異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます

Beater

病弱少女だってさ

「は、あんた、なんで」
「お、おはよう、勝鬨くん!」
会話が噛み合っていない以前に、誰だあんた。
昨日公園にいた美女は同学年だったらしく、さらに同じクラスだったらしく、教室に現れた。
俺の脳は、確かにこんな女がいなかったと訴えている。
ついでにいうと、空いている机すら無かった・・・・・・・・・・・・
同意を求めようと訊いた先で不可解なことが判明してしまった。
「は、あの子が誰かって? あ、そっか。お前はまだ会ってなかったのか。体が病弱でドクターストップかけられてたなんとか言ってここ5ヶ月くらいかな、休んでたんだよ。可愛いし清楚だし、非の打ち所ないよなー。所詮は高嶺の花だけど」
まくし立てた相津の言葉には違和感だらけだ。
病弱設定?
ドクタースタップ?
机がないことはどう説明する。
何ヶ月いない時があったとしても戻ってくることが決定している以上、教科書道具諸々は何かしら残っていてしかるべきだ。
それなのにロッカーは一つ空いていたものの、何も入っていなかったことを確認済み。
「ちょっと、廊下で話そう」
手首を掴んで連れ出す。
口笛や拍手の音が聞こえたが耳の手前でシャットアウト。
この朝礼と授業の間の時間はもう生徒は歩いていない。
階段の踊り場までくればそれはもう静かなものだ。
「で、何した?」
「何をしたって?」
「しらばっくれる気か」
きょとんと目を瞬かせてきき返す彼女の美しさに目を奪われないよう焦点をずらす。
美人には要注意。
「あのクラスの生徒じゃないだろって言ってるんだ。いや、この学校の生徒かも怪しいな」
「……暫く休んでいたから知らないと思うけ」
「いやいや、んな嘘くさい設定誰も信じないって」
無理矢理言葉を遮って詰め寄る。
「あんた、何もんだ?」
「………………。あとで、先生に、転入生のために自己紹介をしていいかと掛け合ってみます」
言外に自分が何かしたと認めた。
「りょーかい。ま、ほどほどに仲良くしようぜ」

「異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く