異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます

Beater

俺はーー

なあ、病院行ったらどうだ?
相津にそう言われてしまい、自分の顔はそんなに酷い顔をしているのかとトイレの鏡に向かっていた。
「ははっ、幽鬼みてえだな」
自嘲の笑いが口をつく。
蒼白く薄っすら透明感がある。
隈とまでいかないまでも目の下が黒味を帯びて尚暗さを醸し出している。
蛇口を捻って水を出し、両手に水を溜め顔にかけた。
ばしゃばしゃと何度も繰り返したところで顔に滲み出る負のオーラは隠しようもない。
そうと分かっていながら俺は、水で顔を洗うことを止めなかった。

「お兄ちゃ、ぎゃっ! びしょ濡れじゃないですか!」
放課後、誰もいなくなった教室で吹留が待ち構えていた。
扉を開けるとそこにはロリが。
「風邪ひきますよ!」
ええと、これハンカチ。
拭いてください!
差し出される黄色い花柄の小さなハンカチ。
見るばかりで受け取ろうとしない俺に痺れを切らしたのかそのハンカチで顔を拭う。
されるがままで無表情で立つ俺は実に不気味だったことだろう。
気にせずに甲斐甲斐しく世話を焼くこの後輩は何故、昨日出会ったばかりの俺にここまで。
やはり前に会ったことがあるというのは本当のことだった、と裏付けるための行為か。
そんな最低なことを考えられる俺こそが最低だな。
気分が最低であれば、“最も”という底すら容易くぶち破って更に奥深くへと突き進む。
ささくれだった心は勢いを持って地下へ降りて行く。
「お兄ちゃん、髪の毛手で整えた方がいいですよ。ちょっと乱れちゃいましたから」
「放っておいてくれ」
出た言葉はこんなもの。
俺だってテンプレ抜けきれねえな。
放っておいてくれだなんて、反抗期の子供やリストラされてやけくそになったサラリーマンのように自暴自棄の代名詞みたいな奴らが決まって揃って吐く台詞だ。
ハーレム作りたいってのだって、あれらを忘れたくて気を紛らわせるためだったんだ。

「お兄ちゃん、死にたいんですか?」

…………。
ギロッと強く睨んでしまったかもしれない。
どうしてそんなことを言うのか、と視線で問い質すと。
「え、だって。お兄ちゃん、すっごい泣きそうっていうか、縋りつきたいっていうか、逃げ出したいっていうか。とにかくそんなのがゴチャマゼになったのが顔に出てますよ?」
ピタッと顔に両手を当てる。
まさか。
そんな。

「でも、自殺したいんでしたら、私が全力を持ちまして、殺してでも止めて見せます!」

〜*〜*〜*〜*〜
感想、ありがとうございました!
何より励みになります(o^^o)
もうすぐ100くらいあっという間に超えてしまいそうですが…プロフって性別と部活、大まかな年齢くらいでいいのですかね(
ま、まあ超えないことにはどうにもなりませんし、今日はここらで。
ではまた次回!

「異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く