異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます

Beater

一人目なるか

ズルズルズル
ここが化学室だ。
オレに今度逆らったら薬品ぶっかけんぞあ"あ?
ズルズルズル
ここは相談室。
相談だと?あ"あ?相談してる暇があったら自分で解決しやがれ!
ズルズルズル
ここは……事務室。
おっかねがかっけえおばちゃんがいるんだ。世話んなったら絶対礼、忘れんなよ!あ"あ?

「いてーよ!」
「なんだこらやんのか!? あ"あ?」
いやいやいや。
おかしいだろ!
転入生に校舎を案内してる美女。
センテンスは響きがいいけれど、実際のビジュアルがいけない。
片足持って廊下どころか階段すらも引きずり回してる、目つきの悪いスケバン。
と、ボロ雑巾のように薄汚れた、俺。
「おい、綴真くんや。可哀想で哀れな俺を助けようという気にはならんのか!?」
カッと目を見開き威嚇するも、イケメンガードの前では何の役にも立たない。
弁当を作ってくれない母親並みの役立たずっぷりだ。
そしてイケメンの、俺を助けない理由がこれまたふるっている。
「あいにくと、僕は彼女を敬愛している。従って、彼女の言うことに否やはないよ」
忠誠を誓っているといってもいいくらいだね。
最後にキラッとイケメンスマイルで攻撃して来る。
なんだ、このイケメン科白とイケメンスマイルのコンボは!?
俺を人殺しにする気か!?
ハーレムのメンバーを一人も集めていないのに人を殺すわけにも、学校の設備を壊すわけにもいかない、と廊下をぶち破ろうと力を込めた右手を左手で抑え込む。
「だーかーらー。オレは舎弟を持つ気はねえっつってんだよ! あ"あ?」
そう、抑え込んだのだ。
だかその努力は限りなく無に近いものと化した。
龍生の足が火を吹き、廊下にあなをあけたのだ。
比喩で火を吹くという表現をしたが、あながち間違いではないくらいの威力であった。
「そんなに嫌がるから、僕も弟子にしてくれ、なんて言ってないじゃないか。ただ、君のことを敬い、愛しているだけだよ」
再び歯の浮くような言葉をずらずらと。
おえっ、砂糖吐きそうだ……。
そんな茶番劇を繰り広げていた俺たちは、突然開いたドアによって一時停止されられた。
詳しく言うと、開いたドアから顔を覗かせた推定小学5、6年生の少女によって。
「ひ、火矢さん〜! 体育祭の書類、まだ残ってますから副会長と、喧嘩、してない、で……。

お兄ちゃんじゃないですか!」

ハーレムメンバー、記念すべき第一号はロリな予感!?

「異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く