異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます

Beater

観察対象

言動が、怪しい。
一言で言うとそれだ。
言動、というか彼の持つ雰囲気が可笑しい。
中学生に相応しくない表情。
時々陰る瞳。
それらが気になってふと目で追うと普通の男子中学生と戻っている。
あたりをつけたのは、どっか別の世界・パラレルワールドからやって来た人、もしくは逆行した人だということ。
あ、異世界に行ってて帰って来たってのもあるかな。
よくあるラノベ主人公くんたちの境遇を思い浮かべて見る。
……異世界出身って線はないかな。
よく馴染めてるし。
となると残る二つ、帰還者か逆行者。

私はクラスメイトモブその1。
ちょっとハーレムものと薔薇がすきなだけの平凡なる一生徒である。
だけど、もし次にまた暗い顔してる時があったらーーさりげなーく相談に乗ってあげようかな。

〜*〜*〜*〜*〜
こいつはただの傍観者、便利屋になる予定です。
名前の通りモブモブしい子で、観察力ぱないです。
モデルが誰かは探らないでください((
ハーレム構成員は4人考えています。
暫くほのぼのした後、また事件が起こりますので、もう少しお待ちください。
ではまた次回。

「異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く