異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます

Beater

イケメン滅ぶべし

久し振りに給食を食べ、俺は感激していた。
嗚呼、上手い……!
給食こそ至高!
給食こそ正義!
朝早く起きて弁当を作る必要もなければ、家に帰ってから弁当箱を洗う必要もない。
給食は偉人が考え産み出した最高の物であると断言出来よう。
そんな取り止めの無いことで思考を塗り潰しているのにはれっきとした理由がある。
前の机で人間の出せる限界のスピードを超えた速さで食事をする女。
龍生だ。
教師である担任は職員室で他の教員と食べるため隣の席が空いた。
そして不良女子がどっかり腰を下ろした。
給食の時間がこんなにも居心地が悪い物だとは知らなかった。
中学生になってまで班で食べるなど……。
不思議なことに彼女はクラスメイトに慕われているらしく、同じ班の女子生徒が超特急で食べる彼女にしきりに話しかけている。
「きょ、今日もカッコよかったよ! 字も綺麗でーー」
「ガツガツ」
「あの、今日の放課後って空いてたりするかな?」
「ガツガツ」
……これは、慕われているの意味が少し違のではないか?
これではまるで、龍生をデートに誘っている最中では?
……はっ!
ま、まさか、俺のハーレム作り計画において一番の障壁は、この女!?
なんと。
勇者の俺をコケにするだけでは飽き足らず、邪魔をしようなどと……。
ふ、はっはっはっはっ!
見ておれ、直ぐにけちょんけちょんにしてやるわ!
と意気込んだものの、具体的にどうすればいいかは思い付かない。
背後に感じる視線も、きっと龍生に送っているのだろうし、対策を早急に考えなければ。
誰にも話しかけられず黙々と箸を口に運ぶ。
龍生は食べ終わったようで、手を合わせてごっそーさま、と口に出していた。
まだ、給食タイムとなってから3分だぞ……化け物だ。
何を思ったのか立ち上がった龍生を先程の乙女が呼び止める。
「龍生さん、どこに行くの?」
「あ"あ? オレは今日生徒会の仕事あんだよ。だから昼休み使って終わらせといた方が」
「おーい、火矢! 行こうよ」
教室の後ろの扉から顔を出した男子は。
イケメンだった。
風もないのにさらさら揺れる前髪。
キラッと煌めくこげ茶の瞳。
女を一撃で落とすだろう爽やかボイス。
あー……間違って岩をも砕けるこの拳が顔面を叩き割りそうだー。
くそっ、何だよ、あんなのがいるなんて聞いてないぞ!
と三流チンピラ染みたことを脳内で吐き捨てたところで思い出す。
火矢、ヒヤ、ひや。
聞き覚えあんな。
誰だっけ。
「あ"あ?沙那さなもう来たのかよ、今行くっつってんだ! 蹴倒すぞおら」
そう暴言を吐きながらイケメンに近づく龍生を見て、こいつ龍生火矢だったかそうかそうか、と頷こうとして停止する。
え、不良女子とイケメンくんがどんな関係?
まじまじと龍生の背中を見ていると、彼女はバッと振り返った。
「何見てんだよあ"あ? あ。お前も来い。案内してやるぜ、学校」
その言葉が発せられたと同時に襟首を掴まれ引き摺られた。
「痛い。背中が痛い。それよりお前仕事あったんじゃねーのかよ」
「あ"あ? 案内してやるってオレが言ってんだからイエスしか答えるな」
横暴極まりない。
「火矢、彼は……?」
「あ"あ? こいつはオレんクラスの転入生野郎だ。校舎見て回るから用事一緒に済ませちまおうと思ってな。いいだろ?」
君の決めたことに口を出すつもりは無いけれど……。
そう複雑な顔をするイケメンはやっぱりイケメンだ。
回し蹴りしたろーか。
睨み付ける俺の顔をどう誤解したのかイケメンくんの名前を教えてくれる。
「こいつは副生徒会長の綴真つづりま沙那だ。よーするにオレのパシリだな! ほら行くぞ! あ"あ?」
ズルズルズル。
床と接している腰が痛い俺でした。

龍生と恋仲でなかったのはまあいいとして、綴真は彼女と同じくらい障害物となりそうだった。

〜*〜*〜*〜*〜
しゅ、宿題が終わりません……。
頭のいい龍生と勝鬨にやって欲しいものです。
さてさて、そんな宿題が終わらない俺ですがお絵描きをしています((
中学受験をして私立に入った俺は給食が恋しい……!
そんな思いの篭った6話ですw

「異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く