ありがとうございます。ささっ、どうぞ座ってください」
生徒会室にポイッと投げ出され、腰を打った。
ぼ、暴力反対……。
「こいつ、逃げようとするもんだから何回か技極める羽目になったわ。オレの邪魔したら……次こそ関節外すぞ、あ"あ?」
暴力の度を越している。
真っ直ぐ家に帰る権利すら守られていないなんて、裁判官さんや、仕事しておくれ!
「お兄ちゃん、わたしとデート……したくないんですか?」
上目遣いプラス涙目ウルウルの王道。
ロリの後光がぁぁあ!
「したくない」
だが、断る!
心の中でポーズを。
ここで感嘆符を付けないのが真のジ○ジョラーだ!
自分を律することのできる俺を褒め称えよ!
せーのっ。
おれたちにできない事を平然とやってのけるッ。
そこにシビれる!
あこがれr
「あだだだだだだだだだ」
痛みの元を見ると吹留の細い指が俺の脇腹の肉を捻り千切る勢いで抓っていた。

「では、話シ合イを始めましょうか」

〜*〜*〜*〜*〜
ばれんたいんでーきーいっす
ばれんたいんでーきーいっす
んちゃちゃ
こいのちょこれーとぅ
っしゃららら((
例年通り友チョコオンリーです…。
明後日の合唱コンと一緒に俺を潰しにかかってますね。
ではではまた次回。

「異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く