異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます

Beater

昼休みしゅーりょー

昼休み終了五分前のメロディーを今日ほど疎ましく感じたことはない。
まだ、全然片付いていないのに……!
両膝をついて項垂れていると小さな掌で肩を叩かれた。
肩越しに見ると、ロリが。
「ああ……なんだよ。掃除が終わらなくてがっかりしてる俺を笑に来たのか。そうか。笑いたいなら笑えよ……」
「な、なんですか一体。めんどくさい人ですね。そんなにここの清掃がしたいなら、放課後にでも来たらどう、お兄ちゃん」
「放課後の時間にやるという魅力的な提案はともあれ……本当にそれはどうにかならないのか」
それとは? と不思議そうに首を傾げる彼女は可愛らしい。
だが、これは別問題である。
「そのお兄ちゃんってやつ。兄妹じゃないんだし」
「お兄ちゃんはお兄ちゃんなのに、なんで呼び方を変えなきゃいけないんですか」
「いや、俺お兄ちゃんじゃないから」
「お兄ちゃんです」
「違うって」
平行線で堂々巡り。
キリがない。
そんなくだらない口論に終止符を打ったのはこの人。
「おいてめーら。もう昼休みはしめーだって分かってんだろ! 授業サボる気か、あ"あ?」
「「いいえ、滅相もございません!」」
ザッと足を揃えて敬礼をする俺とロリ。
龍生は不良でもヤンキーでもなく、鬼軍曹だったのか。
「じゃあ、ええっと君。もう今はここらでやめて、瑠姫の言う通りまた放課後やればいい。まだ5、6時間目あるし、戻ろうか」
「ああ、また来る。これが終わるまで、書類仕事もやらせねーからな。それと、俺の名前は勝鬨聖生だ。覚えておけ、イケメン」
一言一言を区切るように名前を告げる。
最後のイケメン、のところで何故か動揺したようだったがそれを追及することなく、苛立った龍生に急かされて教室へ舞い戻った。

行きと同じように襟首を掴まれて。
階段の段差が痛かったです、丸

〜*〜*〜*〜*〜
お久しぶりです。
いつの間にかフォロワー様が36人……
先日のランキングは30位。
俺としてはこの順位は快挙ですw
自分が書いた作品の中でも純粋にハーレムだけを目指すものなので、それぞれの女子を濃いキャラにしていきたいですね。
今後とも、よろしくお願いします!

「異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く