異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます

Beater

彼女はノリツッコミ出来るよう

「なんであんなことしたのよ……っ! 私達を裏切らなければ、私達は一緒にいられたのに! 楽しく馬鹿やって笑い会えたのに!」
おいおい。
いつものテンプレ乙です。
裏切ったとかどの口が言ってんの。
お前もそう言うんだから他の奴らも同じこと言うのは納得だわ。
「……わざわざ探し出すことはしねえ。ただ」

ーーーーーー

「おいてめ……オレの授業中に寝るとか肝座ってんじゃねーか。あ"あ? 聞いてんのかよ!?」
「へ、あ、ああ。聞いてない聞いてない」
「あ"あ? こういう見るからにぼーっとしてやがる奴が聞いてるっつーのは定番って、聞いてねーのかよ!」
うるせえ。
普通の女よりもハスキーな声が寝起きの頭に響く。
くそっ、別に昨日酒飲んでねえし二日酔いのはずがないんだが。
「勝鬨くん、具合悪そうだよ? 保健室、連れていこっか?」
心配そうに覗き込んでくる隣の席の先生。
あ、これどっかの漫画のタイトルっぽくね、これでラノベかけそうじゃね、などと考えて現実逃避してしまうくらいには気分は悪い。
しかしわざわざ一階の保健室まで行くのも面倒だ。
平気だ、問題ない。
そう龍生と先生に告げて座り直した。
「けっ。ほんとに気持ちわりーんだったら言えよ、あ"あ?」
「りょーかい、センセイ」
欠伸一つしてから黒板を見やった。

さっさと忘れてえな。

〜*〜*〜*〜*〜
いつも通りタイトルに意味はありません。
タイトルのネタが尽きた((
ま、まあいいでしょう。
その場凌ぎが出来れば(小声
それと!
神様数が増えてニヤニヤしていますこのBeater!
100神行ったら簡単なプロフをご紹介!
なんてくだらない需要のないだろうことを考えております。
皆さん、知りたいですよね……?
ではでは、また次回!

「異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

  • Beater

    鬼怒川さま、異世界殺人鬼のお話、拝見させてもらっています。
    まだ読み途中ですが。

    読みやすい、面白い、とお褒めいただき光栄です。
    1〜4と5〜って変わってますかね。
    自分では分かりません…。
    これからもよろしくお願いいたします(*^^*)

    2
  • 鬼怒川 ますず

    読みやすく、1話から4話までの描写や主人公の内心は好きです。しかしそれ以降の話では何だか違った印象がありますね。面白いです

    2
コメントを書く