異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます

Beater

俺は転入生である

すぅー……
はぁー……
すぅー……
はぁー……
「よし!」
教室へと、いざ行かん!

パチ
目が、覚めた。
と同時に起き上がって戦闘体勢をとる。
くそっ!
ここはどこだ⁉︎
俺は眠らされていた前、元仲間と追いかけっこをしている最中だった。
というか便宜上眠らされる前、とは言ったが眠らされた記憶は無いのだ。
一体全体どういうことなのだろうか。
それを解明することはここが何処か知る手がかりにもなる筈だ。
えっと、取り敢えず椅子を引いて。
座って。
机に肘をついて。
………………。
椅子?机?
誰の?
ほぉわっつ?
驚き過ぎて思考が麻痺してしまった。
ここはーー我が家の自室ではないか。
俺が生まれ育った世界の。
いや待て。
安直に決めつけるのは良くない。
男の子なら皆が隠しているだろう例のブツの場所を確認。
……よし、ある。
中学二年生を経験した者なら皆が記していただろう日記の中身を確認。
……うん、俺の筆跡だ。
近所迷惑になるから声を抑え、小さく叫んだ。
「いぃぃぃやっほぉぉおおおい!」
念願の、家である。
特に裏切り者と罵られてからは願って祈って望んだ帰宅である。
とここまで喜ばしいことが続いたが、この後が重要だ。
俺が異世界に召還されてから何日が経過しているのか。
よくあるだろう、元の世界と異世界での時間経過の差異。
あちらで随分過ごしてしまっている。
この部屋が俺がいなくなった時と全く変わらないのも、その、親がこの部屋をそのままにとって置いてある、的な理由からだった場合こんなに歓喜している暇などない。
本当のことは話さないにしろ、いなくなってから今まで何をしていたのか説明する義務があるだろう。
「目覚まし、目覚ましっと」
ベッドの枕元に置きっぱだっためざまし時計を手にして裏を向ける。
電池はあることを前提として……あまり、年月が過ぎてませんように!
それこそ神様、異世界の神だろうが構わないから祈るような気持ちで。
「2018年の4月10日……」
俺がこの世界から無理矢理連れ出されたのは確かーー4月7日。
たった三日だ。
王女様に召還されて少しドキドキして。
こんな強くもないしかっこ良くもない俺について来てくれるって仲間と出会って。
一緒に冒険して旅をして。
最後の最後でちょっとのミスみたいので裏切り者、と罵倒されて。
それら全てが。
「ははっ……」
乾いた笑いが漏れる。
そうだ、あんな目に遭ったんだ、忘れた方がいい。
たった三日だけだったんだ。


異世界で培ったチート使ってコッチでハーレム作ればいんじゃね?


三日間という少ない期間で俺は体力魔力とまあ、色々生きていくうえで何となく役に立ちそうな技能を身につけることができた。
これはもう大きなアドバンテージだろう⁉︎
そうと決まれば。
抜き足差し足忍び足で自室のドアを開けて階段を下り、一階へ。
思った通り父さんも母さんもいない。
リビングの時計を見ると今は17:54。
そろそろ二人とも帰って来る頃だ。
三日間の間にルーティンが変わっていなければ。
さて、どのような作り話をするか。
誘拐されていた、とするには犯人が存在しなくて俺がもう家にいるこの状況は明らかに怪しい。
しかしそこにこうーー犯人が少し目を離した隙に無我夢中になって走った。どの道を通って来たのか覚えていないーー付け加えるとどうだろうか。
両親に嘘をつき、心配させることにもなると思うが中学生のことだ。
これで納得してくれると思いた……い。
慌てて洗面所へ向かう。
ゴンッ
「いてぇっ」
急いでいたものだから壁に足の小指をぶつけてしまう。
しかしそれを無視して小走りに鏡の前に立った。
意外と自分の家のことは覚えているものだ、と余計なとこを考え始める脳を視覚から得た情報で埋め尽くす。
「よ、良かったぁ……」
今ふと思いついてしまった、後で手遅れだった時やばかったこと。
それは外見だ。
長い時をあっちで過ごした俺の姿がその年月分年をとっていたら、と危惧したのだ。
杞憂だったけれど。
元々童顔とからかわれていただけあって、背が数センチ伸びたことと髪に白髪が混ざっていること以外に変化は無さそうだった。
白髪は……監禁された時の恐怖ってことで。
と、この服も隠さなきゃな。
……捨てないが。
追いかけっこの際に破れているところがある。
こんな服で息子が帰ってきたら余分に心配されるだろう。
自室に戻って着替える。
……前に着ていた服が未だ着られるというのは屈辱だな。
着替えた後はベッドにダイブする。
ドアが開いたらすぐに……分かる、し……ちょい寝と、こ………………

パチ
もうここには危険が無いことは分かっているのでゆっくり起き上がる。
……心の準備は出来た。
久しぶりに父さん母さんに会いに行こう。

「ーーーーこれが、全部だ。不安にさせて、ごめん」
本当に、ごめん。
頭を下げて何度も謝るが二人からの返事がない。
そんなにベタベタした家族でも無かったが、淡白な家族でも無かった。
まさか、俺の嘘が見抜かれた?
いやいや、それ程お粗末な作り話では無かった、と思う。
恐る恐る顔を上げると。
両親が泣いていた。
初めてだった。
魔王を倒すところまでいった勇者の俺が、驚愕した。
「え、あの、その」
手をバタバタさせ、何と言っていいのかわからない俺の口から意味の無い言葉が次から次へと流れ出る。
「どうして、あなたが、謝るのよ……」
母さんの言葉。
「お前がいなくて、どれだけ不安だったか……っ」
父さんの言葉。
彼らが揃ったリビングに入った俺は彼らに一言も喋らせることなくボロが出ないようまくし立てたため、これが久しぶりに聞く両親の声だった。
「警察に相談しても見つから、無いし!学校の先生に相談しても、別にいじめなどはありませんでした、としか話してくれないし!」
母さんの言うことはそりゃそうだ、俺はそもそもこの世界にいなかったのだし、本当にいじめられていたわけではないし。
しかし、申し訳なさが込み上げて来る。
母さんの隣に座る父さんも唇を噛み締めて頷いている。
俺も、やっと、涙が出た。
魔物を表情一つ変えず殺せるようになった俺が。
あちらの世界で一度も泣かなかった俺が。

「父さん、母さん!ただいま!」

「「おかえり」」

いじめを受けてはいなかった、ということをきっちり説明して、その上で別の学校に転校したい、ということを伝えた。
転校する。
それをどいつか分からない犯人から離れ遠くに行きたい、と受け取ったらしい両親は引っ越すこともその場で決めてしまった。
仕事は?
もちろん訊いた。
だが……そんな些細なことは気にしなくていいと言われた。
些細なことなのだろうか。
そんなこんなであっさりその希望を受け入れてもらった俺が転校したい真の理由。
新・ハーレムを築き上げることだ。
今同学年は皆中三。
受験生だ。
俺が元々通っていた公立中学の奴らも受験勉強に熱を入れて恋愛どころではない筈。
そこで思いついたのがこの転校計画だ。
母さんが先に言っていた“警察”を利用させてもらう。
誘拐、及び三日に渡る監禁の被害者から転校したいという相談を受ける。
そこから中高一貫校への転校の斡旋をしてもらう。
中高一貫校ならばエスカレーター式だから受験勉強は関係ない!
というわけで俺のハーレム計画に支障はない!
どうだ、この完璧な計画は!
ただ一つ問題は両親を利用していることに対する良心の呵責だな。
それは追い追い親孝行することでどうにかしよう……。

そんな感じでうまい具合に隣の県の公立中学校が俺を受け入れてくれることになったのだ。
一応試験は受けた。
しかし、後から聞いた話によると、その試験は見るからに悪い点数を取らない限り誰でも入学を受け入れる、というようなものだったらしい。
異世界行って殆ど記憶から勉強したことが抜け落ちていた俺が入学出来る⁉︎
やべ、俺天才じゃね⁉︎
とか思った時期もありました。
はい、そんなことは無かったです。
昨日のうちに校長先生に挨拶を済ませた俺は今日から授業に参加する。
ハーレムのため、と思って中三の勉強はもう終わらせてある。
勉強面に対する不安はない。
これから、俺のハーレム生活が始まる……!
担任の俺を呼ぶ声に応えてドアを開け放った。

「異世界を追い出された俺はーー元の世界でハーレム作りに勤しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

  • Beater

    すいません、初投稿ではないです。
    まず、不良設定は自分の趣味なので、それは変えられません。
    不良っぽい女子とお嬢様女子二人がいる話、としてストーリーを組み上げているので。
    そして、状況説明等は自分の課題だと思い意識はしているのですが…なかなか上達しません…。
    どんどん次のも書きながら改善していきますので、他にも気になったところがあれば指摘、お願いいたします。

    4
  • 澤口航太

    不良キャラ要らないwあと、風景や状況が飲み込みづらい。初投稿ですか?

    2
コメントを書く