異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます

Beater

自己紹介ぱーとつー

帰ってから何があったのか、昨日と一転、憑き物が落ちたようにすっきり晴れやかな顔をしてやってきた美人女子。
朝礼が始まる前に何かいいことがあったのか、と尋ねても笑顔が帰ってくるばかり。
その笑みが胡散臭く、企んでいる人の顔なのはどうしてだろう。

そういうわけで、転入してから3日目の俺はこのクラス二人目の転入生(仮)の自己紹介を待っていた。
どんな突飛なこと言うんだろうな。
そういう生ぬるい感じで考えていた時期もありました。

「ぼ、ワタシ、異世界から来た勇者、難波 咲なにわ わらと言います! 世界を救っちゃったりしました! よろしくお願いしま、す!」

「はあぁぁあああ!?」

〜*〜*〜*〜*〜
テンプレ乙です(
号泣ものの二次創作を読むのに忙しいので続きはまた明日←
See you tomorrow!

「異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く