異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます

Beater

過激ロリは攻撃的

襟を掴まれた瑠姫はブルブル震える。
「お、お兄ちゃん……。私、今悪いこと、しちゃいました?」
庇護欲をそそる潤んだ瞳。
赤らんだ頬。
丸いフォルムを描く優美な顎の輪郭。
痩身でありながら腰はしっかりくびれている。
そして首の下、腹の上はまないt
「いででででででで」
へその辺りが指先で摘ままれたらしく、地味に痛い。
転入先のこの学校に来てからというもの痛い思いしかしていない!
なんなんだ一体!
「てめ、このガキ!」
手を上げて。
バッと下ろした。
危ない危ない。
少女ロリに手を上げる男がモテないのは間違いない。
こんなところでそんな大失態を犯すなど言語道断!
「このガキ……なんで小学生が高校にいるのかな? お兄ちゃんお姉ちゃんがこの学校にいるとか?でも、キミだって学校の授業があるだろう。早く帰らなきゃ」
ぷっ
ぶふっ
くっあははははっ!
はははっ!
龍生と綴真の馬鹿笑いが廊下に反響して何十人もの人間が笑っているかのよう。
「は?」
「お・に・い・ちゃ・ん? 私、コーコーセー。コーコーセーなの。高校二年生!」
へぇ、これが。
このロリ代表とも言える容姿のポイントをすべて押さえてあるこれが。
「ないない。こんな高校生がいてたまるか。某学園都市の小さい萌えちゃう先生でもあるまいsいたいたいたい」
今度は足をグリグリ踵で踏みつけられる。
なんだこのロリ、見た目だけじゃねえか!
「お兄ちゃんが私のこと忘れてるから! よく一緒に遊んでたのに! 小さかった私は決めたの、お兄ちゃんと籍を入れるって!」
今もロリロリしてるじゃん、というツッコミは保留。

籍って、養子の籍?
それとも……?

〜*〜*〜*〜*〜
因みに作者はロリ派ではありません。
普通に同学年くらいのキャラが好きです。
リアルは……( ̄▽ ̄)
そーいえば、トイレに行く夢って金運がいいらしいですよ。
小学校の時からよくトイレに行く夢を見る俺は親からのお小遣いなど一度ももらったことはありません。
皆さんの初夢には富士山、出てきたでしょうか?

「異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く