異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます

Beater

デートってなんぞや

「ーーてるんですね」
「ああ。ーーで寝るなんていい度胸だな、あ"あ?ーーで怒ったんだがーー顔しかめて寝てんだ。先公も少しだけ寝かせとけって言うし」
「ほんとう、なんだかんだ言っても火矢さん優しいですよね」
頭の上で交わされているらしい会話がだんだん鮮明に聞こえてくる。
また寝てしまっていたようだ。
それに、ハッピーセットの真逆も真逆、ベリーバッドセット……あの夢を見てしまった。
とりあえず、机にうつ伏せになるこの態勢はきつい。
顔を持ち上げる。
「おは」
寝ぼけ眼で窺う限り、今は給食後の昼休みだ。
俺、寝過ぎやん。
「あ、お兄ちゃん、おはようございます。一時間目から寝るなんて、夜更かししてるんですか?」
「いいや、きっかり9時間寝てる。レム睡眠とノンレム睡眠を計算した、そして8時間以上、という素晴らしい睡眠時間だ」
気遣いの浮かぶ目を直視出来ず、自分の目をこする。
すると、頭頂部を小突かれた。
「オレの講義を聞かないでぐっすりお寝んねたあ、いいご身分だなおい。どういう了見だ、あ"あ?」
デフォルトよりも恐ろしい眼光をたたえる顔は般若すら裸足で逃げ出すレベル。
勇者だって怖いものは怖い。
なんならお化け屋敷で顔面加工せずバイト出来るまである。
「スイマセンデシタ」
「このオレに棒読みか、あ"あ? おらおら! 表出やがれ! 顔の輪郭矯正してやんよ!」
「まあまあ、火矢さん……。短気なのは美徳ではありませんよ。寧ろよろしくないです」
この鬼の形相の龍生を宥められるとは、吹留のコミュ力はカンストしているのか。
グゥウ
誰かの腹が鳴った。
というか俺だった。
「飯食ってねえ。五限目と六限目死ぬわ」
「自業自得だろ、あ"あ? と言いたいところではあるが、ほら、食え」
この後の授業まで腹空っぽだから、なんて理由で寝られたら堪ったもんじゃねー。
そう溜息を吐きながら、彼女の机上にあった給食を寄越してくれた。
え、まじで優しい。
感激して龍生を拝みそうになって感謝の言葉を伝えるだけにとどめる。
悪目立ちはしたくないからな。
「そうそう。お兄ちゃんに用があって来たんですよ。それなのに寝てるから」
「俺? 龍生じゃなくて?」
「はい、お兄ちゃんにです。ほら、前に言ったじゃないですか。体育祭の話し合いに出てほしいって。今日の放課後にでもその打ち合わせをしましょう、とまたまたデートのお誘いに。良かったですね、こんな可愛い妹とデートプランがある幸せ者で」

帰っていいですか?

「異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く