異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます

Beater

面倒事は付き纏う 2

「お」
「おやおや? 吹留じゃないか、何か用でも?」
咄嗟に右手で口を塞ぐ。
今お兄ちゃんって言おうとしたろ。
そう耳元で囁いて軽く睨みつける。
すると、少し顔を赤らめた吹留は抗議してきた。
曰く、お昼は食べ終わったのか尋ねようとしただけ、言いがかりはよしてくれ。
だが目を逸らしながらの弁など信用ならない。
一つ溜息を零してから本題に入る。
「で?」
「ああいえ。そんなたいした用じゃあないんですよ。今日の放課後、生徒会の書類手伝ってもらえないかなーとデートのお誘いをしに来ただけなので」
おーけーですよね?
無言の笑みほど圧力をかけてくるものはなかなかないだろう。
嫌だ、NOです、を禁じられた俺は渋々首を縦に振った。
この世界に戻って来て早々に引っ越し、転校、転入した俺にしなければいけない用事は無いに等しい。
今日はまだ相津から遊びに行こうとも言われていないため、スケジュールがまっさらな俺は部外者にも拘らず、生徒会のお仕事の手伝いをすることになってしまった。

「あ、次これお願いします。変なところが無かったら火矢さんに回してください」
「こいつは終わったぜ。次は……それか、あ"あ?」
「読み終わった。龍生、この書類よろしく」
「次の書類です」
いよいよ体育祭が迫って来たためか大量の企画書を処理する羽目になった。
メンバーは龍生と吹留。
綴真は卓球部と野球部の助っ人に行っているとのこと。
高スペックイケメンは今日もせっせと活躍の場を設けているらしい。
人が良くて面もいい奴ってリアルでいるもんだなー。
そんな他愛もないことを考えながら文章に目を通す。
「……おいこれ。応援団の方は足りてるが、衛生係が少なくないか?」
「あ、ほんとだ。次の委員会の時に補充、しかなさそうです。立法補してくれれば助かりますけどね……」
「無理だろ。あの雰囲気じゃ誰も挙手する筈ねえ。どうすっかな、あ"あ?」
何か問題事を抱えているようだが、そういう面倒なのには極力関わり合いになりたくない俺は見事自然に黙り込むことに成功。
したと思った。
「そうだ! お兄ちゃん、次の委員会出てくださいよ。で、第三者から見てあれをどう改善したらいいか助言をお願いします!」

龍生にガンつけられ、吹留から脅迫に近い“他生徒の前でお兄ちゃんって呼びますよ”攻撃を受け、またしても了承するより無かった。

〜*〜*〜*〜*〜
ハリ○タの逆行ssでとんでもなく面白いのを見つけて喜びに溢れています(
原作と遜色ないくらい、と言ったら流石に過言かもしれませんが、実に臨場感あるものでスルスル読めました。
あんな風に書けるようになりたいなぁ……

「異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く